05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一番くじ B賞 フェイト・テスタロッサ The MOVIE 2nd A's 第一弾

2014年 03月05日 02:57 (水)

oneFait2-24.jpg

一番くじプレミアム
魔法少女リリカルなのは
The MOVIE 2nd A's 第一弾
B賞 フェイト・テスタロッサ
プレミアムフィギュア
2013年01月下旬発売
原型制作:ジョセフ氏(ALL FOR ONE)
全高約31.5cm(公式約18.0cm)

「強くなろう。悲しいことを見過ごさないで済むように…」
リリカルなのはの第二の主人公、フェイト・テスタロッサが友に向けた優しげな微笑とふわりと舞い降りるような造形で大胆にフィギュア化されました。
全高を見て頂けると分かるように公式は何処を測った長さなのか、大きく上に流れた髪の一番上から台座までは実際、30cm以上あります。
その造形は斬新で素晴らしいのですが、やはり、高さの面で飾り辛さがあるフィギュアです。
飾れたら造形と表情の可愛らしさに癒されます。

oneFait2-01.jpg
oneFait2-02jpg
oneFait2-03.jpg
oneFait2-04.jpg
oneFait2-05.jpg
oneFait2-06.jpg
oneFait2-07.jpg
oneFait2-08.jpg

大きく上に広がっている髪が凄く特徴的で私が背景に使ってる段ボールでも撮影時に上がはみ出してしまいそうで気をつかいました。
このフィギュアに関しては全体を撮るというのは難しいですね。
全体を撮るとどうしても、お顔が小さくなってしまいますし、近づきすぎても迫力が…
しかし、この斬新な造形故に髪やマントの揺らめき具合が素晴らしく何処から見ても情報量の多いフィギュアになっております。

またマントの支柱が気休め程度のものでほぼ意味を成していないという点は本当に相変わらずの一番くじクオリティではあります。
つけて欲しいところにつけてくれないんですよね、基本的に…
それとこのフィギュアは1年程昔のものなのでバルディッシュの持つ手がとても緩くなっており、劣化が見られるかなとは思っております。

oneFait2-09.jpg
oneFait2-10.jpg
oneFait2-11.jpg
oneFait2-12.jpg

本当に服の表現は見事です。
ぴっちりした服が幼女のお胸を上手く表現してますし、片足を上げるポーズもあって足が細くてとても綺麗に見えます。
マントの方がボリュームがあるので見え辛いですが、スカートの揺らめき具合も見事に表現されていてその部分に手抜きは感じられませんでした。
スカートは取り外しが可能です。
ただ何度か取り外していると留め具が緩くなるので余り何回も取り外すことはオススメしません。
フェイトの服は全身タイツみたいなものなのでおパンツは上半身と一体化していて真っ黒でした。
後、ずっと飾ってたせいもあるのでしょうが、マントの裏地の赤がフェイトの腕に色移りしています。
一部お尻にも色移りが…
市販フィギュアだとこういう部分は考えられているんでしょうが、一番くじにそこまで求めるのは難しかったみたいです。

oneFait2-13.jpg
oneFait2-14.jpg
oneFait2-15.jpg
oneFait2-16.jpg

マントの造形も見事です。
フィギュアは勿論、固い素材で出来ているのですが、それを布のように表現出来る技術というのは職人技だなと感じます。

oneFait2-17.jpg

フェイトのデバイス・バルディッシュ・アサルトもメカらしさを備えてしっかりと表現されております。

oneFait2-18.jpg

台座はクリア素材の上にフェイトの魔法陣がプリントされています。
クリア素材だと浮遊感が出るのでとても良い仕様だと感じました。

oneFait1-26.jpg
oneFait1-27.jpg
oneFait1-28.jpg
oneFait1-29.jpg
oneFait1-30.jpg

大胆な造形の髪をメインに撮ってみました。
どうしても、フェイトを可愛く撮ろうと思うと髪は見切れてしまうのですが、このふわりとダイナミックに舞う造形は凄く良く出来ています。
上から舞い降りた感じが上手く表現されてると感じました。

oneFait2-19.jpg
oneFait2-20.jpg
oneFait2-21.jpg

リリカルなのはの絵の特徴もあってか向きに寄る見え方の違いは結構ある感じはします。
特に前髪の位置から左から見るとどうしても、違和感があります。
しかし、その分、右から見るととても迫力があり、可愛らしいです。
oneFait1-40.jpg
oneFait1-39.jpg
oneFait1-43.jpg
oneFait1-45.jpg
oneFait2-22.jpg
oneFait2-23.jpg
oneFait2-24.jpg

最後は以前に撮ったものと新しく撮ったものを合わせて公開させて頂きました。
背景で大分色合いの雰囲気も違ってくるのでフィギュア撮影をメインにしている私としては悩ましいところです。
分かったのはやはり、暗い色合いの服に暗い背景は撮影が難しいことですね。
これからも試行錯誤していきたいと思います。

ということで一番くじフェイトでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フェイト

2014年04月02日 05:41

これは私も入手しました。
笑顔が印象的です。

背景は暗い方が雰囲気出ますが光が難しいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。