08月 « 2013年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルター セイバー ドレスコード

2013年 09月16日 21:44 (月)

seiba2-01.jpg

Fate/stay night
セイバー ドレスコード
アルター 1/7スケール(全高約27cm)
原型製作:橋本 涼氏 価格:9660円
発売時期:2013/09/11

TYPE-MOON10周年を記念して描かれたイラストを元にフィギュア化されたドレス姿のセイバー登場です。
セイバーは多数フィギュア化されていますが、この衣装のものは殆ど無くて珍しい部類に入るのではないでしょうか。
この衣装では一番くじの剣を持ったセイバーが居ますが、それと比べると笑顔が可愛らしく、良い意味でセイバーらしくないフィギュアとなってます。
その分、セイバーファンでも好みが分かれそうなフィギュアです。

ちなみに公式では全高27cmとなっていましたが、台座を合わせると全高は28cm程度ありました。
アルターらしい大き目の造形です。
台座とアホ毛の分を引いてこのフィギュアのセイバーの高さを26cm程度だとしてスケール分の7を掛けると182cmになり、セイバーは女性の中でも小柄な設定なのに大き目の男性ぐらいの身長があることになります。
ちなみに6を掛けると156cm…これ、明らかに1/6スケールですよね。表記間違いな気がして仕方が無いです。

それを考えるとスケール設定の適当さに恐怖を覚えてしまいますね;
本体がこの巨大さなので届いた箱も縦にとても大きいです。
今から購入される方は飾れる環境のことを考えて決めた方が宜しいかと…
大きいことは良いことなんですが、我が家は1/8スケールのフィギュアが多くて飾ると彼女だけ目立ってしまい、その部分が悩み所です。

seiba2-02.jpgseiba2-03.jpg
seiba2-04.jpgseiba2-05.jpg
seiba2-06.jpgseiba2-07.jpg

大きいのですが、ポーズは自然な立ち姿である為、全体的に細長い見た目になります。
横に場所を取らないのは飾る側からすれば幸いです。
ただ写真で撮る時も全体を写そうと思えば細長い写真になってしまうので撮影がちょっと難しいフィギュアかもしれません。
ですが、後ろから見るとリボンの広がりが素晴らしくその立体感はアルター製らしいとても栄える作りをしています。
正面からだとスカートの広がりに隠れて良くは見えませんけどね;

seiba2-08.jpgseiba2-09.jpg
seiba2-10.jpgseiba2-11.jpg
seiba2-12.jpg

注目のお顔はどの角度から見てもとても可愛いです。
セイバーは女性キャラでも剣を持って戦う凛々しい印象があり、数あるフィギュアもキリッと格好良い表情のものが多く出ていますが、このフィギュアは珍しくこれでもかという程の笑顔です。
頬に書かれた二本の斜線も照れている感じでとても可愛らしく笑顔好きには堪りません。

seiba2-13.jpg
seiba2-14.jpg
seiba2-15.jpg
seiba2-23.jpg

お胸の造形は予想以上の立体感!
デコマスで全体を見た時には気付きませんでしたが、良く見ると大分強調されてます。
ただ全体を見ると自然で違和感が無いので良く出来ているなと感じました。
鎖骨から谷間に掛けてのラインがとても美しいです。
後、横乳の造形もヤバイ!

seiba2-16.jpg
seiba2-17.jpg
seiba2-18.jpg

パール塗装が施された白と金属的なメタリックの風合いのある青のラインの組合せが絶妙なドレスは文句なしの出来で素晴らしいです。
デコマス時からこの部分には期待してましたが、その期待を裏切らない仕上がりで流石、アルターだと思います。
特にどちらも光沢があるにも関わらず、リボンなどの青には金属的な質感があって明らかに白のドレスの光沢とは異なり、そのコントラストがとても素晴らしいと感じました。

ただドレスの白い部分には影になる場所に薄いピンク色の塗装がされており、写真では写り辛いですが、本体を見ると結構、目立ちます。
完全な真っ白だと思っていたので予想外のピンクでちょっと驚きました。

続きを読む

スポンサーサイト

一番くじ 八神はやて-The MOVIE 2nd A's 第二弾

2013年 09月09日 02:32 (月)

hayate1-01.jpg

一番くじプレミアム
魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's 第二弾
C賞 八神はやて プレミアムフィギュア
バンプレスト ノンスケール(全高約22.5cm)
原型製作:ジョセフ氏(ALL FOR ONE)
発売時期:2013/08/31

このフィギュアで初の一番くじフィギュアとなった八神はやてです。
初の一番くじフィギュアであり、100回の一番くじの中に2体しか入ってないというレア度によってオクでの値段が跳ね上がりました。
ちなみになのは、フェイトは3体入っております。
一番くじ内の個数を見た瞬間にはやてが2体であることを知って誰しもが絶望したことでしょう。
私自身もバンプレストの悪意を感じました。

まぁそれは兎も角として何とか手に入れられたのでレビューをさせて頂きたいと思います。

hayate1-02.jpg
hayate1-03.jpg
hayate1-04.jpg
hayate1-05.jpg
hayate1-06.jpg

この子の特徴は何と言っても後ろに傾き気味な体の角度!
箱に入っている時は気付きませんでしたが、台座に刺して見るとこれは大丈夫か?と思える程、傾いています。
そんな無理な体勢であるにも関わらず、支柱が無いので足に負担が掛かってないかが不安です。

