07月 « 2017年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルター 八神はやて -Zur Zeit des Erwachens-

2014年 09月18日 15:09 (木)

hayate2-51.jpg

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's
八神はやて -Zur Zeit des Erwachens-
アルター製 1/7スケール
(全高:約390mm 最大時 ※武器/台座含む
頭頂高:約240mm ※台座含む)
価格:16,800円(税抜)
原型制作:爪塚 ヒロユキ氏
2014年8月発売

劇場版A'sより騎士甲冑姿のはやてがアルターに寄って発売されました。
アルターのなのはシリーズは多数発売されておりますが、小学生の騎士甲冑はやてのフィギュア化は意外に初になります。
幼女はやて好きとしては待ちに待ったフィギュアとなりますね。
私も可愛らしい女の子なはやてが好きなのでフィギュア化してくれて嬉しかったです。
それではレビューさせて頂きたいと思います。

hayate2-01.jpg
hayate2-02.jpg
hayate2-03.jpg
hayate2-04.jpg
hayate2-05.jpg
hayate2-06.jpg

メイン造形となるユニゾン状態での全体はこのようになっています。
女の子とは思えない凛々しい表情と全体的な造形美はとても見応えがあります。
アルターのなのはシリーズは大き過ぎてスペースキラーで有名ですが、この中ではポーズにまとまりがあるお陰でそこまでスペースを取ることも無いのがこのフィギュアの魅力の一つです。
置き場所が限られている人には嬉しい造形ですね。

hayate2-07.jpg
hayate2-08.jpg
hayate2-09.jpg

お顔は原型師のクセがとても強く出た平べったい造形になっています。
それ故に横から見ると違和感が出るのはいつものことですね。
その分、正面からの顔立ちがとても良く大きい瞳が綺麗に仕上がってキリッと格好良いお顔ながら可愛らしくもあります。

hayate2-10.jpg
hayate2-11.jpg
hayate2-12.jpg

魔導書・夜天の書はとても本らしく見事な仕上がりになっています。
中の文字までちゃんと再現されているところにアルターのこだわりを感じますね。
ただ本の下についた穴に親指を入れて固定するのですが、その穴が緩いのか簡単に倒れてしまって上手く固定出来ません。
もう少ししっかりと固定できるようにして欲しかったですね。

hayate2-13.jpg

本を持つ手は爪の光沢まで見事に仕上げられています。
こういう部分に対するこだわりは「流石ですわ、アルター」と言いたくなる素晴らしさです。

hayate2-14.jpg
hayate2-15.jpg
hayate2-16.jpg

騎士甲冑は服の皺まで良く出来ています。
ただ上半身が後ろにそり返り過ぎかなとは思いました。
アルターは出来が良いことで有名ですが、この原型師はポーズに違和感を感じる造形が時々あるんですよね。
正面から見るとそこまで違和感無いのですが、横から見るとえびぞりみたいになってるのがやはり、気になりますね。

hayate2-17.jpg
hayate2-18.jpg
hayate2-19.jpg

はやてのデバイス・騎士杖シュベルトクロイツは金色のメタリック塗装で格好良く仕上げられています。
武器の造形は相変わらず、見事ですね。

hayate2-20.jpg
hayate2-21.jpg
hayate2-22.jpg

腰回りのローブの造形はまた見事なものです。
ひらひらが好きな私にはたまらないものがあります。

hayate2-23.jpg

台座はA'sシグナム同様の三角形の魔方陣となっております。
三角形なのも斬新ですし、黒色で光沢があり、とても高級感があります。
しかし、支柱が金属棒なのはやはり、気になりますね。
シグナムのような台座と同じ黒色の支柱だったら良かったのにと少し思います。

hayate2-24.jpg
hayate2-25.jpg

このフィギュアの見所の一つだと思っている後ろから見た翼の表現はいつ見ても素晴らしいです。
翼の根元を本体との接続部にしないことで3対の翼がまるで浮いてるかのような見事な表現がされています。
こういったところにアルターと一番くじとの差を感じます。

hayate2-26.jpg

一番上の1対の翼は腕パーツに接続されているので腕を取り替える為に取り外し可能になっています。

hayate2-27.jpg
hayate2-28.jpg
hayate2-29.jpg
hayate2-30.jpg

下の2対の翼とローブの揺らめいた表現は本当に見事としか言い様の無い仕上がりとなっております。
翼自体は右の翼だと2枚ともローブに接続されており、左の翼だと下はローブにその上は下の翼に接続されています。
意識して見ないと本当に浮遊しているように見える…こういう表現はアルターの専売特許ですね。

hayate2-31.jpg
hayate2-32.jpg
hayate2-33.jpg

腕パーツを取り替えると騎士杖を大きく振り上げた格好良いポーズも再現可能です。
ただこのポーズにすると高さが30cm超えになるのでアルターらしい見事なスペースキラーとなります。
逆にこういうポーズの付け替えでダイナミックな造形も表現出来るのは色々なポーズを求めているファンとしては喜ばしいことだと感じました。
私はスペースがそこまで取れないので杖を下ろしているポーズがあったのが嬉しかったですが、逆に大きいポーズを求める方も居ると思うので両方を再現してくれたことはとても素晴らしいことですね。

hayate2-34.jpg

ただこのポーズだと叫び顔の方が似合ったんじゃないかなと少し思いました。

hayate2-35.jpg
hayate2-36.jpg

大きく振り上げた騎士杖に目が行きがちですが、こちらも腕の取り替えで本を浮遊させたような状態にすることも可能です。
こちらのポーズの方が本の中身が見え易いかもしれませんね。

hayate2-37.jpg

ちなみに本を外すとこのようになっていて人差し指の突起を本の穴に挿して固定する仕様となっています。
なので取り外したままだと凄く違和感があり、人差し指だけ爪の表現が無いようです。

hayate2-38.jpg

翼は取り外して別の腕につけられる仕様ですが、少し固いので慎重に付け替えを行った方が良いと思われます。

hayate2-39.jpg
hayate2-40.jpg
hayate2-41.jpg
hayate2-42.jpg

ちなみに帽子は磁石で固定しており、簡単に取り外すことが可能です。
取り外した状態での髪の表現にも違和感が無く、帽子の色移りが気になる方は外したままで…または、ビニールなどを間に挟んで飾った方が良いと思われます。

hayate2-43.jpg
hayate2-44.jpg
hayate2-45.jpg
hayate2-46.jpg

何よりこのフィギュアを買うと決めた理由はユニゾン前の髪とこの表情があったからというのが大きかったです。
バリアジャケット、または、騎士甲冑のフィギュアはどうしても、戦闘中ということで厳しい表情が多く、可愛らしいさを求めている私としては複雑だったのですが、このフィギュアはとても優しげな表情を入れてくれたのでとても嬉しかったです。
アルターのなのはシリーズとしては貴重な表情じゃないかなと思います。

hayate2-47.jpg

腕は別々のパーツなのでこんな風に別のものと組み合わせて飾ることも可能です。
このポーズだと後ろの翼も良く見えるし、個人的にベストのように感じました。
優しげなはやてちゃんが可愛くて仕方ない。

hayate2-48.jpg
hayate2-49.jpg
hayate2-50.jpg
hayate2-51.jpg
hayate2-52.jpg

色々な向きから撮って見ました。
本当にアルターのなのはシリーズはとても素晴らしく良く出来た造形美で毎回感動します。
買うかどうかはまだ分かりませんが、次のブレイズフェイトが楽しみですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。