04月 « 2014年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッドスマイルカンパニー 鹿目まどか ~始まりの物語/永遠の物語~

2014年 05月19日 22:43 (月)

umemado1-47.jpg

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ
[前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語
鹿目まどか ~始まりの物語/永遠の物語~
グッドスマイルカンパニー製
1/8スケール(全高約19.0cm)
価格:税抜8,381円
原型制作:ひろし(桜前線)氏
一次:2014年03月発売
二次:2014年05月発売

「だから、魔法少女になって、本当によかったって。そう思うんだ」
キャラクターデザインを務める蒼樹うめ先生が描いた劇場版キービジュアルを元にフィギュア化した通称うめまどかが二次出荷を得てやっと自分の下に届きました。
一次は瞬殺でしたが、何故か後から復活し、値下がりするという事態を受けて二次を予約していた私としてはもどかしくはありました。
しかしながら、実際にフィギュアを手にとって見ると価格以上の価値があり、素晴らしいものだったので本当に良かったです。
シリーズ化することをひっそりと願いながらレビューさせて頂きます。

umemado1-01.jpg
umemado1-02.jpg
umemado1-03.jpg
umemado1-04.jpg
umemado1-05.jpg
umemado1-06.jpg
umemado1-07.jpg
とても独特なポーズをしているまどか…
元々フィギュア化を考えられていない元絵にも関わらず、ここまで見事に再現した上、立体感も素晴らしく正にうめ先生の描いたまどかが絵から飛び出してきたかのような出来は見事です。
流石、まどマギの専門メーカーですか?というレベルのまどマギフィギュアを手掛けているグッスマ製だなと思いました。
原型師はアルティメットまどかを手掛けた方なのでそれもポイントの一つですね。
アルティメットまどかは個体差が激しく大変でしたが、これについては一次の延期はあったものの、個体差は余り報告されておらず、問題なく良い出来だったと言えるでしょう。
グッスマは最近、安心して予約出来るメーカーになりつつあると思います。

umemado1-08.jpg
umemado1-09.jpg
umemado1-10.jpg
umemado1-11.jpg
うめ先生の特徴と言えば何と言ってもこのお顔!
平面的で大きな瞳とフィギュア化には不向きな部分はあると思います。
これに関しても向きによっては違和感がありますが、それでも顔のバランスが悪くなることも無く、とても可愛らしいうめ先生絵が再現されています。
髪の造形が細かくて立体的な故か、お顔は平面なのに平面感を感じさせない造形は見事ですね。

umemado1-12.jpg
umemado1-13.jpg
umemado1-14.jpg
寄せてあげたようなお胸の表現がされています。
まどかフィギュアの中では圧倒的に大きいお胸の表現ではないかと…
実際に女性の胸はぺったんこでも寄せて挙げれは結構あるものなのでそれを表現してると思えば同じ女性としてはちょっと納得かななんて…
同時にソウルジェム、服の皺など細かいところまで本当に良く出来ています。
鎖骨の表現も芸術美を感じます。

umemado1-15.jpg
体を逸らせたポーズの為、見辛い背中辺りも手抜きは感じられず、皺の表現は本当に見事です。

umemado1-16.jpg
umemado1-17.jpg
umemado1-18.jpg
色々なまどかフィギュアを買って来ましたが、パニエの表現には本当にいつも驚かされます。
ふわりとした丸みや皺、そして、グラデーションの掛かった塗装など、とても可愛らしく綺麗に仕上げられてます。
まどかの魔法少女衣装はまどかが夢見た姿ということで一番魔法少女らしく、女子なら一度は憧れを持つ魔法少女そのものといった感じで私も大好きです。

umemado1-19.jpg
umemado1-20.jpg
バンプレストのプライズですらこの表現には力を入れていて感動しましたが、勿論、市販フィギュアであるこれも負けてはいません。
本当にどれぐらいパーツあるんだろとか思う。
そして、まどかのおパンツはその完全なる鉄壁防御のお陰か見事に隠されています。
死角などございません(笑)