なんでもうちょっと真っ直ぐ立たせてあげなかったんでしょうか。
デコマス写真はちゃんと立っていたのでちょっとした詐欺じゃないかと思ってしまいます。
それとそれを支える為なのか、台座と本体の接合部分がぎちぎちで一度嵌めたら抜ける気がしません。
箱に戻さなきゃいけない時が来たらどうしようかと思います;

hayate1-07.jpg
hayate1-08.jpg
hayate1-09.jpg

お顔に関しては一番くじらしい可愛らしい笑顔でとても魅力があります。
バンプレスト製のなのはシリーズは全体的にお顔が私の好みなのでその部分に関しては強く賞賛したいです。
口元に指先を乗せたポーズもとても愛らしくポーズ自体は素晴らしいです。

hayate1-10.jpg

上半身の服は本に隠れて良く見えませんが、違和感は無く服の皺も上手く表現されてます。

hayate1-11.jpg
hayate1-12.jpg

胸に抱えた夜天の魔導書は小さいながらも良く出来ており、見たところ、塗装のはみ出しもないようです。
ただちょっとテカっている部分があり、多分、それは部品を接着する時ののりと思われます。
腕の影に隠れて普段は見えないので余りに気にならないのが幸いです。
それは兎も角、大事そうに抱えたこの姿が何とも健気で可愛いです。

hayate1-13.jpg
hayate1-14.jpg
hayate1-15.jpg

下半身はこんな感じ…
シグナムと同じ騎士甲冑である為、似通った部分があります。
腰の鎧は光沢があり、金属感がとても綺麗に表現されてます。
黒い服の裾の部分も色ムラもなく綺麗な仕上がりです。
ちなみに騎士甲冑とは古代ベルカ式の魔法使いがまとう服でなのは、フェイトがまとうバリアジャケットの昔の呼び方らしいです。

hayate1-16.jpg

おみ足はこんな感じ…
残念ながらぴっちりしたスカートを着用しているのでおパンツは覗かない限りは見えないようです。

hayate1-17.jpg
hayate1-18.jpg
hayate1-19.jpg

後ろから見ると服の裾の揺らめき具合がとても綺麗に表現されているのが分かります。
一番くじはこういう服の揺らめきを綺麗に表現してくれるのでその部分に関しては素晴らしいです。
背中の翼はクリアパーツで表現されておりますが、強い紫色の塗装がされているので透明感は余り無い印象です。

hayate1-20.jpg

ただ服にちょっと塗装のはみ出しがあるのと翼の接合部分がちょっと残念…
原作だとこの翼は完全にはやての体に引っ付いてる訳ではなく、微妙に浮いて表現されているので仕方ない部分もありますが、本格的に作るなら接合部分は無色透明で表現すべきかなとは思います。
真ん中の翼、一体、何処から出てるのやら…
この部分はフィギュア化させ辛い部分なので仕方ないと割り切るのが一番かもしれませんね。

hayate1-21.jpg

彼女のデバイス・シュベルトクロイツはとても綺麗な仕上がりになってます。
金色の光沢が金属感があっていいですね。

hayate1-22.jpg
hayate1-23.jpg
hayate1-24.jpg
hayate1-25.jpg
hayate1-26.jpg

髪の毛は元々短めなのと帽子の関係で余り見えませんが、綺麗に仕上がってると思います。
一番くじらしい塗ってます感はありますが、それも一番くじらしさなので仕方ないですね。
帽子自体は取り外し不可能で完全に引っ付いてます。
取り外し可能でポロりしやすくても困るので余り気にはなりませんが、出来れば取れた方が色々なはやてが楽しめてよかったかもしれませんね。

hayate1-27.jpg

台座ははやての魔方陣が描かれています。
なのは、フェイトと違って三角形なのは彼女の術がベルカ式魔法の使い手だから…
はやての守護騎士であるシグナム、ヴィータもベルカ式魔法の使い手です。
なのはシリーズは結構、こういう専門用語が多いので私もちゃんと把握してなかったりします。

ちなみにはやてが後ろに傾きすぎているのはこの台座と本体の接続部の角度のせいです。
この角度をもうちょっと緩めてくれたら綺麗に立ってくれたんですが…

hayate1-28.jpg
hayate1-29.jpg
hayate1-30.jpg

ということで一番くじのはやてでした!
基本的に本体の角度以外は満足いく出来だと思います。
本体の角度は…本当にどうにかならなかったのかorz

hayate1-31.jpg

最後に上位3体を並べるとこんな感じ…
一番くじの公式HPに「この3体揃えればA's最終決戦を再現することが可能です」とのことでしたが、それぞれが別の場所を向いているので共通性は余り無いです。
なのはは正面、フェイトは下、はやては上という見事に顔の向きが違うのは意図的かと逆に思ってしまうレベルです。
此処は中々良い出来なのでそれだけで満足ですけどね。

一番くじ フェイト・テスタロッサ-The MOVIE 2nd A's 第二弾-

2013年 09月08日 02:37 (日)

fate1-01.jpg

一番くじプレミアム
魔法少女リリカルなのはThe MOVIE 2nd A's 第二弾
B賞 フェイト・テスタロッサ プレミアムフィギュア
バンプレスト ノンスケール(全高約23.5cm)
原型製作:ジョセフ氏&ぷりん氏(ALL FOR ONE)
発売時期:2013/08/31

