07月 « 2013年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コトブキヤ アスナ -Aincrad-

2013年 08月28日 16:46 (水)

asina1-01.jpg

ソードアートオンライン
アスナ -Aincrad-
コトブキヤ 1/8スケール(全高約21.5cm)
原型製作:中邨拓智氏 価格:8190円
発売時期:2013/05

一時期、話題になったコトブキヤ製のアスナです。
発売前は何処も予約出来ずに転売屋で値が吊り上ったフィギュアでしたが、コトブキヤが追加生産したらしく、発売後は比較的安価で手に入るようになりました。
今なら運が良ければ5千で手に入るかもしれませんね。
定価で買った私としてはちょっとショックでしたが、もの自体は悪い訳でもないです。
本当に良く出来てると思います。

asina1-02.jpg
asina1-03.jpg
asina1-04.jpg
asina1-05.jpg

久々に暗めの背景を試してみました。
立体感は何処から見てもとても良く違和感はないです。

asina1-07.jpg
asina1-08.jpg
asina1-09.jpg

お顔に関してはこんな感じ…
悪くはないですが、似てるかと言われるとちょっと首を傾げてしまいますね。
でも、普通に可愛いので良いと思います。

asina1-10.jpg
asina1-11.jpg

服の仕上がりは色ムラも無くとても良く出来ています。
スカートがクリアパーツで裏面が塗装されてないので肌に色移りしないっていうのがまた良く考えられてて良いなって思う部分かもしれません。
外から見てると分からないですけどね。

asina1-12.jpg

コートの裾の広がり具合や皺はひらひらが好きな私にはとても気になる部分…
その点に関してもデコマスでは分かりませんでしたが、意外と広がりがあって皺もちゃんと再現されており、問題はありませんでした。

asina1-13.jpg

レイピアの再現も問題なく出来上がってますね。

asina1-14.jpg
asina1-15.jpg

おみ足はすらりとしていてモデル足って感じがします。
これ、片足だけが岩に固定されているので夏場とか本体の重みで曲がらないかとても不安になります。
買う前から不安だったんですが、曲がってるかどうかは分かりませんね。
一度、ドライヤーでも当ててみようかと思ってます。

asina1-16.jpg
asina1-17.jpg

このフィギュアの一番の特徴は何と言ってもこの台座!
アニメのEDを再現した浮遊感のあるデザインらしいです。
アニメを見てない私にはちょっと分からない部分はありますが;

asina1-18.jpg
asina1-19.jpg
asina1-20.jpg
asina1-21.jpg

髪の造形はこんな感じ!
良く頑張ってる感じはします。
とても細かく作られていますし、なびき方も中々良いのですが、ちょっと蛸足みたいにも見えるのでここは人を選びそうですね。
無理に髪を上になびかせなくても良かったのではと思う部分はあります。
前から見ると中々良い感じに見えるので前を重視した結果なのかもしれませんね。

asina1-22.jpg
asina1-23.jpg

ということでコトブキヤ製アスナでした!
これから続々とアスナが出てくるので色々吟味しながら購入を考えたいところです。
一番の基準はこれを超えられるかという問題かもなと私は思ってます。
スポンサーサイト

アルター リインフォースII

2013年 08月25日 03:09 (日)

rin1-01.jpg

魔法少女リリカルなのはStrikerS
リインフォースII
アルター NONスケール(全高約19cm)
原型製作:爪塚ヒロユキ氏 価格:6090円
発売時期:2008/05 再販2009/03

ユニゾンデバイスのリインを紹介させて頂きます。
ってか、アルターの公式サイトで彼女の情報を検索したらNONスケールって出てきてびっくりした!
え?1/1スケールじゃないの!?って…
何気にこういう小人みたいな大きさの子は実際の大きさがちゃんと分からないからNONスケールとして表記することが多いのかもしれませんね。
何気にSAOのユイもそうですし…

まぁそんな雑談は兎も角、紹介させて頂きますね!