umemado1-21.jpg
umemado1-22.jpg
ここからは弓矢を重点的に…
手にしたものなら一度は思う、この弓、どうやって手につけるの!?
まさかの無理矢理押し込むが正解!
まどかの弓はシンプルなのでパーツを二つに分けて手に通す手法が使えなかったのでしょうか。
それでも組み立てる側としてはあの仕様は本当に怖いなと思います;

umemado1-23.jpg
弓を引く手の造形自体は本当に違和感無く見事です。

umemado1-24.jpg
自分でもどうやってこの手に弓を押し込んだんだろって思う。
同時にこの矢ですが、弓に穴があってそこに取り付ける仕様になっており、矢を引いているように見える手はほぼ添えるだけで余り機能していません。
この矢がとても取れやすく撮影している時も撮影ブースの壁に当たってぽろぽろ…
こういうのは難しい問題ですね。

umemado1-25.jpg
umemado1-26.jpg
足はすらりとしていて女の子らしくなっております。
台座と本体が組み立て辛いとの情報が上がっていましたが、風のエフェクトと足を平行にして金属棒に差し込めば全く硬くなくすんなりと入ってくれました。
個体差なのか分かりませんが、逆に緩く感じられます。
ちょっと動かしてみたら角度が変わったり;

umemado1-27.jpg
umemado1-28.jpg
足を支える金属棒は風のエフェクトによって隠されている仕様となりました。
金属棒が出てるよりは飾った時の見た目が良いので配慮がされてるなと感じました。
台座自体は以前に出たまどかフィギュアの使い回しのようです。
シンプルな透明台座ですが、個人的にはもうちょっと凝ってて欲しかったなとも…

umemado1-29.jpg
白い紙の上に置くとピンク色のグラデが分かり易いと思います。
この台座はシリーズ化のフラグと見た(笑)

umemado1-30.jpg
umemado1-31.jpg
umemado1-32.jpg
umemado1-33.jpg
umemado1-34.jpg
umemado1-35.jpg
umemado1-36.jpg
umemado1-37.jpg
髪は良く見ると所々に別パーツの痕跡があります。
髪に関してはこういうのが出やすいみたいですね。
しかしながら、ふわっと揺れている髪は見事に再現されています。

umemado1-38.jpg
ここからは色々なアングルの撮影ですが、元々独特なポーズもあって結構、上から撮影した方が可愛らしく撮れることを発見しました。
こんなに上を向いているフィギュアも珍しいですよね。

umemado1-39.jpg
umemado1-40.jpg
umemado1-41.jpg
umemado1-42.jpg
何処か箒に乗って空を飛んでいるように見えたアングル…

umemado1-43.jpg
umemado1-44.jpg
umemado1-45.jpg
台座の位置から察して結構上から撮ってることがお分かり頂けただろうか。

umemado1-46.jpg
umemado1-47.jpg

ということでグッドスマイルカンパニー製うめまどかでした!

今回、ちょっと撮影方法を変えてライト2つを撮影ブースの天井部分に当ててその反射で撮ってみました。
私は三脚を使わないのでどうしても、接写するとカメラで光が遮られてしまう部分があったんですが、これをするとそれが緩和されることに気付き、ちょっとした感動を覚えています。
フィギュアの撮影を始めて大分経った気がしますが、それでも撮影というのは難しいもので日々精進ですね。
今回は良いことに気付いてよかったです。
スポンサーサイト

魔法少女まどか☆マギカ展 もう一度、あなたに逢いたい3

2014年 05月17日 21:30 (土)