なのはくじで一番注目していたフェイトです。
バルディッシュ・アサルトのザンバーフォルムを再現したフィギュアになります。
空を飛ぶように揺らめく白マントとツインテールがとても魅力的で迫力があります。
なのはの一番くじフィギュアの良い所は戦闘衣装にも関わらず、表情が明るく笑顔であることです。
実際はこのサンバーフォルムはなのはのエクセリオンモードと同じく、A'sのクライマックスの戦闘で登場するフォルムなんで笑顔であることは珍しいです。
そこを笑顔でこのポーズで造形してくれた一番くじに感謝したいと思います。

fate1-02.jpg

ちなみに今回のくじの上位フィギュアの箱はこんな感じになります。
見辛い方の為に説明致しますと、左下がなのは、右下がはやて、上がフェイトになります。
フェイトのフィギュアを見てると直ぐに分かりますが、フェイトは箱がとても大きいです。
なのはやはやての1.5倍ぐらいはある!
実は一番人気が高くヤフオクで激戦を繰り広げて8000円もしたはやては3体の中で一番箱が小さいです。
個人的にフェイトが8000円の方が納得出来ますが、まぁそれは価格が需要で変わるオクの世界では仕方ないです。

fate1-03.jpg
fate1-04.jpg
fate1-05.jpg
fate1-06.jpg
fate1-07.jpg

ということでフェイトに話題を戻して回転させて撮影してみました。
台座がとても大きくて背景に使っている布が回転させる度に引っ張られてずれて大変でした。
持ち上げてもずっしりと重いですし、このフィギュアは本当に凄いです。

立体感もとても凄く何処から見ても迫力があって素晴らしいと思います。
揺らめく白マントとツインテール!
前のめりなポーズも動きがあって本当に飛んでるような…そんな雰囲気があります。
これは本当に凄いし、飾ってると栄えますね。

fate1-08.jpg
fate1-09.jpg
fate1-10.jpg

お顔もとても可愛いです。
アイプリも綺麗ですし、フェイトちゃんらしいお顔で惚れ惚れします。
バンプレストのなのはシリーズのフィギュアはお顔がとても私好みなんですよね。
なのでついプライズでも出ると買ってしまいます。
笑顔が多いというのも1つの理由ですけど…

fate1-11.jpg
fate1-13.jpg

マントが大きくて体部分が全体的に見え辛いですが、体も全体的によく出来てます。
なのはと比べてフェイトは当たりを引いたのか、目立った色のはみ出しもなく綺麗な仕上がりになってます。
一番好きなフェイトで当たりを引いて本当に良かったと思います。

fate1-12.jpg

足もほっそりとしていて美脚です。

fate1-14.jpg

多分、回転させて撮った写真から皆さん、気づいていると思いますが、後ろからだとお尻が普通に丸見えです!
フェイトちゃん!これはアウトだよ!女の子なら恥じらいを持って隠そうよ!
でも、このポーズなら仕方ない(笑)
ファンサービスは欠かしませんね。

fate1-15.jpg

後ろから見たおみ足はこんな感じ…
ついお尻に目が行ってしまうと思われますが、本当に素晴らしい美脚です。

fate1-16.jpg

ちなみにマントに隠れて殆ど見えませんが、スカートの揺らめき具合も綺麗に造形されています。
ふわぁぁって舞った感じが堪らない!

fate1-17.jpg
fate1-18.jpg

ザンバーフォルムのバルディッシュはこんな感じ…
これについては設置面からカットするという大胆なことをしているのでファンとしては賛否が分かれると思います。
でも、このバルディッシュの刀身はフェイトの身長程もあり、柄と合わせるとフェイトの身長の2倍はあると思われる馬鹿でかいブレードな為、それを造形しようと思えばこの2倍の大きさになります。
なので、仕方が無いことだと私は思います。
逆に全部、造形してくれなくて良かった…

ザンバーはアルターの大人フェイトで表現されていますが、場所の取り方が半端なくそれで困った人も多いと思います。
私自身、あれは買っても飾れないと思ったので買ってません。
その分、このフォルムをこんな形で立体化してくれた一番くじには本当に感謝したいです。

fate1-19.jpg

と絶賛しましたが、詰めが甘い部分もあります。
基本的にフィギュアは立体的なのも魅力ですが、やはり飾った時の前からの見栄えが重要です。
なのにこの剣は前に倒れる形で斜めに台座に突き刺さっているので前からだとその大きい刀身が完全に見えず、斜めに細く見えます。
その部分は非常に残念でした。
この剣のみ後ろから見た方が迫力があるっていう;

fate1-20.jpg

台座から抜いて自分が求める角度にしてみました。
この角度が一番良いと思うんですよ。
フェイトの構え方から見た位置も悪くないですし、前に倒さず、真っ直ぐ台座に突き刺さる感じにしたら見栄えが良かったと思います。

fate1-21.jpg
fate1-22.jpg

ちなみに台座から抜くとこんな感じになります。
角度や位置的に回転も出来ないので私が組み立てを間違えた訳ではなさそうです。
この台座にバルディッシュを突き刺した瞬間にえっ;って思いました。
いつもながらに完全に素晴らしいとは言えない爪の甘さ…そこが一番くじクオリティ…

fate1-23.jpg
fate1-24.jpg

まぁその部分は仕方ないとして次はマントの解説です。
マントはある意味でこのフィギュアの見栄えの全てを握っていると言っても過言ではないボリュームと立体感があります。
揺らめくマントの造形がとても綺麗で良く出来ており、風を切って飛ぶ動きを違和感無く再現してます。

