01月 « 2014年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  » 03月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねんどろいど 高町なのは エクセリオンモード・エディション

2014年 02月28日 16:20 (金)

nennano1-01.jpg

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's
ねんどろいど 高町なのは
エクセリオンモード・エディション
グッドスマイルカンパニー製
価格:4,000円(税込) 2012年12月発売
原型制作:白鷺いさお氏

「終わりじゃない、まだ終わらせたりしない!」
とても優しくて強い高町なのはが劇場版第二弾の終盤に活躍したエクセリオンモードの姿でねんどろいど化致しました。
全身フル可動で良く動くねんどろとしてリリカルなのはシリーズでは初めて出たフィギュアになります。
本当にとても良く動くので色々なポーズが取らせられて楽しいフィギュアです。

これを撮影する前に1年程ずっとポーズを取らせた状態で飾っていたのでトリガー部分を持つ手が引っ付いて外れないというトラブルが起きました。
何とか無理矢理引っこ抜くことが出来ましたが、トリガー部分の強度が甘かったのか、半壊状態でちょっと軽くボンドで修復しています。
このフィギュアは手の穴が小さくて全体的にレイジングハートを持たせるのに苦労しましたが、何度かつけてる間に緩くはなってきたのでそれを前提で固くしてるのかもしれません。
兎も角、このフィギュアをお持ちの方は要注意です!
とそれでは紹介させて頂きます。

nennano1-02.jpg
nennano1-03.jpg
nennano1-04.jpg
nennano1-05.jpg
nennano1-06.jpg
nennano1-07.jpg
nennano1-08.jpg

レイジングハート・エクセリオンはとても長い槍なので立てて持つとなのはの全高を簡単に超えます。
この撮影時はまだ手の穴が固くてレイジングハートに通すのに苦労しました。
でも、良い感じに持てたので良かったです。

nennano1-09.jpg

なのはの魔法少女姿はとてもデザインが私好みなので好きなのですが、細かいデザインなのにねんどろでここまでの塗り分けと造形!流石、ねんどろだと感心します。
ちなみに足の羽は足の裏の穴に挿す形となっており、取り外すことが可能です。
ただ小さいパーツで透明なので紛失だけは気をつけないと…

nennano1-10.jpg
nennano1-11.jpg
nennano1-12.jpg
nennano1-13.jpg

なのはの基本は空中戦!
ということで浮遊感を出してみました。
肩、腰、スカート、足など、ねんどろとは思えない程、良く動くので簡単にポーズが変えられて見事だと感じました。
figmaの知識とか取り入れてそうなレベルです。
一番に凄いなと思ったのはスカート部分なんですよね。
結構、横に広がるようになってるんですよ。
こういう長い丈のスカートのキャラは足の可動に制限があるのですが、このスカートの可動のお陰で大分、大股のポーズも取らせることが出来ます。

nennano1-14.jpg
nennano1-15.jpg

難しいかなと思ったレイジングハートの両手持ちですが何とか入れることが出来ました。
腕の関節も良く動くんですが、この両手持ちは色々と干渉するものが多くて組み立てるのに苦労はします。
しかし、この笑顔とポーズの相性がとても良いので見てると癒されますね。

nennano1-16.jpg
nennano1-17.jpg

「エクセリオォ~ン!バスタアァァァ~!」
レイジングハートの頭部はレイジングハート・エクセリオン エクセリオンモード・ストライクフレーム(←長い)に付け替え可能です!
透明な翼がとても綺麗でこの翼を展開した姿が私はとても好きです。
ねんどろであったとしても、この叫び表情はとてもキリッと格好良く表現されてるのでとても格好良く仕上がってると思います。
ちなみにこのレイジングハート、槍に見えますが基本的には砲塔!先から強力なレーザービーム的なものが出ます。
本当にそれが凄く強くて最強だから格好良い!
ただこのエクセリオンモード・ストライクフレームの時はこれを構えて突進攻撃を仕掛けることが可能みたいでレーザーを打つのかと思ったらビューンって飛んでいってびっくりした記憶が←

nennano1-18.jpg
nennano1-19.jpg
nennano1-21.jpg

どの方向から見ても凄く格好良いと思います。
このポーズは凄く良いです。

nennano1-20.jpg

ストライクフレームのアップ!
足の羽のようなピンク色のクリアパーツで再現されており、とても綺麗です。

nennano1-22.jpg
nennano1-23.jpg
nennano1-24.jpg

先を下げてみた。
正面から見る分には先を下げた方がなのはが見やすいですね。
そして、良く良く見ると青いトリガーの一部が白くなってるのが見えるかと…ボンドで修復したので結構不恰好に…
同じ色で塗ってごまかしたいなと思いながらそこまでの技術は無いという…

nennano1-25.jpg

「いくよ!フェイトちゃん!」
「OK!なのは!」
親友コンビ現る!
本当はバルディッシュ・アサルトのザンバーフォームの方がデカイ筈なんですが、ねんどろだと大分、レイジングハートの方が長く見える…
耐久力的に仕方なかったのかもしれませんが、ザンバーフォームはもうちょっと大きくても良かったかも…

nennano1-26.jpg
nennano1-27.jpg

横から撮るとまた違った感じに!
中々見応えがありますね、このコンビは!

nennano1-28.jpg

ということでねんどろなのはでした!
トラブルはありましたが、撮影を終えられて良かったです。
ちなみに次はオマケ…

nennano1-29.jpg

最強の三人娘現る!
3人が居ればどんな強敵でも倒せる!そんな感じがします。
スポンサーサイト

ねんどろいど フェイト・テスタロッサ ブレイズフォーム

2014年 02月26日 03:44 (水)

nenfait1-01.jpg

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's
ねんどろいど フェイト・テスタロッサ
ブレイズフォーム・エディション
グッドスマイルカンパニー製
価格:4,000円(税込) 2013年04月発売
原型制作:白鷺いさお氏