rin1-02.jpg
rin1-03.jpg
rin1-04.jpg
rin1-05.jpg
rin1-06.jpg

全体はこんな感じです。
普通の立ち姿なのにこの立体感、アルターのなのはシリーズは全てが立体感の宝庫なので本当に大好きです。
その分、撮影に苦労する子も多いのも事実ですが…
この子に関しては顔の上にかざしている手のお陰で顔が暗く写ってしまうことが多く編集も大変でした。
明るめに編集したので肌の色が白く写っていますが、フィギュア自体は綺麗な肌色です。

rin1-07.jpg
rin1-08.jpg
rin1-09.jpg

お顔はこんな感じで、爪塚さんらしい大きめのアイプリとそれでもバランスを損なわない顔立ちがとても可愛らしくてお気に入りの一体です。
幼女好きには堪りませんよね。
ただ近くで撮ると尚、顔の影が気になってしまうので本当に撮影の難易度が高い子です。
そんなに迫力のあるポーズしてる訳じゃないのに手の位置って怖い…

rin1-10.jpg
rin1-11.jpg
rin1-15.jpg

リインの本体ともいうべき、魔導書は髪に引っ付いており、角度によっては本当に浮遊しているかのように見えるという素晴らしい造形がされています。
とても細かいのに塗装に目立ったはみ出しもなく、とても綺麗な仕上がりとなってます。

rin1-12.jpg

服はこんな感じです。
大きめに股を開いているのでスカートの皺とかが出ててそういうところにリアルさを感じますね。
この子に関しては服は質素ですが、全体的に文句のつけどころの無い仕上がりになってます。

rin1-13.jpg
rin1-14.jpg

コートのひらぁが好きな私にはこの造形が何とも堪らないです。
足もスラリと長いモデル足ではないですが、健康的な肉付きがあって自然で良いと思います。
靴も光沢があって文句のない仕上がりとなってます。
ただちょっと足が台座から浮きやすいので夏場とか不安があったりはします。

rin1-16.jpg
rin1-17.jpg
rin1-18.jpg
rin1-19.jpg

恒例の髪の毛重点撮影!
アルターらしい細かく、重みを感じさせないさらさらとした造形となってます。
この造形は何度見ても素晴らしいとしか言えない…

rin1-20.jpg

なのはシリーズでは恒例の四角い簡素な台座とネームプリント…
この子はリインフォース ツヴァイと読みます。
ドイツ語で2って意味ですね。
勿論、1も居ますが、A'sでお亡くなりになられて余りフィギュア化されてないのが寂しい方だったりします。
A'sのはやてがアルターでフィギュア化されるので次あるかなと思ってる私もいますけどね。
ちなみに1はアインス、2はリインの愛称が使われています。
その意味は私自身、にわかファンなので良くは分かってないです。

rin1-21.jpg
rin1-22.jpg
rin1-23.jpg

ということでアルターのリインでした!
これで今、所持してるアルター製フィギュアは全部撮影しました!
次は他のメーカーの子を撮影してみようかなって思ってます。
お楽しみに!

アルター 高町ヴィヴィオ

2013年 08月19日 21:06 (月)

vivi2-01.jpg

魔法少女リリカルなのはVivid
高町ヴィヴィオ
アルター 1/7スケール(全高約19.5cm)
造型製作:爪塚ヒロユキ氏 価格:8190円
発売時期:2012/01

予告通り、小学生ヴィヴィオ公開です。
同一人物とは思えない程の幼女振りがまた可愛い!
ちなみに彼女は変身すると聖王ヴィヴィオ化します。
ある意味で凄い子!
ということで紹介させて頂きます。

vivi2-02.jpg
vivi2-04.jpg
vivi2-05.jpg
vivi2-06.jpg
vivi2-07.jpg

全体はこんな感じです。
このフィギュアの特徴は何と言っても絵からの造形であるが故なのか、横から見ると平べったく立体感が少ないこと…
これが理由なのか、Amazonで安く売られていました。
正面から見たらとても可愛いので見る角度の制限があるフィギュアということですね。
その部分は少し残念ではあります。

これは理由なのか分かりませんが、彼女がこの姿で出てくるvividは漫画でアニメ化はされていません。
最近のなのははアニメじゃなくて漫画メインなんですよね。
だから絵が少なくて平べったくなってしまったのかなという気もしてます。

vivi2-08.jpg
vivi2-09.jpg
vivi2-03.jpg

お顔が一番平べったさが分かる見た目となっています。
その分、正面から見た時の可愛らしさは殺人級です!
とても可愛いし、ほんのりと頬が赤く塗装されてるのがまた良い!