fate1-25.jpg

ちなみに大分無理のあるポーズな為、欲しい位置に支柱をつけてくれないことが多々ある一番くじでも支柱が2つあります。
足の支柱は本当に命綱で無いと立ちません。足が折れる…
マントの支柱はまぁ気休め程度のものですが、第一弾のフェイトよりとても安定感があり、満足してます。
ですが、いつもながらに組み立ての説明書をつけてくれないのは一番くじらしいです。
足の支柱は直ぐに分かりましたが、マントの支柱は何処に嵌めていいのか分からずに困りました。
まぁその部分も第一弾のフェイトよりは分かりやすく、意味もあるので改善してるなとは思ってます。

fate1-27.jpg

第二の注目ポイントは何と言ってもこの髪!
第一弾のフェイト同様に上に舞い上がっており、荒ぶっております。
ですが、今回は空を飛んでいる雰囲気を出しているのでそこまで全高が高くはなく、ラックの棚を調節しなくてもすんなり入ってくれました。
丁度良いサイズでしかも、迫力があるので素晴らしいと思います。
ですが、勿論、その分、横幅が取ります。

fate1-28.jpg
fate1-29.jpg
fate1-30.jpg
fate1-31.jpg
fate1-32.jpg

髪をメインに撮影してみるとこんな感じ…
フェイトの髪についてはアルターには遠く及ばないものの、一番くじとしては毎回頑張ってるなと強く思います。
出来るだけ細い毛先を表現しようとしている…そんな意思は感じます。
これは一番くじの良い所と言えるのかもしれません。

ただ良く見ると髪パーツの割れ目が丸見えだったりしますけどね。
そこはまぁ仕方ない!

fate1-33.jpg
fate1-34.jpg

ということで写真多めでお送りしました一番くじのフェイト-ザンバーフォルム-でした!

一番くじ 高町なのは-The MOVIE 2nd A's 第二弾-

2013年 09月07日 00:59 (土)

nanoha1-01.jpg

一番くじプレミアム
魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's 第二弾
A賞 高町なのは プレミアムフィギュア
パンプレスト ノンスケール(全高約22cm)
原型製作:ぷりん氏(ALL FOR ONE)
発売時期:2013/08/31

造形公開当初から期待していた第二弾のなのはフィギュア来ました!
とても可愛らしい笑顔と動きのあるポーズが素晴らしいフィギュアです。
なのはのフィギュアは色々ありますが、個人的には一番くじのなのはが一番お顔が好きでつい買ってしまうんですよね。

nanoha1-02.jpg
nanoha1-03.jpg
nanoha1-04.jpg

レイジングハートが素晴らしい長さを持っているので横から見ると本当にカメラ枠に入らない程の横幅があります。
写真を撮るのに回転させたら背景にがつんがつん当たって本当にひやひやしました。
でも、穴に差し込んでしっかりと止めてある仕様なのでポロリの危険性はなさそうです。
一番くじは弱いので破壊については怖いですけどね;

しかしながらこの動きがあるポーズとスカートのゆらめき具合はなんとも言えず、一番くじは本当に素晴らしいなと思います。
造形に個性があるんですよね。
ただの立ち姿じゃない部分に強い魅力を感じます。

nanoha1-05.jpg
nanoha1-06.jpg
nanoha1-07.jpg

お顔はこんな感じです。
一番くじのお顔はとても可愛くてその部分も好きだったりします。
何処から見てもとても可愛いですし、流石、一番くじプレミアムといった感じです。
ちょっと気になるのは光を当てても顔に影が出やすい所ですが、まぁそれは私の撮影技術がないだけだと思うので余り気にしてません。

nanoha1-08.jpg
nanoha1-10.jpg

服については塗装のはみ出しが目立ちますね。
その部分はやっぱり、一番くじクオリティということでしょうか。
造形が良いだけにもうちょっと頑張ってくれたらなって思います。
まぁこういう部分は個体差でしょうから仕方ないです。
市販フィギュアでも個体差で外れを引いてしまうことは良くあることですから…

nanoha1-09.jpg
nanoha1-11.jpg

篭手に関しては光沢があって防具っぽくていい感じですね。
赤い宝石はクリアパーツで再現されてますし、細かくて素晴らしい!

nanoha1-12.jpg
nanoha1-13.jpg

邪魔なのでレイジングハートを外して撮影!
スカートの揺らめき具合は本当に素晴らしいの一言です。
ふわりと舞って揺れており、長いスカートにも関わらず、後ろからだとちょっと覗けばおパンツが見えるレベルの翻り方をしてます。
それでいて塗装もそれなりに良くふわりと舞い降りた感じが上手く表現されています。

nanoha1-14.jpg

簡単に見えたのでおパンツ解禁!
どうやらピンクのようですね。
ピチピチでお尻の輪郭が出てるのが何ともやらしいこと!

nanoha1-15.jpg

足はスカートの関係で後ろからしかしっかりと確認出来ませんが、足の翼がクリアパーツで表現されており、とても美しいです。
しかも、大きいので華やかさもあります。

nanoha1-16.jpg

台座はいつもの魔法陣!
第一弾はクリアパーツだったんですが、第二弾は残念ながらクリアじゃなくて白台座みたいです。
これは好みの問題ですが、きゅんキャラはなのはとフェイトだけクリア台座だったりして統一感が無い気もします。どちらかにしてほしい。

nanoha1-17.jpg

ちなみにレイジングハートの取り付けは腕に空いた穴にはめ込んで固定する仕組みになってます。
なのでレイジングハートを外すと穴が丸見えで見栄えが良くないです。
それとレイジングハートの持たせ方も固定化するので長さ調節などは出来ません。