「ずっと会えなくて、やっと会えた友達なんだ!」
なのはの親友であり、悲しい出自を背負って生きる少女・フェイトが劇場版第二弾の終盤に登場したブレイズフォームでねんどろいど化しました。
この衣装に変身した後のバルディッシュ・アサルト ザンバーフォームの巨大さと地球切りには度肝を抜かれました。

このフィギュアは初めて予約買いしたフィギュアなので凄く思い入れがあるのですが、去年の4月に発売したんですね。
もうフィギュアを買い始めて1年…時というのは本当に早いものです。
この衣装のフェイトはとても好きでねんどろで出ることを聞いて即決でした。
個人的にスケールが欲しいですが、剣の巨大さを考えたらアルターではきっと買えないななんて思ってたりします。

nenfait1-02.jpg
nenfait1-03.jpg
nenfait1-04.jpg
nenfait1-05.jpg
nenfait1-06.jpg
nenfait1-07.jpg

figma同様に手足が可動出来るようになっているのがフル可動ねんどろの特徴です。
手足を曲げたパーツが必要ないのでパーツの削減にも貢献してて、このフェイトもバルディッシュ以外には手の代えパーツぐらいしか付属品がありませんでした。ちょっとそれが寂しい感じはしますが;
私が買った中ではなのは、フェイト、はやてにこの仕様が使われています。
他のキャラでこのフル可動が導入されたという話は余り聞きませんね。
結構、自由度があるので他の戦闘系フィギュアでも使えば良いのにとは思ってます。

nenfait1-08.jpg
nenfait1-09.jpg

こんな感じでポーズを決められます。
勿論、ねんどろなので手足が短く動かし辛いという欠点はあります。
ねんどろに慣れていなかった頃に買ったのでこれを買った時は動かすだけで凄く疲れました。
でも、経験を積んだ今ならこの可動がどれだけ楽しいかとても分かります。
中々良いです。

nenfait1-10.jpg
nenfait1-11.jpg

バルディッシュ・アサルト ザンバーフォームは本来ならフェイトの2倍ぐらいの長さがあるのですが、そこまで再現するとねんどろでは扱えないので丁度良いサイズになっています。
持ち手の部分も短くなってるので本来なら両手持ちなんですが、ねんどろでは両手持ちでの再現は難しく腕がそこまで届きません。
しかし、刀身はクリアパーツで再現されており、十分格好良く見応えがあります。

nenfait1-12.jpg

叫び顔の表情を動きのあるポーズで再現してみました。
可愛らしさを持ちながらもキリッと格好良い表情なのでとても良いです。
やっぱり、戦闘キャラはこういう表情だよなって今更ながらに思ってます。
私は笑顔の方が好きですが…

nenfait1-13.jpg
nenfait1-14.jpg
nenfait1-15.jpg
nenfait1-16.jpg

色々な方向から撮ってみました。
基本的に空中戦の多いアニメなのでこんな風に宙に浮いた感じもちゃんと再現出来るのは良いですね。
ねんどろは支柱が本体に繋げ辛い部分はありますが、ちゃんと嵌れば支柱はしっかりしてるのでこのまま、飾るのもありかもしれません。

nenfait1-17.jpg

台座を写真に入れるともっと浮遊感が出て良い感じに!

nenfait1-18.jpg

ちなみに台座は円形でフェイトの魔法陣が印刷されています。
アルまどのようなシートの魔法陣も見応えがあって良いですが、台座に直接っていうのが個人的に気に入ってます。

nenfait1-19.jpg
nenfait1-20.jpg

台座に下ろして見ても中々決まってるポーズかも…
表情が格好良くてどんなポーズでも戦闘中のように再現できそうです。

nenfait1-21.jpg
nenfait1-22.jpg
nenfait1-23.jpg

3つ目の表情は詠唱中の表情…
小さく微笑んでて穏やかな表情が良いと思います。
使いどころが難しいですが;

nenfait1-24.jpg

ということでねんどろフェイト ブレイズフォームVer.でした!

キューポッシュ 美樹さやか

2014年 02月22日 01:12 (土)

kyusayaka01.jpg

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ
[前編]始まりの物語 [後編]永遠の物語
キューポッシュ 美樹さやか
コトブキヤ製 NONスケール
価格:3,990円(税込) 全高:約11.0cm
原型制作:KEI TANAKA氏
2013年01年発売

「あるんだよ!奇跡も魔法もあるんだよ!」
まどかの親友、正義感の強い明るい魔法少女・さやかがキューポッシュで登場です。

実はこのフィギュアを見てまどマギに興味を持った程、惹かれたフィギュアでした。
とても可愛くて格好良くて見た目や色合いが凄く好みです。
コトブキヤからの発売だけあって延期も無く予定通り出たさやかちゃんですが、腰に隙間が出来る不具合があってコトブキヤに交換して貰いました。
コトブキヤは延期しないので不具合に当たる確率も高い気がします。
でも、そこまで酷くないのでこのメーカーは十分凄いです。
延期が普通のアルターですら、不具合のあるフィギュアが出る時代ですからね。
それは兎も角、レビューを始めたいと思います。

kyusayaka02.jpg
kyusayaka03.jpg
kyusayaka04.jpg
kyusayaka05.jpg
kyusayaka06.jpg

とても可愛らしく良く出来てます。
キューポッシュはその等身でねんどろに比べると可愛らしさには欠ける印象がありますが、個人的にさやかに関してはこちらの方が可愛い気がしました。
笑顔の顔の表現が凄く良かった感じがします。
本編のさやかと比べたら可愛すぎる感じがするので好みの問題かもしれません。
原作に似てると言えば痛みを我慢する表情のあるねんどろの方が表現力はありますからね。