vivi2-10.jpg

手にちょこんと可愛らしく乗っているウサギさんは彼女のデバイス、セイクリッド・ハート、愛称クリスです。
喋らないけど、良く動いて空も飛びます。
何気にこの子の動きが可愛いんですよね。

vivi2-11.jpg
vivi2-12.jpg

クリスはもう1体あり、それ専用の台座もあります。
スケールは動かないから、こういう別の付属品があると嬉しいですよね。
このクリスのポーズはヴィヴィオに似せたもので小さいのに良く出来てます。
ただ何気に後ろから見ると鞄が浮いているのが分かる…
どうやら鞄は手では無く、尻尾にひっついているようです。
一瞬、本当にびっくりした(笑)

vivi2-13.jpg

ちなみにクリスは付け替え可能で手にも乗せることが出来ます。
これはこれで可愛いですね。

vivi2-14.jpg

ただ仕様が手の平にクリスを突き刺す仕様なので何気に痛々しく思えたりもします。
外すと穴がぽっかり…

vivi2-15.jpg
vivi2-16.jpg

服の造形は文句なしでリボンも服の皺も良く出来てます。
何気にセクシィなポーズを取っていますね。
お尻の形が分かる!

vivi2-17.jpg
vivi2-18.jpg
vivi2-19.jpg

足はすっきりと細い美脚です。

vivi2-20.jpg

皆、大好きおパンツは何と水色の縞々!
女の子らしくて可愛く、そこまで良く作りこまれてるなと関心してしまいました。

vivi2-21.jpg
vivi2-22.jpg
vivi2-23.jpg

小物の鞄は別パーツで取り付ける仕様となってます。
持ち手の部分が外れて取り付けられるんですが、結構、壊れやすいらしいので取り付けには注意が必要です。
それは兎も角、この鞄も塗装や造形が本当に細かく良く出来てます。
小さい鞄だと思えば本当に本物そっくりです。
こういうところまで作りこまれていると感動しますね。

vivi2-24.jpg

台座は可愛らしいロゴデザインでクリスのシルエットがあるところも可愛くて良いですね。
個人的に台座が丸く大きくないところを強く評価したいです。
四角いとどうしても場所を取るし、飾る角度も限られてしまうので…

vivi2-25.jpg

ここから髪を重点的に撮影しました!
アホ毛はとても良いんですが、上から見ると前髪との繋ぎ目が気になります。
それと平べったいところが…
これはそういうものとして買わないと納得出来ない人がいると思われます。その部分にはご注意を…
今、予約受付中のアインハルトも多分、これと同じ造形がされてると思ってます。
私はそれを納得して予約してますが、様子見したらヴィヴィオ同様に安くなりそうな気はしますね。

vivi2-26.jpg
vivi2-30.jpg
vivi2-31.jpg

髪を結んだ部分の造形は文句なしに良く出来てますね。
昔、なのはがしていた結び方と同じなのもまた可愛くて良いと思ってたりします。

vivi2-27.jpg
vivi2-28.jpg
vivi2-29.jpg

毛先の造形ですが、アルターらしくは…ないかもしれないなという印象です。
ちょっとバサバサしてまとまりが;
これは大分人を選びそうですね。

vivi2-32.jpg
vivi2-33.jpg

ということでアルター製 高町ヴィヴィオでした!
本当に正面から見るとやばいと感じる程、可愛いです。
目が大きいのに顔のバランスに違和感を感じないのが良いですね。

この子はアインハルトと並べて飾るのがとても楽しみなんですよね!
アインハルト、今年中に発売すればいいけどorz

アルター 聖王ヴィヴィオ

2013年 08月18日 00:54 (日)

vivi1-01.jpg

魔法少女リリカルなのはStrikerS
聖王ヴィヴィオ
アルター 1/7スケール(全高約28cm※台座を含む)
造型製作:田中冬志氏 価格:8190円
発売時期:2010/07