第一弾のフェイトのように武器が手からずれ落ちて好きな位置で固定出来ないのも残念なので私的にこの仕様は悪くないと思ってますが、環境に寄っては長さがありすぎて調節したい人もいるかもなので良し悪しかもしれません。

nanoha1-18.jpg
nanoha1-19.jpg

レイジングハートの先部分!
パール加工が施されていてメカっぽい作りが綺麗に造形されており、とても良い出来だと思います。

ただなのはが好きな方ならエクセリオンモードなのに何で構えポーズじゃないの?って思う方がいるかもしれません。
私も構えポーズでレイジングハートの先から透明な翼が出ている造形をしてくれた方がなのはらしかったのになとは思います。それか翼が出てる形に差し替え可能だったらまだ満足だったかも…
まぁこのポーズで武器だけ戦闘形態でもちょっと怖いですけどね;
ポーズ自体、悪くないのですが、エクセリオンモードの良さを出し切れなかったなという印象はあります。

ただこだわるなら…ということなので全体的に見れば悪くない造形だと思います。
レイジングハート自体も手を抜いている訳ではなく、塗装も綺麗に施されていますし、完全に個人の感想です。

nanoha1-20.jpg
nanoha1-21.jpg
nanoha1-22.jpg

ふわりと舞い降りた雰囲気を出しているのでツインテも素晴らしく舞ってます。
なのはのツインテはツインテキャラにしては大分、短めなのでそんなに荒ぶってるように見えませんが、この造形、第一弾のフェイトを思い出しますね。
あの荒ぶり様は凄かった…

nanoha1-23.jpg
nanoha1-24.jpg

ということで一番くじのなのはでした!
安定クオリティなのでこれがスケール以下の額で手に入るならとても満足出来ます。

セガプライズ アスナALOver

2013年 09月04日 22:53 (水)

asuna3-01.jpg

ソードアート・オンライン
ハイグレードフィギュア“フェアリィ・ダンス”
アスナ
セガプライズ プライズ(全高約19cm)
発売時期:2013/07

囚われの姫君「ティターニア」の衣装を着たアスナです。
フリューに比べると普通の立ち姿で物静かな雰囲気があり、華やかさには欠けます。
ですが、塗装の出来栄えは生産技術のあるセガらしく不満のない仕上がりになってます。

asuna3-02.jpg
asuna3-03.jpg
asuna3-04.jpg

全体はこんな感じです。
髪の塗装が違和感無く本当に綺麗で自然な仕上がりでその部分に魅力を感じます。

asuna3-05.jpg
asuna3-06.jpg
asuna3-07.jpg

お顔はちょっと人を選びますね。
悪くは無いのですが、アスナかと言われると首を傾げてしまう出来だと思います。

asuna3-08.jpg
asuna3-09.jpg

お胸は横から見る映り込みが何ともセクシィなこと…
腕で隠しているところもあるので余りエロさが強調されてなくて個人的にはいい感じだと思います。
それと大きさ自体はフリューよりも小さめな印象です。

asuna3-10.jpg
asuna3-11.jpg
asuna3-12.jpg

下半身の服の造形は立ち姿で広がりが無いにも関わらず、細かい造形がされています。
この衣装自体が細かいお陰かと思いますが、普通の立ち姿でも手抜きせずに造形されているというところは素晴らしいです。
この部分が美しくてこの衣装は本当に好きです。

asuna3-13.jpg
asuna3-14.jpg
asuna3-15.jpg
asuna3-16.jpg

髪の造形は全体的に良く出来てます。
三つ編みも立体感があるし、ふわりと風に揺れる髪が儚げに感じる表現を密かに醸し出しています。
塗装も塗ってます感が無く自然な仕上がりでこの部分が好きです。

asuna3-17.jpg

ということでセガプライズのアスナALOverでした!

セガプライズ リーファ

2013年 09月04日 21:59 (水)

ri-fa2-01.jpg

ソードアート・オンライン
ハイグレードフィギュア“フェアリィ・ダンス”
リーファ
セガプライズ プライズ(全高約20cm)
発売時期:2013/07

フリューものをレビューしたので比較対象としてこちらもレビューさせて頂きます。
フリューとは大分雰囲気が違いますが、このフィギュアもそれなりに良く出来てます。
注目したいのは塗装が綺麗なことですね。
セガの安定の生産技術を感じます。

ri-fa2-02.jpg
ri-fa2-03.jpg
ri-fa2-04.jpg

このリーファはとても立体感があり、横から見た時の迫力が凄いです。
フリューに比べて羽が閉じているので正面だと羽がちゃんと見えないという点がとても残念ですが、動きがあるので何処から見てもそれなりに迫力があります。

ri-fa2-05.jpg
ri-fa2-06.jpg
ri-fa2-07.jpg

お顔はキリッと格好良い戦闘型リーファ!
彼女は女戦士って感じなのでフリューよりはこちらの方がリーファらしい印象があります。

ri-fa2-08.jpg
ri-fa2-09.jpg

こちらもお胸の立体感は中々のものです。
谷間も良くセクシィで良く出来てます。
コルセットでお胸が持ち上がって大きめに見える衣装な為がそれなりに大きくても違和感が無いのが良いですね。