展示の続きです。

madomagi72.jpg
madomagi73.jpg
madomagi74.jpg
madomagi75.jpg
madomagi76.jpg
madomagi77.jpg
madomagi78.jpg
madomagi79.jpg
「これって昔の私が夢に見ていた毎日なのかもね」
マミさんとべべの等身大フィギュアとその周囲の壁です。
フィギュアごとに音声が用意されていてフィギュアが喋っているような演出がされているのは良いですね。
マミさんのお茶会に誘われてきたような穏やかな感じがしました。

madomagi80.jpg
madomagi81.jpg
madomagi82.jpg
madomagi83.jpg
穏やかな雰囲気から一点!
新編の見所と言うべき、マミほむら戦が見事な照明演出で再現されています。
シルエットのマミほむらの周りの照明はチカチカと光って動くようになっており、銃撃演出がされていて目には余り良くないですが、写真で撮ってみると撮る度に光が変わってとても綺麗です。

madomagi84.jpg
madomagi85.jpg
花畑で会話するまどかとほむら
この辺りから撮影に疲れてきた気も(笑)
「ほむらちゃんですら泣いちゃうようなこと、私が我慢できるわけないじゃない」
「誰ともお別れなんかしたくない、もしどうしようもない時だったとしても、そんな勇気…私にはないよ」
最初見た時は分からなかったけど、2度目見るとまどかのこの名言が恐ろしく感じる。
どうしてそう言っちゃうかなぁって…
声優さんがインタビューで話してましたが、本当にまどかって怖いなぁって思う。
何気ない優しさなんだけど、アカンフラグをいつも立てちゃうんですよね。
それじゃほむらがあぁなっても仕方ないなって思うところがあったり…

そう言えば新編の漫画見ながら書いてるとさやかとほむらの会話、はしょられてることに気付いた。

madomagi86.jpg
madomagi87.jpg
madomagi88.jpg
「まどかを…支配するつもりね!!!」
怒りのほむら、キュゥべぇをぐちゃぐちゃにするの巻
シルエット演出は良い感じに栄えますね。

madomagi89.jpg
madomagi90.jpg
madomagi91.jpg
彼岸花とホムリリィ、彼岸花は立体物になってるのでとても綺麗でしかも、おどろおどろしい感じに演出されてます。
魔女の口付けはちゃんと設定されてたんだなってここで気付く。

madomagi92.jpg
madomagi93.jpg
「パパパ、パルミジャーノ!レッジャーノ!」
新編の新キャラ、なぎさちゃんの等身大フィギュア!
変身シーンからのフィギュア化ですが、流れてくる台詞がまだべべな件←
ちなみにここからは等身大フィギュアラッシュです!

madomagi94.jpg
madomagi95.jpg
madomagi96.jpg
madomagi97.jpg
「胸糞悪くなる夢を見たんだ。あんたが死んじまう夢を…」
「やっぱり、あたし、心残りだったんだろうね、あんたを置き去りにしちゃったことが…」
背中合わせに手を繋ぐさやかと杏子の等身大フィギュア
このシーンの台詞は何回見ても泣けます。
もうちょっといっぱい撮りたかったですが、人がいっぱい居てさやかをしっかり撮れなかったことが私の心残り←

続きを読む

魔法少女まどか☆マギカ展 もう一度、あなたに逢いたい2

2014年 05月17日 21:11 (土)

madomagi28.jpg

メイン展示の写真を公開します!
最初は頑張って撮ってたんですが、人が多くて人を撮らないように撮るのが難しく最後らへんは大分はしょっちゃいました。
気楽に見て頂けると嬉しいです。

madomagi29.jpg
アーチをくぐるとナイトメアが現れます。
アーチは撮ったんですが、人が入ってくところだから人を撮らずに撮るのは不可能だったorz

madomagi30.jpg
madomagi31.jpg
madomagi32.jpg
madomagi33.jpg
madomagi34.jpg
madomagi35.jpg
madomagi39.jpg
madomagi40.jpg
madomagi41.jpg
madomagi42.jpg
madomagi43.jpg
madomagi44.jpg
前作である永遠の物語の最後のシーンが額に入って飾られています。
このスペースは過去を振り返ることをメインに置いているようです。
この場所に弓を持ったリボンほむらの等身大フィギュアが飾られていました。