kyusayaka07.jpg
kyusayaka08.jpg
kyusayaka09.jpg

さやかを見ていて思いますが、キューポッシュはキャラデザインを担当しているうめさんの絵を上手く表現してるのではないかと感じました。
アニメよりもそれに近い印象があります。
何処から見ても可愛らしい笑顔ですね。
個人的にこの笑顔がまどかにも欲しかったです。

kyusayaka10.jpg
kyusayaka11.jpg
kyusayaka12.jpg

有名な腕を広げたポーズを再現してみました。
キューポッシュの凄いところは箱に入ってる状態でもポーズを取っていることです。
さやかの場合はこのポーズでした。
その分、箱に戻すときはそのポーズに戻さなければいけないのでそれが不便ですが、箱の中でも見応えがあるのは良いことですね。

kyusayaka13.jpg
kyusayaka14.jpg

テヘヘ顔です。
やっちゃった!テヘペロって感じでしょうか。
マミさんもそうでしたが、デコマスと顔がちょっと違う感じがしますね。
デコマスではこの表情は可愛くて良い感じなんですが、実際につけてみると目が離れ過ぎてるのかちょっと違和感が…

kyusayaka15.jpg
kyusayaka16.jpg
kyusayaka17.jpg

剣はマミさんのマスケット銃と同様に4本あり、台座に突き刺すことが可能です。
後ろに突き刺すと見え辛いかなぁと思ったんですが、意外とちゃんと見えてて良いですね。
ねんどろは剣が6つあったのでキューポッシュも6つつけてくれれば地面に4本突き刺した状態で剣を持つという表現も可能だったのになと思うとちょっと残念です。

kyusayaka18.jpg

この怒り顔、デコマス写真では凄みが無くて緩い感じがしたんですが、実際に付け替えてみると可愛い中に格好良さもあって上手く表現出来てると思います。
笑顔よりも気に入ってしまいました。

kyusayaka19.jpg

剣を投げる様子を表現したいなと思って頑張ってみましたが、それに見えない気もしないでもない…
剣で切るよりも地面に突き刺した剣を投げるイメージの方が強いのでそれを表現出来る方が良かったですね。
使用者の表現力の問題はあるかもしれませんが…
それとこの剣は手の隙間に無理矢理押し込んで持たせるので剣が緩くて落ちることも多いです。
それもちょっと表現を狭めてる感じがします。

kyusayaka20.jpg
kyusayaka21.jpg
kyusayaka22.jpg

前の手に剣を持たせてみました。
意外と良い感じでこのポーズにハマってしまった自分が居ます←
さやかは色々動かすと楽しいです。

kyusayaka23.jpg
kyusayaka24.jpg

……お分かり頂けたでしょうか?
前髪パーツを髪飾り無しに変えてみましたが、やっぱり、余り変わりませんね。
個人的にこのパーツは付属しなくても良かったんじゃって思ってしまいました。

kyusayaka25.jpg
kyusayaka26.jpg

ということでキューポッシュさやかでした!

アルター エステリーゼ・シデス・ヒュラッセイン

2014年 02月10日 02:37 (月)

esuteru34.jpg

テイルズ オブ ヴェスペリア
エステリーゼ・シデス・シュラッセイン
アルター製 1/8スケール(全高約20cm)
ミニフィギュア(全高約5.5cm)
価格:8,400円(税抜) 2014年02月06日発売
原型制作:てるゆき氏 ミニフィギュア:雨宮 英夫氏

去年の5月に予約し、9月発売予定から延期に延期を繰り返して2月に発売しました可愛らしいピンク髪のお姫様・エステルです。
5ヶ月延期はアルターの中でも長い方ですね。大体、3ヶ月前後で発売する印象がありますので…
アルターは延期が普通なんですが、本当にもうちょっと発売予定日に余裕を持てば良いのになってつくづく思います。
まぁ良いものを出してくれるので購入者としては幾ら延期しても気にはなりませんけどね。

ということで素敵なお姫様のレビューを始めさせて頂きます。

esuteru01.jpg
esuteru02.jpg
esuteru03.jpg
esuteru04.jpg
esuteru05.jpg
esuteru06.jpg
esuteru07.jpg

何処から見ても素晴らしいクオリティで流石、アルターだと思います。
本当にアルターは流石って何度も言いたくなるメーカーですよね。
特にこのテイルズシリーズは全体的に良く出来てる上に大きさも丁度良いのでテイルズファンとしてつい集めたくなります。

esuteru09.jpg
esuteru10.jpg
esuteru11.jpg

購入者の間で問題になっていた顔の造形ですが、確かに可愛らしく見える角度に制限がある気がしますね。
フィギュアは元々2次元からの立体化なのでどうしても、良く見える角度に制限があるのは仕方ないことかなとは思いますが、その難題を上手くごまかすのもメーカーの腕の見せ所かなとは思います。
難しいですが、私個人としては全く悪くないです。
可愛らしいエステルが上手く表現されてると思います。

esuteru12.jpg
esuteru13.jpg
esuteru16.jpg
esuteru17.jpg

衣装も塗装のはみ出しなどが全く無く綺麗な仕上がりになっています。
ふっくらとしたスカートがエステルの動きでちゃんと靡いている表現も動きがあって良いですね。
台座も普通のプラスチックでは無くちゃんと地面を表現しているのが素晴らしいです。