ri-fa2-11.jpg
ri-fa2-12.jpg
ri-fa2-13.jpg
ri-fa2-14.jpg

服の裾の造形は動きがある割に平坦な印象がありますね。
それとフリューよりも色合いが濃く感じます。
これの良し悪しは個人の感覚に任されるでしょうね。
リーファの緑は鮮やかさがあった気がしますが、ここまで塗装の色すら違うとは…

ri-fa2-15.jpg
ri-fa2-16.jpg
ri-fa2-17.jpg

羽には厚めで光沢があります。
この羽は別パーツで取り付けなければいけない仕様になってます。
しかも、4枚全部別パーツなのでポロリしやすい部分がとても不安ではあるんですよね。
別パーツは良し悪しだなって感じます。

ri-fa2-18.jpg

髪の塗装はプライズにしては塗ってます感がなくて良いですね。
こういう部分に技術力を感じます。

ri-fa2-19.jpg

ということでセガのリーファでした!

フリュー アスナALOver

2013年 09月04日 20:44 (水)

asuna2-01.jpg

ソードアートオンライン ALOフィギュア
アスナ
フリュー プライズ(全高約17.5cm)
発売時期:2013/08

プライズフィギュアにしては大分頑張ってるなと感じる斬新なポーズが特徴的なフィギュアです。
私はリーファ目的で購入したのですが、この2種類ならばこちらの方が良く出来ててオススメ出来ます。

asuna2-02-1.jpg
asuna2-03-1.jpg
asuna2-04-1.jpg
asuna2-05.jpg

大分、顔が上向きで反り返るようなポーズをしてます。
フィギュアは顔を俯かせたポーズが多いのでとても斬新に感じます。
こういうフィギュアはラックの下の方に飾っても栄えるので飾る人間としてはとても嬉しいですね。

asuna2-06.jpg
asuna2-07.jpg
asuna2-08.jpg

お顔に関してもとても儚げで可愛らしく素晴らしいと思いました。
この表情を市販フィギュアにも頑張って欲しいレベルです。
まさかプライズでこの衣装のアスナに求めている表情のフィギュアを見るとは思いませんでした。
この表情だけで購入する価値があると思います。
ただアイプリのテカリが撮影の時に気になって仕方ありませんでした。
コトブキヤのフィギュアでも時々あるんですが、撮影の時に目が光って写らないのは撮影者としては切実なので何とかして欲しかったです。

asuna2-09.jpg
asuna2-10.jpg

お胸に関しては大分立体感があって大きめです。
原作のアスナ、こんなに大きくないと思うんですが、大分強調されていますね。
まぁ許容範囲なのでセクシィで良いと思います。

asuna2-11.jpg

腰回りの造形がヤバイ!
おへそも見えてここには造形美を感じます。
ただ個体差だと思いますが、胸の下の肌に傷がついてました。
造形が良いだけにこの個体差は残念ですね;

asuna2-121.jpg
asuna2-13.jpg
asuna2-14.jpg

この衣装では注目の下半身服の造形ですが、ふわりと舞っていて造形自体はとても美しく素晴らしいと思います。
ただこれも個体差でしょうが、黒い筋が所々についており、その部分がとても残念です。
プライズだからと諦めなきゃいけない部分はあると思うんですが、元々のフィギュアの造形自体が良いので尚、全てにおいて完璧な見た目のフィギュアが欲しかったなと思ってしまいます。

asuna2-15.jpg

台座に足についたタブを差し込む仕様になっているのですが、上手くはまらずに苦労しました。
水をイメージしたような台座は良いですが、何のロゴもないというところに手抜きを感じますね。
シリカのフィギュアにはソードアートオンラインのロゴがプリントされてたのに…

asuna2-16.jpg
asuna2-17.jpg

羽はこんな感じです。
薄く透明感があり、長い髪が透けて見えています。
妖精の羽だから薄い造形も悪くはないですね。

asuna2-18.jpg

これもこのフィギュアの特徴とも言うべき縛られた腕とチェーン!
チェーンの塗装はプライズらしい雑なものですが、造形自体が悪くないので細かく良く出来てます。

asuna2-19.jpg
asuna2-20.jpg

髪はこんな感じです。
塗装に関しては言わずもがなですね。
ですが、本当にこのフィギュアは造形がとても素晴らしいのでそれだけで魅力を感じます。

下の写真で片目が光ってますね。
テカりやすくて撮影に本当に苦労しました。

asuna2-21.jpg
asuna2-22.jpg
asuna2-23.jpg
asuna2-24.jpg

セガと比べてみるとこんな感じ!
大分差があってびっくりしますね。
元々の造形はフリューの方が素晴らしいですが、塗装のレベルはセガの方が綺麗に仕上がってます。
私の手に入れたものがハズレだったのかなって思いますね。
塗装まで素晴らしいものだと本当に素晴らしいんでしょうね。

asuna2-25.jpg

ということでフリューのALOアスナでした!
この上から見たアスナが堪らない!

