09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルター ユーリ・ローウェル

2013年 08月07日 03:13 (水)

yu-ri1-01.jpg

テイルズオブヴェスペリア
ユーリ・ローウェル
アルター 1/8スケール
(ユーリ:全高21.5cm ミニフィギュア:全高5.5cm)
原型製作:みらの氏 価格:7140円
発売時期:2011/01 再販2011/05 再再販2012/07

一度、ブログを削除したので再度、新しいカメラで撮影しました!
多分、私の初のスケールフィギュアだと思われます。
フィギュアに興味がなかった時期ですが、テイルズのユーリが好きで丁度再販して定価で売ってたものを運良く購入できたんですよね。
何度も再販してますが、それでもヤバイ程のプレ値になってますから、本当に大人気なんだなって実感できます。
本当に私は運が良かったです。

yu-ri1-02.jpg

お顔は安定のイケメン!
格好良い上に挑発的な笑みがユーリらしくて素晴らしいですね!

yu-ri1-03.jpg
yu-ri1-04.jpg
yu-ri1-05.jpg
yu-ri1-06.jpg

色々な角度から撮ってみました!
普通に立ち姿だから迫力は余りないですが、全身黒色という塗り分け辛いキャラにも関わらず、服の模様全てが上手く塗り分けられていてそこが流石、アルターだなと思います。

思えばテイルズシリーズのフィギュアは大体、大人めの立ち姿ですよね。
最近、スケールフィギュアを買い始めて迫力のあるポーズのフィギュアを何度も見てきたのでテイルズもここらへんで格好良く武器を構えた造形をしてくれないかなって思ったりはします。
戦闘キャラなんだから迫力がないと…ねぇ?

yu-ri1-08.jpg

服の塗り分けははみ出しが全く見られない素晴らしい塗装となっています。
帯は金色にちょっとメタリック加工がされているのもまた格好良くていいですね。
腕を曲げた状態での袖の皺とかもしっかり刻まれており、違和感を感じさせない造形も見物です。

yu-ri1-09.jpg

ブーツも本当に細かい!
職人技を強く感じます。台座も町のブロック床を再現した作りで正にそこに立っている…そんな感じが伺い知れます。

yu-ri1-10.jpg
yu-ri1-16.jpg

ヴェスペリアでは戦闘の要とも言えるブラスティアもメタリック加工がされており、高級感があります。
ちなみに下の写真は腕が取り外し可能なので取り外して撮影しました。
そのままだとどうしても、髪が邪魔でブラスティアの全体が分からないので…
個人的に髪のなびき方をもうちょっと上手く出来なかったのかなという不満はあります。

yu-ri1-11.jpg

ユーリ特有のセクシィな胸元もちゃんと存在します。
ただ余り上手く作りこまれていないのか、意外と平坦なんですよね。
胸元がちょっと割れててもいいだろうに…
髪がそれをごまかすように胸元を隠している印象でその部分はちょっと残念に思います。
まぁ男の肌には余り興味がないですけどね(笑)

yu-ri1-12.jpg

次に髪の造形についてですが、アルター製にしては細かくなく固まりとして造形されています。
ユーリは折角、髪が長いんだからアルター製お得意のほっそりと先細りして軽くしなやかな髪の造形をしてくれたって良かっただろうに…
買った時はそう思いませんでしたが、色々なフィギュアに手を出してみると違うことが見えてくるなとこれを撮影しながらつくづく思いました。

髪が多くて片側になびいているので左側から見るととても違和感を感じます。
元絵があってそれを忠実に再現したのか、大分見る角度が制限されてしまっているのかもしれません。

yu-ri1-13.jpg

服に関して言えば背中の模様も手抜きせずにちゃんと描かれていますし、鞘の紐がふわりと舞っててそこには立体感を感じます。
yu-ri1-14.jpg

持っている鞘はこんな感じですが、塗装に問題は全くなさそうです。
そういうクオリティだけは安定してます。
ちなみに原作では鞘は腰につけずに紐を掴んでずっと手に持っている設定なんですが、これに関しては鞘だけ別パーツで外れます。
穴が浅すぎてちょっと触っただけでポロリしてしまうところが残念ですね。
これだと本当に鞘が腰についているように見えてユーリらしさが欠けるところもちょっとした減点対象になるかも…
ユーリが大好きだからこその評価です。
鞘は手に持ってぶら下げて欲しかった!