esuteru14.jpg
esuteru15.jpg

エステルの盾…デザインは藤島氏のシンプルなものですが、自然な仕上がりで見事です。
裏面も手抜きしているところが見当たらず、良く出来てます。

esuteru18.jpg

エステルの武器です。
ゲームでは武器を付け替えると見た目も変わるのでこの武器を装備した姿は滅多に見られませんし、杖よりもレイピアを使った戦い方してるんですよね、この子…
杖で突かれても痛そうとか思ったり(笑)

esuteru19.jpg

飾りのブラスティアもちゃんと表現されています。
本当に素晴らしいクオリティです。

esuteru20.jpg

盾を持たせない手のパーツも付属しています。
個人的にこれの方が乙女感が出て可愛いなと思ってしまいました。
手の上げ方が凄く乙女ですよね、きゃぴきゃぴしてます。
それでも自然に見えるからエステルは可愛いです。

esuteru21.jpg
esuteru22.jpg

楽しく踊ってるようにも見えます。
OPの花畑シーンを思い浮かべてしまいますね。

esuteru23.jpg

盾が無くなると結構、良い感じに顔が撮れることに気付きました。
髪が短いのでアルターらしい繊細な髪の造形は余り見られませんが、それでも髪の表現は良く出来てると思います。

esuteru24.jpg

前髪と後ろ髪の接続部がちょっと気になりますね。

esuteru25.jpg

これが一番の衝撃…
アルターは検品がとても厳しくこんな塗装剥がれのあるフィギュアが世に出回る筈が無いと思っていたのですが、それが手元に届くとは…
本当に運が悪かったと思います。
アルターに問い合わせをしてるので交換して貰えるとは思いますが、本当に残念です。

esuteru26.jpg

手に入れたら絶対にやりたかったユリエス!
横に並べても違和感が無いポーズで良かったです。
この組み合わせが凄く好き!

esuteru27.jpg
esuteru28.jpg

ということで色々撮ってみました。
どの角度から見ても違和感無くて良いですね。

esuteru29.jpg
esuteru30.jpg
esuteru31.jpg
esuteru32.jpg
esuteru33.jpg

付属のミニフィギュアはこんな感じです。
個人的に盾と杖持ってて欲しかったなと思いましたが、パーツが小さくなったら取り扱いが面倒なのである程度は満足してます。

esuteru34.jpg

ということでアルター製のエステルでした!
ずっと楽しみにしていたフィギュアだったので手元に届いて良かったです。

ねんどろいど 暁美ほむら 制服Ver.

2014年 02月09日 04:00 (日)

nenhomu2-41.jpg

魔法少女まどか☆マギカ
ねんどろいど
暁美ほむら 制服Ver.
グッドスマイルカンパニー製
価格:3,500円(税込)
2012年02月ワンフェス限定販売品
原型制作:鵜殿一佳氏

制服マミさんのワンフェスでの販売が決定したことを受けて制服シリーズを集めようと決め、プレ値だった制服ほむらを買いました。
ねんどろはプレ値でも手が届かない価格にはならないのでつい買ってしまいます。
まどかと比べ物にならない程、多彩な付属品が素晴らしく、扱いが大変でしたが、色々な姿が楽しめて素晴らしいです。

nenhomu2-01.jpg
nenhomu2-02.jpg
nenhomu2-03.jpg
nenhomu2-04.jpg
nenhomu2-05.jpg
nenhomu2-06.jpg
nenhomu2-07.jpg
nenhomu2-08.jpg

普通のポーズだと魔法少女ほむらと余り変わりませんが、まどか同様に髪の色合いは少し茶色気味になっています。
それが魔法少女姿と通常姿の微妙な違いのようです。

nenhomu2-09.jpg

つんとした表情が格好良いほむらちゃん!
とても凛々しいです。

nenhomu2-10.jpg

そして、勿論、三つ編みメガネほむらのパーツもちゃんとあります。
ほむらは本当にこれが欠かせないのでパーツは本当に増えますよね。
それでもこの価格に抑えていたねんどろは凄いです。

nenhomu2-11.jpg
nenhomu2-12.jpg
nenhomu2-13.jpg
nenhomu2-14.jpg
nenhomu2-15.jpg

劇中にあったへたり込むメガネほむら!
それを再現する為に下半身、ゴルフクラブ、両腕、髪の毛の先と多数のパーツを付属しています。
本当にこのポーズでしか使えないようなパーツも多いので凄くこのポーズにこだわってるんだなってことが分かります。
個人的には表情をもっと疲れた感じにして欲しかったなと思いました。

nenhomu2-16.jpg

勿論、ゴルフクラブは持たせることが可能です。
ドラム缶もあればよかったのにと思いましたが、流石にここまでパーツが多いと難しいんでしょうね。

nenhomu2-17.jpg

魔法少女ほむらにはついてなかった笑顔パーツがこの制服ほむらにはついています。
これは凄く良いことかと!
殆ど笑わないほむらですが、こうしてまどかと一緒に並べるとらしさが出ます。
凄く癒される!