フリュー リーファ

2013年 09月04日 03:53 (水)

ri-fa1-06.jpg

ソードアートオンライン ALOフィギュア
リーファ
フリュー プライズ(全高約18cm)
発売時期:2013/08

リーファが続々とスケールで発表される前に勢いで予約してしまったフィギュアです。
しまったかなと思ったのですが、予想以上に良く出来ていたのでそれなりに満足してます。
このフィギュアは最後まで彩色済みデコマスが出なくて出来が把握出来なかったのですが、最近のフリューは頑張ってるなとは感じます。
目立った色移りも塗装剥がれもないですし、お顔がとても可愛いです。

ri-fa1-01.jpg
ri-fa1-02.jpg
ri-fa1-03.jpg
ri-fa1-04.jpg
ri-fa1-05.jpg

いつもは箱を撮影したりしないんですが、フィギュアよりも本気度が伺えるデザインが素晴らしくつい撮影してしまいました。
とても美しく何処から見ても本当に栄えます。
ちなみにこのフィギュアはティターニア衣装アスナと2種類同時発売だったので同じ箱に入っており、アスナのデザインもあります。
アスナデザインも本当に美しい!

ri-fa1-06.jpg
ri-fa1-07.jpg
ri-fa1-08.jpg
ri-fa1-09.jpg
ri-fa1-10.jpg

リーファ本体はこんな感じです。
大分、上半身が曲がっているので左右から見るとちょっと違和感を感じますが、その分、正面の見栄えはとても良い印象です。
ついセガと比べてしまうんですが、セガは羽が閉じ気味だったので正面からだと見えない部分もありそれが不満でした。
しかし、これは正面からしっかりと広げた羽が確認できるのでとても見栄えが良く妖精らしさが出てます。
フィギュアは立体的なのが魅力の1つですが、やはり飾る時は正面に向かせるので正面の見栄えも重要だと思います。
その点に関してはこのフィギュアは高ポイントですね。

ri-fa1-11.jpg
ri-fa1-12.jpg
ri-fa1-13.jpg

注目のお顔は頬を赤らめててとても可愛らしい印象です。
ですが、リーファかと言われると首を傾げてしまいますね。
リーファは結構、サバサバした性格なのでお顔のみならセガの方がらしいかも…
可愛いもの好きな私としては満足ですが…

ri-fa1-14.jpg
ri-fa1-15.jpg

ご注目のお胸は中々の立体感と谷間でセクシィですね。
元々衣装自体が胸を強調するような感じなので表現としては悪くないと私は感じました。
自然な大きさのお胸は素敵!

ri-fa1-16.jpg
ri-fa1-17.jpg
ri-fa1-18.jpg
ri-fa1-19.jpg
ri-fa1-20.jpg

服の裾のひらひらも綺麗に表現されています。
見たところ、色移りなどの個体差もないですし、綺麗な色合いで大満足の出来です。

ri-fa1-21.jpg

武器はこんな感じ…
細かいパーツは色のはみ出しが多いのは気になりますが、そこはプライズなので仕方ないですね。
それとこれも仕方ないんですが、武器は別パーツの手にはめ込む仕様になってます。
そのお陰で武器をぽろりしやすいんです。
武器を下に突き出していて結構、場所を取るので回転させて撮影した時に何回ポロリしたことか;
良く見ると武器をつけないで撮影している写真もあります(笑)

ri-fa1-22.jpg
ri-fa1-24.jpg
ri-fa1-25.jpg
ri-fa1-26.jpg

羽の中心に撮って見ました!
羽は本体に元々引っ付いており、取り外しは不可能です。
体に近い部分は緑の塗装がされており、透明感を無くしています。

でも、とても薄くて妖精の羽って感じが出てますし、光沢もあるのでこの羽は中々良く出来てると思います。
クリアパーツ好きと羽好きには堪りませんね。

ri-fa1-27.jpg
ri-fa1-28.jpg
ri-fa1-29.jpg

髪を中心に撮ってみるとこんな感じになります。
塗ってます感がそれなりに強いのは残念な部分ですが、それはプライズなので仕方ないことかもしれませんね。
色むらもない綺麗な仕上がりになってますし、満足してます。

ri-fa1-30.jpg

セガ製のリーファを隣に並べてみました。
右がフリューで左がセガになります。
こうして横に並べると同じキャラなのに大分違いますね。
造型師の関係でこんなにも変わるのかと思うと楽しかったりします。

ri-fa1-31.jpg
ri-fa1-32.jpg
ri-fa1-33.jpg

回転させてみるとこんな感じ!
セガは横から見た立体感が素晴らしく、フリューは正面の可愛らしさと羽の見えやすさが魅力という感じでしょうか。
セガは羽が分厚く光沢があり、綺麗なのですが、フリューに比べると色が薄くて背景によっては見え辛くなってしまう感じがします。
どちらも好きなので違いがあるのもいいなと感じました。

ri-fa1-34.jpg

ということでフリューのリーファでした!