yu-ri1-15.jpg

ちなみに剣も別パーツで取り外し可能です。
ってか、箱には別に同根されています。
組み立てるには先に持つ手を本体から抜いて手に剣を差込み、手を再度本体に差し込んで完成!
簡単と言えば簡単ですが、手が抜けることをちゃんと説明書を読んで理解しておかないと悪戦苦闘します。
何気に剣をつけた場合のことを考えて髪にへこみがあるのも変わってますよね。
つけないと見栄えが悪くなるのですが、つけた時は自然に見えるので良く出来てるなって思ったり…

yu-ri1-17.jpg
yu-ri1-18.jpg
yu-ri1-19.jpg

お顔も基本的には良く出来ていますが、見方によっては変に見える部分もあり、難しいところです。
まぁ立体化するとどうしても、角度の制限は出てきますから仕方ないといえば仕方ないですね。
個人的に一番上の写真が不敵な笑みに見えて格好良いなって思ったり…
彼は前髪を微妙に分けていたりするから尚更なのかも…

yu-ri1-20.jpg
yu-ri1-07.jpg

ということでテイルズの大人気キャラクター・ユーリ・ローウェルフィギュアでした!
格好良くユーリファンなら絶対買いのフィギュアです。
アルター製にしてはとても大人しい造形なのでフィギュアファンにとっては明らかに物足りないフィギュアかとは思いますが、ユーリは今のところ、他に一番くじしか出てないので必然的に選択肢がなくなります。
一時的に前回の一番くじのユーリフィギュアを所持していたことがありましたが、これとの余りの出来の違いに直ぐに手放してしまいました。
正直に言って500円で引ける一番くじフィギュアのクオリティはプライズと同等ぐらいでアテになりません。
そのくせ、貴重価値が高いから高値で取引されており、出来と金額が割に合わないという…

って一番くじへの愚痴になってしまってすいません。
ユーリファンにはアルター製をオススメします!
ただプレ値買いの価値があるかは断言出来ないといいますか、アルター製としては並の出来なので正直、キャラで買わない限りは損をするかと;
何度も再販されてますからこれ以上、期待できるかどうか不安ですけどね;
何で何度も再販されてるのに彼だけずっとプレ値キープなんだろ…本当に不思議…
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ユーリ格好いいですよね^^

2013年08月07日 09:55

拝見させていただきました。
僕もこのフィギュアは持ってます。ユーリのフィギュア自体がかなり稀有な存在なのでプレ値は仕方ないでしょうね^^;
出来の良さは人によって結構賛否両論ありそうですが僕はまだ及第点ですね、全体的に纏まった造形、シャープな鞘と刀、ブラスティアを始めとする装飾品の細かさと僕は気に入ってます^^
個人的にはフレンも買っておけばよかったと少し公開してます><二人並べて飾りたいですね。
それにしても写真撮影非常にうまくなりましたね。以前暗闇での撮影に悩んでおられましたがこちらの撮り方の方がロッティさんらしい撮影だと思います、僕は逆に明るい撮影は苦手で何度も撮り直しますので^^;
何はともあれお疲れさまでした。凄く格好いいユーリを有難う御座います^^

>ノアールさん

2013年08月07日 18:05

コメントありがとうございます。
テイルズのフィギュア自体が種類が少なく惜しいなと思うんですよね。
色々なメーカーから出して欲しいと切実に思います。
ただユーリはファンが別格に強いと思うので何度も再販してもいつかはプレ値になるんだろうなぁって思ったりもします。

私も出来についてはこのポーズでの造形ならば良く出来てると本当に思います。
ただやっぱり、それ以上の出来のフィギュアをアルターはゴロゴロと排出してくるのでそれに比べると劣ると感じてしまうんですよね;
目が肥えたなとつくづく思います。

マイミクさんに聞いたんですが、どうやら台座が組み合わさって二人を隣に並べて飾ることが可能らしいです!
そんなところがもはや、2体で1つの作品だなと思ったりします。
私はポチってしまったので届くのが楽しみです。
ただお店が近くにあるならそちらで探した方がいいかもですね。
Amazonは定価売りになってるので…

撮影はほぼカメラのお陰かなって思ってはいますが、お褒め頂いてありがとうございます!
らしさって重要ですよね。
ただ色々とまだ試してみたいことがあるので試行錯誤は続けていこうと思っています。
加工は慣れたら本当に良いと思う今この頃です。

兎も角、閲覧ありがとうございました!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。