nenhomu2-18.jpg
nenhomu2-19.jpg
nenhomu2-20.jpg

凄く良い感じがしたので沢山撮ってしまいました!
手繋ぎパーツがないのであれですが、それでもこうしてると手を繋いでる感じがして良いですね。

nenhomu2-21.jpg

勿論、メガネの無いバージョンでも笑顔をつけることは可能です。
ちょっとクールさが出ますが、この笑顔も良いですね。
それにしても、何故まどかの方が顔が大きく見えるのだろうか。
明るい色合いが膨張して見えるのか…

nenhomu2-22.jpg
nenhomu2-23.jpg
nenhomu2-24.jpg
nenhomu2-25.jpg

制服ほむらで初めての付属となったリボンほむらです!
これがメインの付属品という感じがします。
まどかに貰ったリボンをつけたほむらはまた違った雰囲気があります。
リボンの立体感も素晴らしく前髪だけなんですが、それでも見応えがあります。

nenhomu2-26.jpg

リボンほむらの武器の弓も付属しています!
ただ勿論、魔法少女衣装は付属していないので魔法少女ほむらのねんどろを持ってないと意味のないパーツになります。
その為に持って無かった魔法少女ほむらを買ったという事実…
ちなみにリボン前髪パーツは魔法少女Verの髪には合わなかったので制服Verの髪を使っています。
前と後ろの髪の色合いに違和感を感じるんですが、何故互換性をちゃんと持たせなかったのか謎です。

nenhomu2-27.jpg
nenhomu2-28.jpg

弓を引くほむらが格好良い!
ちなみに右手に矢を差すようになっていてある程度、動かすことが可能です。

nenhomu2-29.jpg

最後に登場した翼も付属しています!
ただ正面からだと余り見えないんですよね。
ねんどろの宿命かもしれません。

nenhomu2-30.jpg
nenhomu2-31.jpg
nenhomu2-32.jpg
nenhomu2-33.jpg

翼にはプリントも施されていてとても綺麗に仕上がっています。
写真の通り、支柱に取り付ける仕様になっているのですが、髪が干渉するので取り付けも結構大変です。
良い仕様なんですが、扱いは難しいですね。

nenhomu2-34.jpg
nenhomu2-35.jpg
nenhomu2-36.jpg
nenhomu2-37.jpg

これが翼としては自然かも…
デコマス写真では内側になってる感じがしたのですが、これだと髪の干渉も少ないのでこれが正解かもしれません。

nenhomu2-38.jpg
nenhomu2-39.jpg
nenhomu2-40.jpg

支柱がしっかりしているので少しばかりなら浮かすことも可能です。
これもまた見応えがあって良いですね。

nenhomu2-41.jpg

ということで制服ほむらでした!

ねんどろいど 暁美ほむら

2014年 02月08日 03:46 (土)

nenhomu1-25.jpg

魔法少女まどか☆マギカ
ねんどろいど 暁美ほむら
グッドスマイルカンパニー製
価格:3,500円 2011年11月発売
原型制作:鵜殿一佳氏

制服ほむらを購入した後に魔法少女姿の付属品があるということで購入しました。
武器が銃、バズーカ、爆弾と3種類、メガネ三つ編みも再現出来るパーツがあったりととても多彩です。
そこが魅力で購入致しましたが、やはり、古いフィギュアということでパーツもぽろぽろ落ちるし、ほむらの場合は髪が長いのでそれが干渉して上手く顔を向けられなかったりと扱いは難しいです。
それは難点ですが、見応えは安定のねんどろなので素晴らしいです。

nenhomu1-01.jpg
nenhomu1-02.jpg
nenhomu1-03.jpg
nenhomu1-04.jpg
nenhomu1-05.jpg
nenhomu1-06.jpg
nenhomu1-07.jpg
nenhomu1-08.jpg

最初は飾っていたポーズで!
バズーカを持ったほむら、格好良いです。
ほむらは凄く現実的な武器を使うのでそんなところに魅力を感じてしまいますね。
バズーカを持たせる為の腕のパーツもあって良いですが、結構、腕のぽろりが多いので扱いには注意が必要です。
昔のフィギュアということもあって緩くなってる部分もありますしね。

nenhomu1-09.jpg
nenhomu1-10.jpg

表情に口を開いたものが無いのでちょっと力強さに欠けている印象を受けました。
それと髪の干渉で首が上手く動かせないのが辛いですね。
それは髪の長いキャラの宿命ですが;
後、足の可動も少し難しく感じました。
足を開かせるって難しいですね。

nenhomu1-11.jpg

銃を構えるほむら!格好良いです!

nenhomu1-12.jpg
nenhomu1-13.jpg

銃を構えるポーズは横から見た方がやっぱり、格好良いですね。
正面からで格好良く見せるように撮りたかったですが、中々難しいです。

nenhomu1-14.jpg
nenhomu1-15.jpg
nenhomu1-16.jpg

先程までは怒り顔でしたが、通常顔もあります。
無表情キャラなので余り代わり映えしないかもしれませんが、個人的には上手く表現されてるなと感じました。
それと盾のパーツも勿論あります。
盾についた輪に腕を通すという結構、安易な仕様でした。
盾がポロリしやすいのがちょっと残念ですが、小さいので仕方ない部分はありますね。

nenhomu1-17.jpg
nenhomu1-18.jpg
nenhomu1-19.jpg
nenhomu1-20.jpg
nenhomu1-21.jpg

三つ編みメガネほむらです。
雰囲気の違いがまた良いですね。
手作りの爆弾とメガネっていうのが凄く似合う気がします。

nenhomu1-22.jpg

メガネは取り外し可能です。
この表情でのメガネ無しというのもまた可愛らしくて良いですね。

nenhomu1-23.jpg

互換性があるので三つ編みでツンとした表情をつけることも可能です。
違和感が(笑)

nenhomu1-24.jpg
nenhomu1-25.jpg

ということでねんどろ魔法少女ほむらでした。

ねんどろいど 鹿目まどか 制服Ver.

