07月 « 2017年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッスマ 初音ミク 深海少女ver.

2014年 06月18日 03:15 (水)

sinkai2-43.jpg

キャラクター・ボーカル・シリーズ01 初音ミク
初音ミク 深海少女ver.
グッドスマイルカンパニー製
1/8スケール(全高約16.0cm)
価格:税込15,223円
2014年05月発売
原型制作:石長櫻子(植物少女園)氏

初音ミクの楽曲の一つ「深海少女」より独特な雰囲気を持つ深海少女ミクがフィギュア化されました。
発表当初からとても話題にされており、グッスマの最近の目玉フィギュアの一つと言っても過言ではないかと…
クオリティもとても高く、それ故に当初の発売予定月は12月辺りだったでしょうか?それから延期を繰り返し、やっと発売されました。
心待ちにしていた方も多くいらっしゃったのではと思います。
私も遅ばせながら手に入れるに至ったのでその素晴らしさに感銘を受けながら拙いレビューをさせて頂きます。

sinkai2-01.jpg
sinkai2-02.jpg
sinkai2-03.jpg
sinkai2-04.jpg
sinkai2-05.jpg
sinkai2-06.jpg
sinkai2-07.jpg
sinkai2-08.jpg

ふわりと波打つツインテールのボリュームが素晴らしく、横に長いフィギュアとなっております。
と言いましても横幅は約25cm程でボリュームがありながらもそこまでも広く場所を取るものでは無かったです。
座っている造形なので高さがそこまで無いことも幸いかなと感じます。
こうして全体を撮ってみてもツインテールの造形美は惚れ惚れするものがあります。

sinkai2-09.jpg
sinkai2-10.jpg
sinkai2-11.jpg

少女…というよりも大人びた女性を思わせる雰囲気を持つお顔はほんのりと頬を赤らめており、とても美しく可愛らしいです。
大人びた雰囲気を持たせているようでとても等身が高く、お顔は小さめでした。
アイプリも思いの他、小さく感じましたが、そこまで違和感も無く美しく仕上がってると思います。

sinkai2-12.jpg
sinkai2-13.jpg

手の造形もとても細かく違和感が無いですね。

sinkai2-14.jpg

背中をちょっと丸めてるところもあってか胸の膨らみの位置が普通より下に感じますね。
一瞬、胸がはだけてるのかと思いました。

sinkai2-15.jpg

腕の位置の関係で分かり辛いですが、お胸は意外とボリュームがあり、セクシィです。

sinkai2-16.jpg
sinkai2-17.jpg

海草を思わせるような漆黒のドレスは単一色ながらも細かい造形がされており、見事な出来栄えです。

sinkai2-18.jpg

ドレスの先の方は台座の石に挿して固定するようになってます。
これの他にもツインテールの部分で台座に固定する仕様になっており、ミク本体には台座との固定する為の穴や突起は無いようです。

sinkai2-19.jpg
sinkai2-20.jpg
sinkai2-21.jpg
sinkai2-22.jpg

足はとてもほっそりとしていてセクシィです。
ここまで生足を晒しているフィギュアと対面したことが無かったのですが、足の造形にもとてもこだわりを感じますね。
親指を少し上げているところもとてもそれらしく作られているように感じました。

sinkai2-23.jpg
sinkai2-24.jpg
sinkai2-25.jpg
sinkai2-26.jpg
sinkai2-27.jpg
sinkai2-28.jpg
sinkai2-29.jpg
sinkai2-30.jpg

海の中だからこそ出来るこのツインテールの造形美と表現力には強く感動を覚えます。
造形だけではなく、塗装に関しても場所によってグラデーションが掛けられているのでそれによる立体感は素晴らしいの一言です。
正に芸術品というべき逸品ですね。
sinkai2-31.jpg
sinkai2-32.jpg
sinkai2-33.jpg

珊瑚や海底にあるコケのついた石など台座もこだわり抜いた装飾で深海少女ミクを正に深海にいるようなそんな雰囲気を持たせてくれます。
正にそのものじゃないかと思う程、作り物という感じがしないのでフィギュアというよりも置物と言っても良いレベルに思えました。

sinkai2-34.jpg

ミクの丁度、真後ろにあるもう一つの珊瑚…
正面を向けて飾ればほぼ見えないのにそれでも手を抜いてないのが素晴らしいです。

sinkai2-35.jpg
sinkai2-36.jpg

ついでに真後ろも撮影しました。
はだけた背中やドレスのシワの表現も見事です。

sinkai2-37.jpg

ツインテールは勿論、別パーツなのでこうして取り外すことも可能です。
ボリュームは大分、薄れてしまいますが、こうしてショートカットの雰囲気も楽しめるのがミクフィギュアの良いところかもしれませんね。

sinkai2-38.jpg
sinkai2-39.jpg

お顔立ちが良く分かってこれはこれでとても可愛らしくて良いかなと思います。

sinkai2-40.jpg
sinkai2-41.jpg

ツインテールを取ると隠れて見えないドレスの造形も良く眺めることが出来ます。
本当に何処も手を抜いた形跡が無く素晴らしいですね。

sinkai2-43.jpg

それではまたツインテールをつけて色々な角度から撮ってみました!
本当に何処から見ても見応えがあって素晴らしい!

sinkai2-44.jpg
sinkai2-45.jpg
sinkai2-46.jpg
sinkai2-47.jpg
sinkai2-48.jpg

最近のグッスマのフィギュアは本当に高いですが、それだけ手の込んだものも多く、芸術品レベルのフィギュアを続々と世に送り出すのでとても好きなメーカーとなりつつあります。
これからのフィギュアの発売も楽しみですね。
それではグッスマの深海少女ミクでした。

ついでにちょっとオマケ…

sinkai2-49.jpg

大きさ比較で1/10スケールのアルティメットまどかと並べてみました。
ボリュームはありますが、意外と大きくは感じませんでした。
等身が高いこともあってか、顔の大きさに至っては1/10スケールのフィギュアと同じぐらいでちょっとお顔が鑑賞しづらいかなってところはあります。
この大きさなら1/7スケールで出しても問題なかったかもしれません。
ちょっとした個人の感想でした!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。