何度も取り直してほぼ諦めでやっとアップ出来ました。
彼女は服が暗い色合いのせいか、他のフィギュアよりも肌が白く写る傾向があるらしくどうしても、それは改善できませんでした;
最初は背景のせいかと思ったんですが、そうでもなさそうです。
それは兎も角、レビューを書かせて頂きます。

vivi1-02.jpg
vivi1-03.jpg
vivi1-04.jpg
vivi1-05.jpg
vivi1-06.jpg
vivi1-07.jpg

シグナム同様にとても立体感があって何処から見てもとても栄えます。
シグナムとポーズや作りが良く似ているのでもしや同じ原型師さんかと思って調べたら、案の定、同じ原型師さんの「田中 冬志氏」でした!
初めてやっぱり、同じ原型師さんは同じようなものを作るんだなぁと実感した今この頃です。

vivi1-08.jpg
vivi1-09.jpg
vivi1-10.jpg
vivi1-11.jpg

肌の白さが目立ってしまうのが気になるところですが、それと同時に表情自体も少し気になります。
叫びの表情なのでしょうが、口角が上がっているので笑っているようにも見えてしまって彼女らしさには欠ける印象です。
彼女もフェイト同様に出生が複雑で、悲しみを抱えながらなのはとこの姿で戦うシーンがあり、とても感動的なんですが、フィギュアでその表情を再現するのは難しいのかもしれませんね。
やっぱり、表情や原作への忠実さに関してはアルターは残念に思う部分が多いなとは思います。

vivi1-13.jpg
vivi1-14.jpg

シグナムと同じ原型師さんなので胸の原型は素晴らしく強調されています。
微妙に乳首も透けて見えているのがエロくてやばいですね。
それと胸下の鎧の造形がシグナムとはまた違った色合いのメタリック感があり、光沢が素晴らしいです。

vivi1-15.jpg
vivi1-17.jpg

キャラデザの関係が腰の装甲は本当にシグナムと良く似てるなと思ってしまいました。
思えばこんな感じでしたね。
余り登場シーン自体、多くない敵キャラなのでそこまで細かく見てはいませんでしたが、本当に良く出来てると感じます。
服の造形に関しては文句の付け所がありません。

vivi1-16.jpg

腕はこんな感じ…手の甲にある宝石はクリアパーツをはめ込んで再現してあるので透明感がとても美しいです。
それと爪が鋭く造形されているのもまた敵キャラ感が出て素晴らしいですね。

vivi1-18.jpg
vivi1-19.jpg

太ももは中々の太さで迫力があります。
足の装甲も手抜きを感じられない出来で素晴らしいです。
こういうの好きですね。

vivi1-20.jpg
vivi1-21.jpg
vivi1-22.jpg

攻撃エフェクトは別パーツで手に取り付ける仕様となってます。
クリアパーツで再現されてるのは勿論のこと、グラデーションが掛けられているのでとても美しく仕上がっています。
これ、普通に回るんでもしかしたら位置がデコマスと違う可能性も;
説明書に書いてあるんですが、箱に入れてあるから見るのも面倒だったりしてorz

vivi1-23.jpg
vivi1-24.jpg
vivi1-25.jpg
vivi1-26.jpg

いつもながらに感動的なアルターの髪の造形を今回も多めに撮影させて貰いました。
リボンも良く出来てますし、毛先が細くふわりと舞う感じがとても上手く表現されています。
同時に今回注目したのは後ろの髪!
結び目に合わせて髪を流して縛っているのか良く分かる細かい造形に感動しました。
こういう造形って意外となかったりするものも見受けられるので細部までこだわっているのが見て取れます。

vivi1-27.jpg

台座はシグナム同様にシンプルな四角い白台座…
個人的に円形の台座にして欲しかったなと飾ってみて思いました。
台座が場所を取る…
でも、まぁ片足立ちの不安定フィギュアなので倒れない為には四角い方が安定するのかもしれませんが…

vivi1-30.jpg
vivi1-28.jpg
vivi1-29.jpg

最後にいつものこだわり撮り!と言っても自己満足なんで良いことは余りないですが;
個人的に口元の造形があれなので手で口を隠したショットをやってみました。
意外と上手くいって格好良いヴィヴィオになったので満足!満足!

ということでアルター製聖王ヴィヴィオでした!
次は小学生ヴィヴィオを予定してます。
お楽しみに!