2014年 02月08日 00:16 (土)

nenseimado07.jpg

魔法少女まどか☆マギカ
ねんどろいど 鹿目まどか 制服Ver.
グッドスマイルカンパニー製 価格:3,500円
2011年07月ワンフェス限定販売
原型制作:高野明史氏
ノンスケールフィギュア(全高:10.0cm)

ワンフェス限定で販売されたフィギュアですが、安く売られていたので購入致しました。
服以外は魔法少女姿と変わらないと思っていましたが、髪の色が微妙に色褪せた雰囲気になっていたりとちょっとした違いがあってこだわりを感じます。

nenseimado01.jpg
nenseimado02.jpg
nenseimado03.jpg
nenseimado04.jpg
nenseimado05.jpg
nenseimado06.jpg

全体はこんな感じです。
魔法少女姿では太いリボンをつけていますが、制服姿ではママに選んで貰った細いリボンをつけています。
最後にほむらに渡すリボンなのでファンとしては普通の飾りでは無く思い入れが深いですね。

nenseimado07.jpg
nenseimado08.jpg

キュゥべぇを抱っこする為の腕パーツですが、右手にキュゥべぇがついており、左手は二の腕だけで腕がちゃんとなかったりします。
最初はそれにびっくりしましたが、ちゃんと組み立ててみると違和感が無いので良く出来てるなと感じました。
ちなみに良く見るとちゃんとキュゥべぇの前足もまどかの腕にちょこんと乗ってて可愛いです。

nenseimado09.jpg

キュゥべぇは単体で立たせることも可能です。
ただ顔は同じパーツで付け替える仕様なのでまどかに抱っこさせた状態で別のキュゥべぇを横に飾ることは無理なようです。
ただ立たせた状態のキュゥべぇには支柱が無いので上手く立たせるのはちょっと難しいです。
片足あげてますし、ちょっと前のめりになります。

nenseimado10.jpg
nenseimado11.jpg

制服なのでしっかりと学生鞄がついています。
今では珍しく感じる手提げ鞄、アニメではこれが多いですが、教科書多いのでどうやって入れてるんだろとか思ったり…

nenseimado12.jpg

表情パーツの困り顔です。
このまどかはTVアニメの再現を重視しているようで暗い表情が多く感じました。
この表情もTVアニメでは良く見られた表情ですね、

nenseimado13.jpg

ほむら「鹿目まどか、貴方はこの世界が尊いと思う?家族や友達のことを大切にしてる?」
まどか「えっ;」

基本的にほむらの言葉で困惑してた気がする。
10話を知ってれば全ての言葉の意味が分かるけど、知らなかったら全く分からない言葉ばかりでしたからね。
最初は本当に何を言ってるのが分からなかった(笑)

nenseimado14.jpg

「酷いよ。こんなのあんまりだよ!」
劇中では基本的に泣いていたまどか、それを再現したこの表情があるのは凄いと思います。
目を閉じているんですが、全く違和感が無く、悲しみに無く姿が上手く再現されています。
違和感を感じさせない表現に関してはねんどろは素晴らしいです。

nenseimado15.jpg
nenseimado16.jpg
nenseimado17.jpg

色々な角度から撮ってみても中々見応えがあります。
思わず守ってあげたくなるそんな表情ですね。
まどかはどんな表情でも可愛い!

nenseimado18.jpg

「何で高が一個体の行き死にでそんなに大騒ぎするんだい?訳が分からないよ」
まどかが泣く原因の殆どがこいつ!
表情が変わらないのがまた憎たらしいですが、その憎たらしさが好き!
見た目が可愛いのに本質は可愛げがないというギャップが素晴らしい!

nenseimado19.jpg
nenseimado20.jpg

でも、やはり、笑顔が可愛いですね。
このポーズがまどからしくて癒される!

nenseimado21.jpg
nenseimado22.jpg

ということでねんどろ制服まどかでした!

ねんどろいど 鹿目まどか 舞妓Ver.

2014年 02月04日 01:46 (火)

nenMmado24.jpg

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ
ねんどろいど
鹿目まどか 舞妓Ver.
グッドスマイルカンパニー
価格:3,800円(税込) 2013年07月発売
原型制作:加藤学氏、kiking氏

イベント、グッスマオンラインのみで販売されたねんどろ舞妓まどかです。
スケールも素晴らしいですが、ねんどろも小さいなりに良く出来ていてとても可愛らしいです。
ねんどろらしいもちっとした顔の造形と衣装が良くあってて惚れ惚れしました。
着物のねんどろは可動に制限があるので大変ではありますが、見応えは素晴らしいです。

nenMmado01.jpg
nenMmado02.jpg
nenMmado03.jpg
nenMmado04.jpg
nenMmado05.jpg
nenMmado06.jpg
nenMmado07.jpg

頭が大きいので傘を後ろに回すのに破壊しないか不安になるんですが、柔らかめの棒なのでちょっと歪んでしまっても修正は出来るみたいです。
曲げない方が良いですけどね;
傘が大きめで後ろから見ると傘しか見えませんが、傘の中もスケール同様に良く出来ています。
後、髪飾りは髪についていて取れないのでその部分も破壊に注意が必要ですね。
顔の付け替えが固くて大変でしたが、それは冬の寒さのせいかもしれないので固かったらドライヤーは欠かせませんね。

nenMmado08.jpg
nenMmado09.jpg

傘は閉じたものも付属しています。
使えるところが多い訳ではないですが、やろうと思えば良く子供の頃にやった傘のチャンバラ的なことも出来るかもしれません(笑)

nenMmado10.jpg

後ろはこんな感じです。
真っ直ぐの腕パーツは2つに分かれていて余り可動が多い訳ではありませんが、腕の開き具合も調節出来そうです。

nenMmado11.jpg
nenMmado12.jpg
nenMmado13.jpg

何よりも注目はお座りパーツがあること!
手に持ってるのは劇団イヌカレーさんのお土産の箱です。
このねんどろに似合うとは思えない不気味なパッケージですが、それがまどマギらしさだなとも思いました。
これを見せてるまどかの顔が…可愛い!