madomagi36.jpg
madomagi37.jpg
madomagi38.jpg
リボンほむらの等身大フィギュア!
照明が強いこともあって肌が白く映りがちなようです。
しかしながら、お顔立ちはきりっとしてますし、靡く髪の造形も良く出来てました。

madomagi48.jpg
madomagi46.jpg
madomagi47.jpg
madomagi50.jpg
madomagi51.jpg
madomagi52.jpg
段々になった壁に別々の絵を描くことで見る角度によって違う絵を見せてます。
演出としては素晴らしいですね。

madomagi53.jpg
madomagi54.jpg
madomagi55.jpg
ここから新編の物語が始まります。
べべの顔が壁いっぱいに描かれているのは中々に見応えが…

madomagi56.jpg
madomagi57.jpg
まどマギ程、シルエットが良く似合うアニメも珍しいかななんて…
シルエットでキャラが分かり易いのも良いところですよね。
光がシルエットの中から出ててとても綺麗でした。

madomagi58.jpg
madomagi59.jpg
等身大パネル!
こういう展示もフィギュアとは違う華やかさがあって良い感じ!

madomagi60.jpg
「まるまる太って召し上がれ!」
と現れた大きいケーキ!

madomagi61.jpg
madomagi62.jpg
madomagi63.jpg
楽しい日々の中で段々違和感に気付いていく。
展示されている絵はBDに収録されたスクショになってました。
もう映画のスクショは見れないのかなとちょっと寂しくなったり…

続きを読む

魔法少女まどか☆マギカ展 もう一度、あなたに逢いたい 1

2014年 05月17日 19:23 (土)

madomagi27.jpg
madomagi01.jpg
madomagi02.jpg
madomagi03.jpg

今回はフィギュアのレビューではありませんが、まどか☆マギカ展の大阪会場に行ってきましたのでそちらで撮った写真を公開したいと思います。
写真の枚数が多いので記事を3つに分ける予定です。
気楽にご覧頂けると嬉しく思います。

大阪会場の前に東京会場があり、そちらでは「当日券を買った方が早く入れる」「8時に行ってもう1時間待ち」「トークショーの後に一度会場外に出されて再入場を強いられる」「物販も終わったら会場外に出される」「物販は初日に殆どが完売して日割が無かった」など恐ろしい情報が多数出回りました。
その情報に大阪のチケットを持ってた私は戦々恐々としていましたが、東京の教訓が上手く活きていたのか、全体的に対応が良くなってた気がします。
8時に並び始めたのですが、9時に入場を開始し、物販だけは9時に始まりました。
8時段階でも大分並んでいたのですが、それでもスムーズに進み、10時ぐらいには物販で買い物が出来、殆どのグッズをその場で買うことが出来ました。
8時では遅いかなぐらいに思っていたのでスムーズに事が運んでとても良かったです。
しかし、人の数は増えていく一方なので8時に並ぶことがその境目だったかなとは思いました。
なので明日行かれる方は出来る限り、早めに行くことをオススメします。
11時にトークショーを終えた後の混雑振りは本当に凄かったです。
12時ぐらいには目立った限定商品は殆ど完売状態でした。
それについては東京と余り変わらない状況になったとも言えるかもしれません。

ちなみに会場外に出されるとの噂ですが、大阪会場についてはそのようなことは一切ありませんでした。
物販もトークショーもそのまま、会場内に居られるのでそれについてはとてもほっとしました。