コトブキヤ パニス・アンジェリクス

2013年 09月01日 22:45 (日)

panisu1-01.jpg

シャイニング・アーク
パニス・アンジェリクス
コトブキヤ 1/8スケール(全高約23cm)
原型製作:ATOMIC-BOM suzu氏
価格:8190円 発売時期:2013/08


初の造形買いフィギュアな為、原作のゲーム自体は知りません。
ただゲームの発売が決まった時からこの子は気になってました。
可愛く幼い系の顔立ちと全身白色の見た目、そして、翼!
何もかもが私好みで結構期待してました。
だからなのか、実際に届いて見ていると期待外れな部分もあって残念でした;
ただこれは個人的な意見の為、そう思って読んで下さると幸いです。

panisu1-02.jpg
panisu1-03.jpg
panisu1-04.jpg
panisu1-05.jpg

箱に入った状態では両翼共に白がメインで入っているのですが、折角、白と黒、両方あるんだからとこちらの組み合わせメインで撮影しました。
全体的な見栄えはとても良いです。
地上に降り立った天使の如く、佇まいでとても可愛らしく感動しました。

panisu1-06.jpg
panisu1-07.jpg

お顔はこんな感じ…
とても可愛らしいですが、固めの睫毛が分厚く目の左右のバランスが悪いかもしれないと感じる部分もあって良く見える位置が限られている印象を受けました。

panisu1-08.jpg
panisu1-09.jpg

ちょっと上から撮って下から目線にしたら可愛いかもしれません。
フィギュアにとっては珍しくこの子、顔が大分上を向いているので上に飾るより下に飾った方が可愛く見えますね。

panisu1-10.jpg
panisu1-11.jpg
panisu1-13.jpg
panisu1-14.jpg

服は全部クリアパーツで白の塗装がされています。
つや消しが入ってるのが光沢は無いですが、よくよく見ると下の肌色が透けて見えておお!って思いました。
腕の青い部分だけ光沢があるのもまたポイントになってて良いです。
クリアパーツ好きには堪らない服装でとても綺麗ですし、造形も文句なしに良い出来です。

panisu1-12.jpg

見えますでしょうか。
お胸の丁度真ん中に塗装が剥がれた部分が;
とても目立つのでそれがとても不満だったりします。
クリアパーツって塗装にムラが出来やすく作り難いんだろうなとは思いますが、これは流石に許容範囲を超えてる気がします。
しかも、片翼パーツじゃなくて両翼パーツだから尚、残念;

panisu1-15.jpg

後ろのスカートがふわりと豪快に舞っているお陰で後ろからちょっと覗いただけで普通におパンツが見える仕様となってます。
流石、Tony氏のキャラ、エロ主張は文句なしに凄いわ。

panisu1-16.jpg
panisu1-17.jpg

おみ足はすらりと長くて子供っぽい部分が出ており、中々良い感じです。
素足も悪くないですよね。

panisu1-18.jpg
panisu1-19.jpg

台座は風を表現しているらしく渦巻き型になってます。
丸いベースはブキヤに良くある台座の使いまわしっぽいですね。
まぁそれを上手くアレンジして使用しているので普通の台座よりはとても良いと思います。
ブキヤは本当に頑張ってる…
風の表現だけじゃなくて羽根を散らせているのも魅力でこの羽根が結構作りこまれてて感動します。

panisu1-20.jpg
panisu1-21.jpg

それでは一番注目した翼をご紹介!
とても細かく造形されており、これを見ているだけで造形美を感じます。
翼が好きな私はこういうのが本当に堪りません。

panisu1-22.jpg
panisu1-23.jpg

黒の方はこんな感じです。
黒も負けていませんね。
白よりは翼の凹凸が見え辛いかもしれませんが、それでも手抜きせずに作りこまれてて色ムラもなく良く出来ています。

panisu1-24.jpg

ちなみに白い翼もあって白のみにすることが出来ます。
後姿だけでも本物の天使って感じがしますね。

panisu1-25.jpg

ただ残念だと思ったのは取替え可能な翼の位置が悪く、顔正面からだと頭に隠れてほぼ見えません。
向く方向、逆の方が良かったのでは無いかと思いました。

panisu1-26.jpg
panisu1-27.jpg

ちなみに取り替えた翼のアップはこんな感じ…
パニスが全力でそっぽ向いてます。

panisu1-28.jpg
panisu1-29.jpg

胴体パーツには両翼verと片翼verがあり、片翼だけで飾ることも可能です。
片翼verは勿論、片方の翼の穴が無いので後ろから見ても違和感は無い仕様となってます。
それは素晴らしいのですが、問題は正面から見ると片翼に出来る翼が頭で普通に隠れてしまって見栄えが良くないことと、片翼胴体パーツがとてもぎちぎちで入り辛く、壊してしまいそうになることです。
余りに入らないのでドライヤーで暖めて柔らかくしてから無理矢理入れました。
それでもぎちぎちなのでこれは不良品かと思ったぐらいです。
個体差なのかもしれませんが、これは余りに酷いので問い合わせして出来れば取り替えて貰おうと思います。
それで簡単にはまるようになればいいですが、元々の仕様だったらどうしようもないなと思ったりもしないでもない…

この片翼は組み立てる側の気力がとてもいる上に見栄えが余り良くないのでまぁ片翼にしなければ問題ないのかなと思ったりもしてますけどね。
デコマスで気づかなかったのが駄目なんですが、このポーズ、何とかならなかったのか…
片翼だけにする意味が正面からだとほぼ無い…

panisu1-30.jpg
panisu1-31.jpg

ちなみに勿論、白い翼の片翼verも可能です。
でも、やっぱり、正面からだと見えない;
首が取れる仕様なら首がちょっとは回るようにしてくれたら見栄えの良い位置に固定出来たのにな。

panisu1-32.jpg
panisu1-33.jpg

ということでパニスでした!
本当に飾っている分にはとても可愛いフィギュアなんですが、組み換えパーツがあるのにそれを生かしきれてない部分が個人的に残念でした。
本当に悪くないんですけどね。
可愛いですし…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。