nenMmado14.jpg
nenMmado15.jpg
nenMmado16.jpg

お辞儀のポーズが出来ます。
お上品さが舞妓さんらしいですね。
お座りパーツの腰は可動出来るので少しばかり上半身を倒すことが可能です。
このポーズを再現する為の仕様ですが、凄く凝ってますね。

nenMmado17.jpg

上半身をむっくり起こすとこんな感じ!
結構、動くので感動しました。

nenMmado18.jpg

お座りポーズはこの撮影で初めてしたのですが、予想以上に可愛いですね。
この顔は微妙に上目遣いなのでちょっと俯かせると可愛いかもです。

nenMmado19.jpg

座っても番傘が持てたことにまた感動しました。
このねんどろは番傘とお座りポーズが魅力な気がするのでこのポーズで飾ることに決定です。
座ってると支柱無しでも倒れませんし、これで座布団があると良いかなと思ってしまいました。

nenMmado20.jpg
nenMmado21.jpg
nenMmado22.jpg
nenMmado23.jpg
nenMmado24.jpg

穴ぼこ台座を使わないのも寂しいので一応乗せてあげました。
とても可愛らしい舞妓まどか素晴らしいです。
これはスケール同様にシリーズ化して欲しいですね。

アニプレックス 鹿目まどか 舞妓Ver.

2014年 02月02日 03:18 (日)

Mmadoka26.jpg

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ
鹿目まどか 舞妓Ver.
アニプレックス(グッドスマイルカンパニー)製
1/8スケール(全高約22.5cm)
価格:9,800円(税込) 2013年9月発売
原型制作:宮嶋克佳氏

京まふとアニプレックス通販限定で販売された舞妓衣装のまどかです。
アニプレでは2次出荷まで行われたのですが、フィギュアの出来が素晴らしかったお陰か、販売後はプレ値をキープし、ほぼ2倍に近い価格で取引されています。
これこそ正に芸術品といった感じで細部まで美しく、素晴らしいクオリティです。

Mmadoka01.jpg
Mmadoka02.jpg
Mmadoka03.jpg
Mmadoka04.jpg
Mmadoka05.jpg
Mmadoka06.jpg
Mmadoka07.jpg

傘を持つスケールフィギュアは初めてだったのでここまで撮影が難しいとは思わずにびっくりしました。
傘やまどかの後ろにどうしても影が出てしまいますね。
デコマスを撮影されるプロのカメラマンの技術に感動します。

Mmadoka08.jpg
Mmadoka09.jpg
Mmadoka10.jpg

絵のまどかがそのまま立体化したようなお顔がとても可愛らしく良く出来ています。
実はデコマスを見た時に白目を剥いていてちょっと怖い顔に見えたので購入を渋っていた部分がありました。
しかしながら、実際に実物を見てみるとそこまで違和感がある訳でも無く、自然に仕上がっています。
これの元絵の方が白目が多めかもしれません。

横から見ると髪飾りで顔が隠れてしまう部分があるんですが、良く見るとその髪飾りも交差していてその細かさと塗装の違和感の無さに感動します。
細かいところを見れば見る程、素晴らしいフィギュアです。

Mmadoka11.jpg
Mmadoka13.jpg
Mmadoka12.jpg
Mmadoka14.jpg
Mmadoka15.jpg
Mmadoka16.jpg

着物は固い素材で作られているのにも関わらずに布のように見える自然な皺と塗装でどこから見ても見応えがあります。
まどかの指先も綺麗に作りこまれていますね。
色むらという言葉とは全く無縁の仕上がりで文句のつけどころがありません。

Mmadoka17.jpg
Mmadoka18.jpg

傘を外して後ろも撮影しました。
傘に隠れてしまう部分が多いですが、それでも全く手抜きが感じられません。

Mmadoka19.jpg

ちなみに台座は紅葉を散らしたようなプリントがされており、本体と良く合います。
発売月も9月だったのでそれに合わせた感じでしょうか。
台座自体が余り大きくないので場所を取りませんし、すっきり飾れるところも高ポイントです。

Mmadoka20.jpg

傘を取ると頭の色合いがくっきりと見える感じがしますね。
傘が無くてもそこまで違和感があるポーズでは無いのでこれもまた良いなと感じました。

Mmadoka21.jpg
Mmadoka22.jpg

番傘らしい細かい骨組みもしっかり再現されています。
棒は別パーツで差し込んで組み立てる仕様になっています。

Mmadoka23.jpg
Mmadoka24.jpg
Mmadoka25.jpg
Mmadoka26.jpg

元絵があるだけあってやはり、正面が一番見栄えがいいですね。
それでも平面感がある訳でも無く、この立体感、感服致します。

ということで舞妓まどかでした。
アニプレックスからは暁着ほむらと時間遡行ほむらが出るらしいのでそれも楽しみです。

フリーイング 高町なのはFortress

2014年 02月01日 05:21 (土)

Fnanoha01.jpg

魔法戦記リリカルなのはForce
高町なのは CW-AEC00X Fortress & CW-AEC02X Strike Cannon
FREEing製 1/8スケール(全高約28cm)
2013年5月発売 原型制作:梓零氏
価格:18,800円(税込)

予約開始時から欲しいなと思っていたフィギュアだったのですが、値段が高くメーカーにも不安があった為に見送り、様子を伺っていたのですが、値段のことや評価もあり、Amazonで投売りされ7000円台になった時に購入しました。
5000円台まで最後には下がったみたいですね。
今はAmazonが売り切れたので8000円台が普通になってます。
ただAmazonの評価で言われる程、このフィギュアは悪く無いです。
逆に届いて組み立てて見たらそのボリュームと出来に感動しました。
定価は流石に高いですが、万超えぐらいは出せるクオリティだと感じました。
まぁ好みの問題かもしれませんけどね。
ということでご紹介させて頂きます!