最初に物販に行ったので戦利品を公開致します!
madomagi109.jpg
P5170129.jpg
八つ橋は大阪では売られないとの情報が出てましたが、普通にありました。
後、なぎさのチーズケーキは母が食べたいと言ったので購入!
うめさんのデフォルメなぎさちゃんが焼印されており、とても可愛らしいチーズケーキになっております。

madomagi110.jpg
まあるいケーキは誰?クッキー 大阪会場から発売開始のグラス(まどか&ほむら) まどか、さやか、杏子のラスク
クッキーも母が食べたいと言ったから購入(笑)
グラスは諦めようと思ったんですが、いつの間にか父がカゴに入れてた。
このグラスで一番最初に無くなったのはさやか&杏子ペアでした!
二人への愛を感じる!意外にまどか&ほむらペアは一番残ってました。本当に意外。
ラスクはほむら、マミ、なぎさの方が先に無くなった模様です。

P5180001.jpg
P5180003.jpg
P5180002.jpg
P5180004.jpg
まあるいケーキは誰?クッキーの中身ですが、劇中でまどか達が言った果物がクッキーの味になっています。
そして、そこにはそれに対応したキャラと台詞が書かれており、ファンとしてはとても嬉しい演出のお菓子です。
「ケーキ、ケーキ、まあるいケーキ、まあるいケーキは、だあれ?ケーキハサヤカ?」
さやか「ちーがーう、私はラズベリー。丸いケーキは赤い。ケーキは杏子?」
杏子「ちがう、あたしはリンゴ、丸いケーキはべべが好き、ケーキはマミ?」
マミ「ちがう♪私はチーズ、丸いケーキはこーろがる。ケーキは暁美さん?」
ほむら「ちが…います!わた…私は…カボチャ!丸いケーキは、甘いです。ケーキはまどか?」
まどか「ちーがーう。私はメロン。メロンが割れたら甘い夢」
「今夜のお夢は苦い夢、お皿の上には猫のゆめ、まるまる太って、めしあがれーーーー!」
と言った感じに書かれています。この箱は捨てられない!

madomagi111.jpg
madomagi112.jpg
madomagi113.jpg
限定ラバストは安定のボックス買い!
どれもハズレ無しに素晴らしいです。何より透明感があって光に当てると綺麗なのはラバストでは斬新なデザインだなと感じました。
ちなみにこのラバストは早めに無くなったようです。
明日行かれる方は吟味せずに箱買いされた方が良いかも…本当にハズレが無いのでオススメです。

madomagi114.jpg
コトブキヤショップでも販売していたショコラも売っていたので全種類買いました。
箱のデザインが凄く魅力的で食べた後も綺麗に飾れます。

madomagi115.jpg
madomagi116.jpg
限定商品のマグカップ!
黒に金縁で絵が描かれているのでとても高級感があります。
ちなみにこれ、2個セットだと思ってたんですが、裏表の絵でした。
ちょっとびっくりした。
でも、デザインが良いので魔法少女全員分欲しかったなと思うことはあります。

madomagi117.jpg
これは限定商品では無いのですが、売ってたので買っちゃいました。
コウブツヤのシルエットストラップです。
このデザインはとても綺麗で惹かれます。
ストラップ部分も大きめで素晴らしいと感じました。
しかしながら、1個が高かったので2個ほど、母に買って貰っちゃったり(笑)
本当にお世話になりました。

madomagi118.jpg
限定商品のタペストリー
ラバストと同じぐらいにツイッターで売り切れ報告がされていました。
殆どの方がカゴに入れていらっしゃったので回収率は凄いんじゃないかなと…
迷ってるならカゴに入れましょう←

madomagi119.jpg
madomagi120.jpg
ショッパーと限定ブックレット!
前情報で分かっていたことですが、ブックレットは本当にキラキラ加減が見事で感動します。
ショッパーも悪魔ほむらのデザインが良いですよね。

私が購入したのはこんな感じですが、限定商品以外にも以前から出ているまどマギのグッズがほとんど並んでいる状態で凄いグッズ量でした。
3万の予算でギリギリぐらいでしたので多めに持っていた方が良いかもしれません。
クレジットカードは使えるようでしたが、レジが限られてるので待たされる可能性はあります。
それだけご注意を!

