03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マックスファクトリー セブンスドラゴン 初音ミク

2014年 04月22日 02:09 (火)

zebudoramiku1-50.jpg

セブンスドラゴン2020
初音ミク TYPE2020
マックスファクトリー製
1/7スケール(全高:約24.5cm)
価格:税抜11,238円 2014年4月発売
原型制作:シャイニングウィザード@沢近氏

発売決定の情報から素晴らしいフィギュアだと噂されていたセブドラミクを手に入れました。
マックスファクトリーのシャイニングウィザード氏の造形したフィギュアはクオリティが素晴らしいと噂されていたのでいつか欲しいなと思ってましたが、中々機会が無くて手に入れられず、今回、初音ミクが出るとのことでやっと手に入れられました。
噂通りの素晴らしいクオリティのフィギュアです。
何処から見ても情報量が素晴らしく撮り甲斐があった為にいつもなら30枚程度なのに対して50枚という恐ろしい量になってしまいました。
重くなっていたら申し訳ないです。
しかしながら、本当に素晴らしいのでお付き合い頂ければ嬉しいと思います。

zebudoramiku1-01.jpg
zebudoramiku1-02.jpg
zebudoramiku1-03.jpg
zebudoramiku1-04.jpg
zebudoramiku1-05.jpg
zebudoramiku1-06.jpg
zebudoramiku1-07.jpg
zebudoramiku1-08.jpg

素晴らしいの一言に尽きる造形のフィギュアだと思います。
高さは20cm程度なのですが、特徴としてはその横幅でしょうか。
30cm以上もあり、大きく広がったドレスとツインテールがとても横幅を取ります。
だからこその素晴らしいボリュームで芸術品と呼ぶにふさわしいと思います。

全体的に素晴らしい造形と塗装なのですが、それ以外に少し気になったのは組み立て時の硬さです。
良くミクのようなツインテールキャラにありがちなツインテールが別パーツで組み立てなきゃいけない仕様だったのですが、固くてつけるのに少し苦労しました。
今から購入される方は破損させないようにドライヤーなどを使って組み立てた方が良いと思います。
頭の白いシュシュも別パーツなのでツインテールはシュシュ、本体の順にはめます。
片方のシュシュの取り付けがイマイチフィットしないのですが、説明書は全く無く感覚ではめるしかありません。
これから購入、または、開封される方はそちらに気をつけて組み立てることをオススメします。

そして、足と台座の嵌めこみも固いのでドライヤーを使いましょう。
無理矢理はめて穴が広がったり、壊してしまっては素晴らしいフィギュアが台無しになるので…
しかしながら、組み立てれば本当に素晴らしいので注意点として書かせて頂きました。

zebudoramiku1-09.jpg
zebudoramiku1-10.jpg
zebudoramiku1-11.jpg
zebudoramiku1-12.jpg
zebudoramiku1-13.jpg
zebudoramiku1-14.jpg
zebudoramiku1-15.jpg

このフィギュアの特徴は何と言ってもこの独特なお顔じゃないかと思います。
いつもは無理に大量に撮らないのですが、とても見応えがあったので色々な方向から撮ってみました。
とてもクセがあるので人を選ぶお顔かもしれませんが、とてもアイプリが綺麗で輝いていて美しいの一言です。
何より凄いと思ったのは口の造形!
歯と舌をここまでリアルに表現したフィギュアは初めて手に入れたので心から感動しました。
ぷっくりとした唇も造形されており、アニメのキャラがそのまま立体化したと表現しても余りある素晴らしい表現だと思います。
その部分の情報量だけでも本当に凄い!

肌が白すぎるかなぁと思いましたが、原作絵は本当に肌が真っ白なので絵の通りの色合いなのだと思って納得しました。
血色が良い方が好きではありますが、原作通りというのはフィギュアにとって重要な要素ですからそれを再現したこのフィギュアは問題なく素晴らしい出来だと思います。

zebudoramiku1-17.jpg

お胸の造形は素晴らしいですね。
ぱっと見て分かるようなエロスでは無く、良く見るとおお!と思うようなセクシィさは良いものだとこれを見て実感しました。

zebudoramiku1-16.jpg

ドレスの造形も文句のつけどころがない素晴らしいクオリティです。
固い素材にも関わらず、ドレスのふんわり感を上手く表現していてやわらかそうにも見えますね。

zebudoramiku1-18.jpg
zebudoramiku1-19.jpg
zebudoramiku1-20.jpg
zebudoramiku1-21.jpg
zebudoramiku1-23.jpg
zebudoramiku1-24.jpg