Fnanoha02.jpg

パーツが多すぎると撮り辛いので回りの細かい盾やレイジングハートは外して撮影致しました。
ちなみに左手に持っている細長い武器はストライクカノン、盾がフォートレスという名前の武器です。
漫画のみの展開作品ですが、平面になることも無くこの立体感、フリーイングを賞賛したいです。
武器は全てプラパーツで無塗装であることが評価でも欠点に上げられていましたが、私は安っぽいとは感じませんでした。
プラスチック製だからこそ、軽いですし、ちょっと強度の問題はありますが、ボンドでの修復は普通のフィギュア素材よりも楽なので壊れても何とかなりますし、良いと思います。
組み立ては大変でしたが、最初だけですね。
扱いに慣れればねんどろなどよりは楽に感じました。

Fnanoha03.jpg
Fnanoha04.jpg
Fnanoha05.jpg
Fnanoha06.jpg
Fnanoha07.jpg
Fnanoha08.jpg
Fnanoha09.jpg
Fnanoha10.jpg

盾が平べったいこともあって見る角度に寄ってはほっそりとした感じはしますね。
一番大きな盾の装備をつけていますが、横幅がちょっと広いだけで全高は30cmにはならない程度でとても丁度良いサイズだと思います。
ボリュームがとてもあるのに場所を取らないフィギュアというのは素晴らしいです。

Fnanoha11.jpg
Fnanoha12.jpg
Fnanoha13.jpg

お顔はアイプリが大きめでとても可愛らしいです。
設定では25歳なのですが、確かに顔だけを見れば幼女に見えてしまいます。
ただ完全に好みの問題だとは思いますが、アイプリの大きさもそこまで不自然でも無く、幼さのある顔が可愛らしくて凄く良いので私は気に入りました。
このフィギュアについては何から何まで私の好みにクリーンヒットでした。

Fnanoha14.jpg

装備のボリュームが強すぎて気付かないですが、体のラインはとても女性らしく、お胸もちゃんと造形されております。
スカートの塗装ははみ出しもなく、綺麗です。
なのはは一番くじばかり見ているので特に市販フィギュアの状態の良さを身に染みて感じます。

Fnanoha15.jpg
Fnanoha16.jpg
Fnanoha17.jpg

ストライクカノンのメカメカしさが凄く格好良いです。
先がちょっと開いているのはパーツを入れて開かせています。
閉じることも可能なのですが、展開してた方が良い気がしたので全展開で飾っています。
ストライクカノンは腕のダボ2つに差して固定します。
取っては左手に差し込むんですが、一度破壊してしまって動揺しました。
直に修復出来ましたが…

Fnanoha18.jpg
Fnanoha19.jpg
Fnanoha20.jpg
Fnanoha22.jpg
Fnanoha21.jpg

こっちが本体じゃない?っていう程のボリュームがある大型盾は撮影するとなのはが隠れてしまう程の巨大さです。
それでいて細かい所まで良く出来ており、凄く格好良いです。
ちなみにこれも展開状態で先から出てる銀色のものは別パーツで差し込んで止めています。

Fnanoha24.jpg
Fnanoha25.jpg

武器にばかり目が行きがちですが、鎧とおぼしき装備も重厚感があっていいと思います。
メカと美女の組み合わせが始めて良いと思ったフィギュアなので感動的しました。

Fnanoha23.jpg
Fnanoha26.jpg

スカートの造形は素晴らしいです。
後ろから見るとパンツが見えやすいのは美少女フィギュアの恒例ですね。
ちなみに台座は白い円盤で文字も無いのが寂しいです。
それがフリーイングの恒例らしいですけどね。

Fnanoha27.jpg
Fnanoha28.jpg
Fnanoha29.jpg

中型盾を装備してみました。
そこまで変わらないかなって思いましたが、意外とフィットしている感じがしてこれも良いなと思いました。
大型盾のボリュームも素晴らしいですが、これは自然で丁度良い大きさですね。
置き場所に限りがある人はこういう盾を使って飾ってみるのもまた良いと思います。
それが出来る仕様に親切心を感じました。

Fnanoha30.jpg
Fnanoha31.jpg
Fnanoha32.jpg

小型盾、流石にここまで小さいと前からでは認識できませんね。
大分すっきりした感じがしますが、違和感が無いのもまた良いですね。
ちなみにこちらには大型や中型とは違う腕パーツを使っています。
ちょっと角度が変わるだけでそこまで変わりませんが、この腕パーツが使えるのはどうやら小型の時だけみたいです。
後、盾を持たない腕もちゃんとあるのでそれを再現する時に使うのかもしれません。
ちなみに一番下の写真のようにナイフらしきものを引き出すことも可能です。

Fnanoha33.jpg
Fnanoha34.jpg

これは大型や中型を装備させた時と同じ腕パーツを使ったもの…
余り違いが分かりませんね。
2種類も腕パーツはいらなかったんじゃないかと思いました。

Fnanoha35.jpg
Fnanoha36.jpg

彼女のデバイス、レイジングハート!
完全自立型になっていてこのままで飛行、攻撃が可能です。
こういうところを見ると進化してるなぁって実感します。

Fnanoha37.jpg
Fnanoha38.jpg

盾は全てアームで台座に取り付け可能です。
アームが自在に動くので自由度は高めになっております。
全部取り付けたらボリュームと見応えは中々のものです。

Fnanoha39.jpg
Fnanoha40.jpg
Fnanoha41.jpg
Fnanoha42.jpg
Fnanoha43.jpg
Fnanoha44.jpg

ということでフリーイング製、高町なのはさんでした!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。