ちびきゅんキャラ 魔法少女リリカルなのはvol.1 vol.2

2013年 08月16日 15:11 (金)

nanotibi1-01.jpg
nanotibi1-02.jpg

ちびきゅんキャラ
魔法少女リリカルなのは THE MOVIE 2nd A’s
vol.1 高町なのは フェイト・テスタロッサ 八神はやて
vol.2 シグナム シャマル&ザフィーラ ヴィータ
バンプレスト プライズ(全高約6.5cm※台座を含む)

vol.2を購入した記念に現在所持している全種類公開です!
このシリーズはちびきゅんキャラなので小さいですが、ゲーセンで取らずに市販で買うと結構な額になるという恐ろしい代物です。
でも、vol.1で初のちびきゅんキャラとなったはやてが欲しくて購入し、その流れでvol.2も買ってしまうという…
シリーズものは本当に恐ろしいです。

それは兎も角として出来自体は安定のバンプレストなのでプライズ品でしかも、とても小さいにも関わらず本当に良く出来ています。
それでは1つずつ紹介させて頂きます。

nanotibi1-03.jpg

主人公であるなのは…ポーズにちょっと個性がありますが、とても可愛らしく仕上がってる印象です。

nanotibi1-04.jpg

基本的にはねんどろ程、可動しないきゅんキャラですが、ちびきゅんに関しては支柱が体の後ろについているので首を動かすことが可能です。
どの位置でもカメラ目線が出来るというのは雰囲気がまた違ってて楽しめますね。

バンプレストは一番くじを製作しているメーカーですが、だからなのかプライズ品の出来はとても良いと思います。
勿論、プライズ特有の処理の甘さはありますが、他のメーカーよりは個体差がない印象で信用して購入してます。
それとこのシリーズの塗装の色合いが柔らかくて好きです。

nanotibi1-05.jpg

とても気に入っているフェイトです。
ポーズと優しげな微笑がとても可愛らしいです。

nanotibi1-06.jpg

ちょっと向きを変えてみるとまた雰囲気が…

nanotibi1-07.jpg

初のちびきゅんキャラ化となったはやて…
貴重なのでオクでも他の子と比べて高値で取引されてる印象です。
実際良く出来ていますし、安定の可愛らしさがあります。

nanotibi1-08.jpg

全体的に装飾が細かいのですが、この塗り分けの綺麗さ!
素晴らしいですね。
それとこのvol.1で評価したいのが武器が手から外れないこと…
基本的に別パーツになりやすい武器はポロリの原因になって苛々するのですが、これは完全にひっついているからポロリしない!
本当に嬉しい仕様です。

nanotibi1-09.jpg

ここからはvol.2のキャラになります。
先程、はやてで語った武器の件…
何故かこのvol.2は別パーツとなっていました。
私が評価した仕様を変えてしまうとは個人的にとてもショックです。
やっぱり、破損の原因になるからなんでしょうか。
このシグナムは剣も鞘も別パーツだから取り付けに苦労しました。
まぁ意外としっかりついててポロリが少なそうなのが幸いですが…

nanotibi1-10.jpg

それは兎も角、シグナム本体についてですが、服装や武器の塗り分けに関しては本当に良く出来ています。
表情が険しいのもまた彼女らしくて良いとは思うのですが、個人的に口は閉じてた方が格好良かったのではとも思いました。

nanotibi1-11.jpg

バンプレストのプライズは髪の毛がとても丸みを帯びた造形になっていることが多い気がします。
こういうデフォルメフィギュアではこういう造形がまた柔らかな印象を与えて好きです。

nanotibi1-12.jpg

ツンデレ幼女のヴィータ!
ツンとした表情が彼女らしくて可愛いです。
ただ肌の色が他の子より白すぎる気が…
塗装忘れでしょうか。
個体差で外れに当たるのは余りないのでちょっと残念かも…

nanotibi1-13.jpg

ヴィータは帽子のデザインが可愛くて好きです。
この衣装、はやてがデザインしたものという設定になってますが、センス良すぎですよね。
この帽子はヴィータのお気に入りみたいでなのはがその帽子を焼いてしまった時は大分怒ってたのを覚えてます。
どうせ直ぐに再生するんだろって私は思ってしまいましたが(笑)

nanotibi1-14.jpg

こっち向きが結構良い感じかも…
この子、本当に良く出来ていますが、他の子より頭が大きめなんですよね。
並べて飾る時にバランスがちょっと悪くてそこが残念に思います。

nanotibi1-15.jpg

最後にシャマルとザフィーラ!
シャマルは武器が指輪だからパーツ取り付けが無くて組み立てが楽で幸いです。
本も別パーツ仕様じゃなかったですし…
このvol.2は全員が厳しい表情ですね。
悪くはありませんが、笑顔が好きな私としては合わなかったなという印象はあります。

