07月 « 2017年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッスマ レーシングミク 2013 ver.

2014年 06月29日 15:35 (日)

re-miku1-50.jpg

レーシングミク 2013 ver.
グッドスマイルレーシング製
1/8スケール(全高約18.5cm)
価格:税込9,800円
2014年06月発売
原型制作:kiking(グッドスマイル上海)氏

毎年デザイナーを変えてリニューアルされるレーシングミク!
去年のデザインのものが遂にスケールフィギュアとして登場しました。
レーシングミクを買うのは実は初めてなのですが、デザインを見た瞬間から一目惚れしており、スケールが出たら予約すると決めていました。
それから予約して遂に発売…遅かったようで早く感じた…そんな感じですね。
このフィギュアに関しては最近のグッスマとしては珍しく、延期せずに出したのでびっくりしました。
延期せずに出すと個体差とかが不安になるのはフィギュアを買い続けた人間の性分みたいなものですが、流石グッスマと言うべきか、本当に良く出来ています。
それでは紹介させて頂きましょう。

re-miku1-01.jpg
re-miku1-02.jpg
re-miku1-03.jpg
re-miku1-04.jpg
re-miku1-05.jpg
re-miku1-06.jpg
re-miku1-07.jpg
re-miku1-08.jpg

キャラクターデザインの元絵、そのままのポーズでのフィギュア化ですが、中々の再現率で素晴らしいです。
大きさに関しては意外と小さめだったなという印象は受けましたが、情報量が少ない訳では無いのですっきりと飾れてスペースの少ない方には丁度良いのではないでしょうか。
ただ深海少女ミクと同じように箱に窓がついてなかったので箱のまま、飾りたい人だと残念に思うかもしれません。

re-miku1-09.jpg
re-miku1-10.jpg
re-miku1-11.jpg

お顔はとても可愛らしく仕上がってます。
デコマス時点から元絵に比べると目が一回りぐらい大きいことが気になっていましたが、実際に現物を見てみるとそこまで違和感を感じるものでは無くて良かったです。
ただ不自然さを無くす意味ではもう少し小さめでも良かったかなとは感じます。

re-miku1-12.jpg
re-miku1-13.jpg
re-miku1-14.jpg
re-miku1-15.jpg

ぴっちりと体に密着してラインを浮き立たせる衣装はとてもセクシィで作りこみが凄いです。
お胸やおへその表現は女性らしい造形美を感じますね。
同時にこの衣装は近代的なメカっぽさもあってその部分が魅力かなと思います。

re-miku1-16.jpg
re-miku1-17.jpg
re-miku1-18.jpg

個人的に気に入ってるのはスカートみたいでスカートとしての機能を果たしてないクリアパーツで出来たこの飾り!
とても綺麗で格好良いです。

re-miku1-19.jpg

その下にあるお尻の表現はもはや、アウトというレベルのセクシィさ!
むっちり感が素晴らしいです。

re-miku1-20.jpg
re-miku1-21.jpg
re-miku1-22.jpg
re-miku1-23.jpg

グローブは光沢のある塗装がされており、きらりと光って格好良いです。
掌だけ色が違ったり、爪の部分が銀色だったりと細かいところまでしっかりと作られています。
ただ掌に塗装ムラみたいなものがあることに撮影してから気付きました。
小さいので実際に見ても余り目立たないのが幸いです。

re-miku1-24.jpg
re-miku1-25.jpg
re-miku1-26.jpg
re-miku1-27.jpg

右手にはグッドスマイルレーシングの文字があり、左手同様に良く出来ています。
手の表現はそのフィギュアのクオリティを測る上で分かり易い部分だと思うのですが、本当に女性らしい手そのもので違和感も無く、技術力が伺い知れます。
re-miku1-28.jpg
re-miku1-29.jpg
re-miku1-30.jpg

足も塗装は腕同様の仕様!
しかしながら、足を撮ると太ももが凄すぎてはいてないように見えることに撮影後に気付きました。
やらしすぎる…

re-miku1-31.jpg
re-miku1-32.jpg
re-miku1-33.jpg

足先もメカっぽさを損なわないデザインになっています。
思えば本当にこの足一本で支えてると思うと恐ろしいフィギュアですね。

re-miku1-34.jpg

台座は至ってシンプルでした。
まぁ何も書かれて無い白台座よりはマシかな。

re-miku1-35.jpg
re-miku1-36.jpg
re-miku1-37.jpg
re-miku1-38.jpg

個人的に頭の上にちょこんと乗ってる王冠がとても気に入ってます。
先にグラデーションが掛けられていたり、透明感があったりと王冠だけでも見応えがあります。

re-miku1-39.jpg
re-miku1-40.jpg

ミクらしいヘッドセットも目立たないにも関わらず、作りこみは問題なく素晴らしいです。

re-miku1-41.jpg
re-miku1-42.jpg
re-miku1-43.jpg

何よりも気に入ってるのは何と言ってもツインテールの繊細な造形と毛先の透明感ですね。
こういう表現のフィギュアは何個か手に入れましたが、何度見ても感動します。
これだからミクは止められません。

re-miku1-44.jpg

細かいところですが、ツインテールにした場合に出る後頭部の髪の流れはまたこだわりポイントの一つだと思います。
ここまでちゃんと作ってるのはやはり、素晴らしいです。

re-miku1-45.jpg
re-miku1-46.jpg
re-miku1-47.jpg
re-miku1-48.jpg

もう片方のツインテールも言わずもかな。
繊細過ぎて壊してしまいそうでそれだけが不安ですね。
丁寧に扱わないと…

re-miku1-49.jpg
re-miku1-50.jpg
re-miku1-51.jpg

ということで2013レーミクでした!
本当にこれは買って良かったです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。