05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コトブキヤ コレット・ブルーネル

2014年 03月31日 21:12 (月)

koreet1-23.jpg

テイルズオブシンフォニア
コレット・ブルーネル
コトブキヤ製1/8スケール(全高約20.5cm)
価格:税抜7800円 2014年3月28日発売
原型製作:小笠原健人氏

「私、神子でよかったの。神子として生きて世界を救いたい」
不幸な運命を背負ったシルヴァラントの神子・コレットがコトブキヤさんより発売されてました。
大分、昔のゲームになりますが、最近、PS3に移植されたお陰で再注目され、続々とフィギュア化が決定しております。
これはその中の一つ!細かいところが気になるフィギュアではありますが、全体を通せばよく出来たフィギュアだと思います。
それでは紹介させて頂きます!

koreet1-01.jpg
koreet1-02.jpg
koreet1-03.jpg
koreet1-04.jpg
koreet1-05.jpg
koreet1-06.jpg
koreet1-07.jpg

全体はこんな感じ…
今回は自然の色を出したかったので余り編集していません。
元々フィギュアの色の組み合わせが良かったのか、変な色も出なくて自然な仕上がりになってよかったです。
見やすくなったかなとは思います。
この撮影ブースで撮った初めてのスケールフィギュアになりますが、このブースは中々綺麗に撮れるので本当に買ってよかったです。

フィギュア自体に関しては全体を見ると本当に良く出来ています。
コレットはドジっ子キャラで有名ですが、片足を上げて不安定感のあるポーズをしているところに彼女らしさが出てて良いですね。
ポーズ自体に動きがあり、止まっているのに動いているような…そんな雰囲気があって良いと思います。

ただこれはコトブキヤの特徴と言えるかもしれませんが、金髪のキャラの場合、毛先に茶色いグラデーション塗装をするので毛先に重みが出てしまってふわりと舞う髪が上手く表現出来てない印象はあります。
髪の色自体もそのグラデーションのせいか、綺麗な金髪では無く、茶色がかった金髪で質素な印象です。
個人的にはチャクラムの色ぐらい明るい金髪でも良かったかなと思います。

koreet1-08.jpg
koreet1-09.jpg
koreet1-10.jpg

お顔はこんな感じです。
口角を少し持ち上げたようなにっこり笑顔で可愛いです。
ただ箱にプリントされているデコマス写真と見比べると少し顔の印象が変わった感じはします。
前髪がデコマスより少し短くなってますね。
それが原因で印象が変わってしまっているのかも…
これについては好みの問題なので許せる範囲なら問題ないと思います。

ただ個人的にはもう少し肌の色は血色良くしたら生き生きとしてよかったんじゃないかと思います。

koreet1-11.jpg

服は色のはみ出しも無く良く出来ています。
ポーズに合わせてふわりと舞う服の表現は素晴らしいです。
武器であるチャクラムは単色で飾りの無いものではありますが、良い色をしている感じがしました。

koreet1-12.jpg

ポーズのせいもあってとても見辛いですが、首につけているクルシスの輝石も周りの台座や宝石に至るまで良く出来てます。

koreet1-13.jpg
koreet1-14.jpg
koreet1-15.jpg

腰のひねりに寄る服の皺の表現が何とも素晴らしい!
藤島氏のキャラデザ故にそこまで装飾がある訳でも無いシンプルな服装ですが、それ故に見えてくる造形の素晴らしさがある感じがします。
動きのある造形は立ちフィギュアよりも栄えるので好きです。

koreet1-16.jpg
koreet1-17.jpg

本体と台座の接合部分はネジでしっかり止められていて外すことは不可能です。
手に持ってるチャクラムも本体にそのまま、ついていたので組み立てる必要が無く、そのまま、出して飾れるフィギュアでした。
台座の岩と草の表現はアルターのエステルの台座よりもリアルで良く出来ています。
ただ台座が歪んでいるのか、少し動かしただけで揺れるので元々不安定なポーズだけに倒れないか、不安は部分はあります。
台座はもう少し重みを持たせて欲しかったかも…
写真は撮りませんでしたが、台座は裏側が空洞になってて安っぽいです。

koreet1-18.jpg
koreet1-19.jpg
koreet1-20.jpg
koreet1-21.jpg
koreet1-22.jpg

気になる髪を重点的に…
茶色いグラデーション塗装に関してもそうなのですが、もう一つ、造形に関しても毛先が太く重みを感じてしまう部分があります。
細かく造形しようと努力している感じは伝わってくるのですが、それが上手く活かしきれてないのかもしれません。
コトブキヤ製のフィギュアに良くあることなのでメーカーの造形特徴が出てますね。

後、別パーツであることが丸分かりの切れ目も塗装などで何とか消せなかったのでしょうか。
少し気になる部分ではありますよね。
しかしながら、塗装に関してはムラも無いですし、綺麗に仕上がってると思います。

koreet1-24.jpg
koreet1-25.jpg
koreet1-26.jpg
koreet1-27.jpg
koreet1-28.jpg
koreet1-29.jpg

色々と撮って見ました。
動きはありますが、手の位置もあって顔が良い感じに写ってくれる角度は限られている感じはします。

髪に気になる点はありましたが、延期することも無くここまで綺麗に仕上げてくれるコトブキヤは流石だと思いました。
後、彼女の特徴とも言うべき羽がついていれば最高でしたが、元々体から離れているタイプの羽なので造形するのは大変なんだろうなと思います。
箱の裏側のデザインに羽付きの絵をつけてくれたことにおぉ!と思いました。
ということでコトブキヤ製コレットでした!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。