nanotibi1-16.jpg

服の塗装が本当に綺麗で素晴らしい!
小さいのにここまで出来るとは驚きです。

nanotibi1-17.jpg

私、この子が何気に欲しかったんですよね。
ザフィーラのわんこ形態、とても可愛いです!
ただ台座に差し込む場所が無かったのでちょっと動かすと倒れてしまって大変です。
台座に固定して欲しかったな。

nanotibi1-18.jpg

主とその騎士達、全員集合!
でも、並べるとやっぱり、身長に違和感が;
これはデフォルメフィギュアの仕様上、仕方ないのかもしれませんね。
特にシグナムは大股を開いているので低めな造形になってますし…

nanotibi1-19.jpg

好きなキャラ、二人で撮影!
A'sはこの二人の対決が好きでした。
二人とも本当に格好良かったですし、この二人の絡みも好きなんですよね。

nanotibi1-20.jpg

ついでに良く絡んでたもう1組も撮影!
なのははヴィータが好きなのか、事あるごとに絡んでましたね。
この二人の掛け合いも結構好きです。

nanotibi1-21.jpg
nanotibi1-22.jpg

でも、撮影はやっぱり、3人セットが栄えるなと思ったのでこんな感じに…
個人的にはvol.1の方が全体的に良く出来ていた印象です。
ただ私は笑顔が好きなのでほぼそのせいだと思われます。
個人の感想なので良いと思われたのなら買いです。
本当に小さいのに良く出来ている…それが一番の感想ですね。

このシリーズ、vol.3とかあるのかなぁ。
A'sの主要メンバーは全員出てきた印象ですが…
ちょっとクロトとか野郎を期待したいと思う私が居ます。

アルター シグナム

2013年 08月14日 16:23 (水)

sugu1-01.jpg

魔法少女リリカルなのはStrikerS
シグナム
アルター 1/7スケール(全高約28cm※武器を含む)
造型製作:田中冬志氏 価格:9240円
発売時期:2009/01

守護騎士シグナムさんです!
凛々しくて格好良い彼女ですが、このフィギュアはそれをちゃんと表現していると同時に立体感と迫力が素晴らしいです。
今回もフレン同様に黒背景で画像編集ソフトのトーンカーブを駆使しました。
彼女は色合いが明るめなのでこの撮影方法が適してるかと…
白服は尚、カメラでは明るめに写るので編集が大変でしたけどね。

sugu1-02.jpg
sugu1-03.jpg
sugu1-04.jpg
sugu1-05.jpg
sugu1-06.jpg

一回転して撮影してみましたが、この立体感、本当に凄いですよね。
何処から見ても格好良く平面的に見える部分が全くありません。
その分、とても場所を取るのでそこが問題だったりもします。
1/7スケールということで全高が30cmぐらいあり、全てにおいて場所キラーですね。
新作のシグナムはこれよりも全高が高い気がしているので恐ろしく思いつつも楽しみではあります。

sugu1-07.jpg

写真の通り、ミラ様同様に剣の位置が悪く、前から撮影すると顔が剣で隠れます。
迫力を追求するとこの剣の位置は仕方ないのかもしれませんが、撮影する側から見れば厄介な造形だと言わざる終えません。

sugu1-08.jpg

ということでミラ様同様に剣は外させて貰います。
剣自体は問題なく金属の光沢が生きていて素晴らしいの一言です。
ちなみに台座は名前がプリントされているシンプルなものです。
アルターのなのはシリーズは全てこういう台座が使用されています。

sugu1-09.jpg
sugu1-10.jpg
sugu1-11.jpg

お顔は凛々しく格好良いシグナムさんそのもので本当に素晴らしいです。
不敵に笑ってる表情が堪りませんね。
どこから見ても格好良いです。
ただ顔が大分俯いているので光を当てても顔に影が出やすいという特徴があります。
これも大分下からのアングルで撮りました。

sugu1-12.jpg
sugu1-13.jpg
sugu1-14.jpg
sugu1-15.jpg

お胸の造形ですが、これでもかという程、しっかりと立体化されていてとてもエロティックです。
ここまでシグナムの胸大きかったかなと思う部分があります。
服の上からお胸が張り出しているフィギュアは良く見かけますが、これは賛否が分かれそうですよね。
個人的にはちょっと不自然過ぎる印象です。

