03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一番くじ 八神はやて-The MOVIE 2nd A's 第二弾

2013年 09月09日 02:32 (月)

hayate1-01.jpg

一番くじプレミアム
魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's 第二弾
C賞 八神はやて プレミアムフィギュア
バンプレスト ノンスケール(全高約22.5cm)
原型製作:ジョセフ氏(ALL FOR ONE)
発売時期:2013/08/31

このフィギュアで初の一番くじフィギュアとなった八神はやてです。
初の一番くじフィギュアであり、100回の一番くじの中に2体しか入ってないというレア度によってオクでの値段が跳ね上がりました。
ちなみになのは、フェイトは3体入っております。
一番くじ内の個数を見た瞬間にはやてが2体であることを知って誰しもが絶望したことでしょう。
私自身もバンプレストの悪意を感じました。

まぁそれは兎も角として何とか手に入れられたのでレビューをさせて頂きたいと思います。

hayate1-02.jpg
hayate1-03.jpg
hayate1-04.jpg
hayate1-05.jpg
hayate1-06.jpg

この子の特徴は何と言っても後ろに傾き気味な体の角度!
箱に入っている時は気付きませんでしたが、台座に刺して見るとこれは大丈夫か?と思える程、傾いています。
そんな無理な体勢であるにも関わらず、支柱が無いので足に負担が掛かってないかが不安です。

なんでもうちょっと真っ直ぐ立たせてあげなかったんでしょうか。
デコマス写真はちゃんと立っていたのでちょっとした詐欺じゃないかと思ってしまいます。
それとそれを支える為なのか、台座と本体の接合部分がぎちぎちで一度嵌めたら抜ける気がしません。
箱に戻さなきゃいけない時が来たらどうしようかと思います;

hayate1-07.jpg
hayate1-08.jpg
hayate1-09.jpg

お顔に関しては一番くじらしい可愛らしい笑顔でとても魅力があります。
バンプレスト製のなのはシリーズは全体的にお顔が私の好みなのでその部分に関しては強く賞賛したいです。
口元に指先を乗せたポーズもとても愛らしくポーズ自体は素晴らしいです。

hayate1-10.jpg

上半身の服は本に隠れて良く見えませんが、違和感は無く服の皺も上手く表現されてます。

hayate1-11.jpg
hayate1-12.jpg

胸に抱えた夜天の魔導書は小さいながらも良く出来ており、見たところ、塗装のはみ出しもないようです。
ただちょっとテカっている部分があり、多分、それは部品を接着する時ののりと思われます。
腕の影に隠れて普段は見えないので余りに気にならないのが幸いです。
それは兎も角、大事そうに抱えたこの姿が何とも健気で可愛いです。

hayate1-13.jpg
hayate1-14.jpg
hayate1-15.jpg

下半身はこんな感じ…
シグナムと同じ騎士甲冑である為、似通った部分があります。
腰の鎧は光沢があり、金属感がとても綺麗に表現されてます。
黒い服の裾の部分も色ムラもなく綺麗な仕上がりです。
ちなみに騎士甲冑とは古代ベルカ式の魔法使いがまとう服でなのは、フェイトがまとうバリアジャケットの昔の呼び方らしいです。

hayate1-16.jpg

おみ足はこんな感じ…
残念ながらぴっちりしたスカートを着用しているのでおパンツは覗かない限りは見えないようです。

hayate1-17.jpg
hayate1-18.jpg
hayate1-19.jpg

後ろから見ると服の裾の揺らめき具合がとても綺麗に表現されているのが分かります。
一番くじはこういう服の揺らめきを綺麗に表現してくれるのでその部分に関しては素晴らしいです。
背中の翼はクリアパーツで表現されておりますが、強い紫色の塗装がされているので透明感は余り無い印象です。

hayate1-20.jpg

ただ服にちょっと塗装のはみ出しがあるのと翼の接合部分がちょっと残念…
原作だとこの翼は完全にはやての体に引っ付いてる訳ではなく、微妙に浮いて表現されているので仕方ない部分もありますが、本格的に作るなら接合部分は無色透明で表現すべきかなとは思います。
真ん中の翼、一体、何処から出てるのやら…
この部分はフィギュア化させ辛い部分なので仕方ないと割り切るのが一番かもしれませんね。

hayate1-21.jpg

彼女のデバイス・シュベルトクロイツはとても綺麗な仕上がりになってます。
金色の光沢が金属感があっていいですね。

hayate1-22.jpg
hayate1-23.jpg
hayate1-24.jpg
hayate1-25.jpg
hayate1-26.jpg

髪の毛は元々短めなのと帽子の関係で余り見えませんが、綺麗に仕上がってると思います。
一番くじらしい塗ってます感はありますが、それも一番くじらしさなので仕方ないですね。
帽子自体は取り外し不可能で完全に引っ付いてます。
取り外し可能でポロりしやすくても困るので余り気にはなりませんが、出来れば取れた方が色々なはやてが楽しめてよかったかもしれませんね。

hayate1-27.jpg

台座ははやての魔方陣が描かれています。
なのは、フェイトと違って三角形なのは彼女の術がベルカ式魔法の使い手だから…
はやての守護騎士であるシグナム、ヴィータもベルカ式魔法の使い手です。
なのはシリーズは結構、こういう専門用語が多いので私もちゃんと把握してなかったりします。

ちなみにはやてが後ろに傾きすぎているのはこの台座と本体の接続部の角度のせいです。
この角度をもうちょっと緩めてくれたら綺麗に立ってくれたんですが…

hayate1-28.jpg
hayate1-29.jpg
hayate1-30.jpg

ということで一番くじのはやてでした!
基本的に本体の角度以外は満足いく出来だと思います。
本体の角度は…本当にどうにかならなかったのかorz

hayate1-31.jpg

最後に上位3体を並べるとこんな感じ…
一番くじの公式HPに「この3体揃えればA's最終決戦を再現することが可能です」とのことでしたが、それぞれが別の場所を向いているので共通性は余り無いです。
なのはは正面、フェイトは下、はやては上という見事に顔の向きが違うのは意図的かと逆に思ってしまうレベルです。
此処は中々良い出来なのでそれだけで満足ですけどね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。