手の造形や手首の飾り、リボンに至るまで文句なしに素晴らしいです。
爪にマニキュアが塗られているのを見るとミクだなぁと実感したりもします。
zebudoramiku1-25.jpg
zebudoramiku1-26.jpg

後ろが素晴らしいとの声がありましたが、確かに見事です。
大きく肌が見えた背中は人間らしいもので造形美を感じますし、何よりボリュームがありすぎる程あるドレスは皺の造形が神がかっております。

zebudoramiku1-27.jpg
zebudoramiku1-28.jpg
zebudoramiku1-29.jpg

腰回りのドレスを重点的に!
もはや、どれぐらいの情報量を詰め込めば気が済むんだレベルの造形ですね。
ひらひら好きには堪らない!

zebudoramiku1-30.jpg

この絵師さんの特徴の一つに長い足が挙げられるらしいです。
セブンスドラゴンのフィギュアは初めて買いましたが、本当に長くてしかも足に掛けて細くなってます。
それが特徴なので仕方ないことですが、その足でこのポーズを取るとボリュームのある本体をしっかりと支えられるのかなという不安はあります。
事実、結構グラグラと揺れます。
こういう対策はしてるとは思いますが、夏場は箱に仕舞った方が良いかもしれませんね。

zebudoramiku1-31.jpg
zebudoramiku1-32.jpg

まどマギのまどかの靴の色違いにも見える靴はブルーで光沢があり、見事です。

zebudoramiku1-33.jpg

台座は先発して発売しているセブンスドラゴンシリーズのフィギュアとは別のものが使われています。
彼女は歌姫なので戦わないキャラ?だというのがあるのかもしれません。
でも、やはり、シリーズなのだから統一感が欲しかったというファンも居るのではないかなと…

zebudoramiku1-34.jpg
zebudoramiku1-35.jpg
zebudoramiku1-36.jpg

ここからは髪の毛を重点的に…なびく前髪は見事ですね。
後ろの髪の造形も髪を結んだ時に出来る髪の流れも見事に表現しており、抜かりがありません。
シュシュのボリュームも素晴らしい!

zebudoramiku1-37.jpg
zebudoramiku1-38.jpg

前だと余り目立ちませんが、ミクさんの特徴であるヘッドセットもしっかりと存在します。
その部分はちょっとメカっぽさがありますね。

zebudoramiku1-39.jpg
zebudoramiku1-40.jpg
zebudoramiku1-41.jpg
zebudoramiku1-42.jpg
zebudoramiku1-43.jpg
zebudoramiku1-44.jpg
zebudoramiku1-45.jpg
zebudoramiku1-46.jpg
zebudoramiku1-47.jpg
zebudoramiku1-48.jpg

はい。すいません。髪撮り過ぎました。
どれだけ撮っても撮り足りなく感じてしまうレベルの造形素晴らしい!
髪の毛先は前髪同様にクリアパーツに塗装されており、透明感が本当に素晴らしいです。
私はクリアパーツが好きなのでいつか髪にクリアパーツが使われたフィギュアが欲しいなと思っていたので念願が叶ってよかったです。
このフィギュアは私がいつか欲しいなと思ってたほとんどを兼ね揃えていた感じがします。

zebudoramiku1-49.jpg
zebudoramiku1-50.jpg
zebudoramiku1-51.jpg
zebudoramiku1-52.jpg
zebudoramiku1-53.jpg

顔とドレスとツインテールを全て入れて撮るのは難しいボリュームですね。
遠くで撮ると顔が小さく写ってしまって良い感じに撮れないので良く撮ろうと思うとツインテは特に諦めなきゃ駄目かもですね。
それだけ情報量が凄いということなのでこのフィギュアは本当に素晴らしいです。

zebudoramiku1-54.jpg

ということでセブドラミクでした!
もう家宝にしても良いレベルな気がした。
これが生産数の多さで値下がりは寂しい感じもしました。
定価で買っても余りあるクオリティだと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2014年04月22日 23:31

お疲れ様です!
なんというか、RPGのラスボスにも見えるくらい重厚な感じですね。
髪のグラデーションとか、スカートのボリュームとか、定価が10,000円声も納得ですね。
今にも歌いだしそうなポーズで、躍動感があってかっこいいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。