物販を終えた後、10時半ぐらいでトークショーまで少し時間があったのでメーカー展示の方を撮影しました。

続きを読む

コトブキヤ リーファ-Fairy Dance-

2014年 05月04日 15:59 (日)

ri-fa3-45.jpg

ソードアート・オンライン
リーファ -Fairy Dance-
コトブキヤ製 1/8スケール(約24.0cm)
原型製作:小島翔氏 価格:税抜9,200円
2014年04月25日発売

とても斬新なポーズと台座が魅力的なフィギュアが遂に発売しました。
斬新なポーズ故か、顔に影が入りやすくて撮影が大変でした。
色々試行錯誤したのですが、結局、上手く撮れなかったので諦めて一番良く撮れたと思った一番最初の写真を公開致します。
やればやるほど、泥沼にはまるように良いものが出来なくなるのは本当に厄介だななんて…
兎も角、レビューをさせて頂きます。

ri-fa3-01.jpg
ri-fa3-02.jpg
ri-fa3-03.jpg
ri-fa3-04.jpg
ri-fa3-05.jpg
ri-fa3-14.jpg
ri-fa3-06.jpg
ri-fa3-07.jpg

全体的にはこんな感じです。
情報量も多くとても見応えのある出来になっています。
こういう普通の立ちフィギュアでは終わらない斬新な造形はコトブキヤの素晴らしいところですね。
だからこそ、コトブキヤには製品版のフィギュアの仕上げをもうちょっと頑張って欲しいです。
これも細かく見ていけば塗装の甘さやざらつき、気泡らしきものが見られます。
技術があるのにこういう甘さが目立ってしまうのは実に勿体無い気がします。
コトブキヤは意地になって延期しないでいるよりもある程度の延期をしてクオリティの安定に努めた方が良いんじゃないかと思ったりはします。

ri-fa3-08.jpg
ri-fa3-09.jpg
ri-fa3-10.jpg
ri-fa3-11.jpg
ri-fa3-12.jpg
ri-fa3-13.jpg

お顔に関してはデコマス通りの可愛らしさで良く出来てます。
原作にもとても似ていますし、この部分に劣化が無くて本当に良かったです。
ちなみにいつもの撮影方法だと顔に影が出易くなるのでこの顔アップを撮るときはライトを直接顔に照らして撮影しました。
白くなりすぎることを危惧しましたが、上手く撮れて良かったです。
ただこれもコトブキヤの特徴なのですが、ライトを当てるとアイプリに反射しやすいんですよね。
他のメーカーのは気にならないのでコトブキヤのアイプリはテカりが強いんじゃないかなと思います。

ri-fa3-15.jpg
ri-fa3-16.jpg
ri-fa3-17.jpg
ri-fa3-18.jpg

紳士の方々がつい目をやってしまうだろうお胸はポーズのこともあってとてもむっちりと大きめに表現されています。
谷間とかは本当に凄いですね。
リーファってこんなに胸でかかったっけって思った(笑)
ポーズ故に余り目立ちませんが、胸の下のコルセットも良く出来ています。

ri-fa3-19.jpg
ri-fa3-20.jpg

掲げた手の表現は中々良い感じです。
爪の造形もされていますが、塗装はされていないみたいです。
ただ私が受け取ったリーファはこの手の親指に変な突起がありました。
慎重に切ったら後が目立たず上手くごまかせたのが幸いでした。

ri-fa3-21.jpg
ri-fa3-22.jpg

こっちの手の方が撮りやすい。
ブレスレットも角度に寄っては浮いているように見えるので良い感じです。
ちなみにこの手には穴が空いていて木の枝の先に差す仕様になっています。
なので不安なポーズではありますが、安定感はあります。

ri-fa3-23.jpg
ri-fa3-24.jpg
ri-fa3-25.jpg

広がった服の裾は見応えがあります。
塗装にグラデーションもあって凝ってはいるんですが、塗装にざらつきがあるので品質はコトブキヤらしさがあります。
良く出来てるのに本当に惜しい…

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。