sugu1-16.jpg

全体的な服の皺は本当に文句無く自然に造形されています。
違和感を感じさせない自然な仕上がりにするって職人技を感じますよね。

sugu1-17.jpg
sugu1-18.jpg

篭手や腰の鎧の金属感は武器同様に素晴らしいです。
色つきの鎧とはまた違った金属です!って心より主張しているような光沢と質感が凄いですよね。

sugu1-19.jpg

ひっそりと気になるあれを公開!
お尻の造形ヤバイ!
服装のせいか余り分かりませんが、大分お尻は大きめに作られていました。

sugu1-20.jpg
sugu1-21.jpg

ひらぁ!ばさぁ!が大好きな私にはこのコートの皺の造形は感動ものです。
本当に良く出来てます。
ちなみに彼女が手に持ってるものは鞘です。
彼女は抜刀剣の使い手なので片手に鞘を持って抜き差ししながら戦います。
抜刀剣って格好良いですよね。

sugu1-22.jpg
sugu1-23.jpg
sugu1-24.jpg
sugu1-25.jpg

髪を中心に撮影してみました。
アルターの特徴ともいうべき髪の造形は問題無くアルターそのものです。
ひっそりと見える三つ編みもちゃんと表現されていますし、リボンも細く、毛先の表現も細く美しく表現されてます。
素晴らしいですけど、アルターの髪はだからこそ折れそうで怖いという欠点があるかもしれませんね。

sugu1-26.jpg
sugu1-27.jpg

ということでアルターのシグナムでした!
新作のシグナムが本当に楽しみ!

アルター フレン・シーフォ

2013年 08月09日 23:22 (金)

huren01.jpg

テイルズオブヴェスペリア
フレン・シーフォ
アルター 1/8スケール
(全高 フレン:約22cm※台座含む/ミニフィギュア:約6cm)
造型製作:本体:みらの氏 ミニフィギュア:乙山 法純氏
価格:7140円 発売時期:2011/04 再販2012/09

ユーリと並べたかったので先日購入したフレンを紹介させて頂きます。
彼はミラ同様に明るい色彩を持っていたので100均で買った黒フェルトを背景に使って撮影し、ミラ同様に編集ソフトのトーンカーブを使ってフレンだけ際立たせています。

huren02.jpg
huren03.jpg
huren04.jpg
huren05.jpg

全体はこんな感じ…
本当に騎士様って感じで格好良くはあります。
白と青の色合いが正義!って感じがしますよね。

huren06.jpg
huren07.jpg
huren08.jpg

お顔はこんな感じです。
どの顔でも安定のイケメンですね。
素直で優しげな笑顔が本当に素敵です。

huren09.jpg

甲冑は金属感と光沢があってとても良く出来ています。
ごつごつとした感じが上手く表現されていて鎧好きには堪りませんね。

huren10.jpg

ただポーズが悪くて胸の細かい装飾が見えないのが残念…
ここも良く出来てそうなので…

huren11.jpg

片腕が取れることを良いことに見せてもらいました!
服の皺もリアルで本当に凄い!
ここは本当に隠すのが勿体無いぐらい精密な造形がされれている気がします。
ちなみに腕が取れる理由は別パーツである剣を手に持たせてから鞘に入れる為の仕様です。
取れなきゃ入らない…

huren12.jpg

剣はこんな感じ…
意外と質素なんですよね。
藤島氏デザインだからという印象があります。
いのまた氏デザインのミラの剣と大分違う…

でも、篭手は良く出来てますよね!
細かい関節の造形は本当に素晴らしいです。

huren14.jpg
huren15.jpg
huren16.jpg

マントも塗装や色合いがとても綺麗で格好良いです。
でも、個人的に折角、マントがあるならもうちょっと風に揺らしてヒラァってさせて欲しかったなとひらひら好きの私は思う訳でして…ちょっと残念です。
立ち姿だとしてももうちょっと立体感と迫力が欲しいところです。
前から見たらユーリ以上に直線で余り横幅が無く華やかに見えない…
見た目はとても華やかなのに…

huren13.jpg
huren17.jpg

鎧の造形に関しては何度も言うように文句無しに素晴らしいです。
鎧好きには堪らないのではないでしょうか。

huren26.jpg

台座はユーリと繋げられるので同じブロック床です。
何か見てると他にも繋げられそうに思うのは私だけでしょうか。
ヴェスペリアシリーズはユーリ、フレンしか今は持ってないですが、やるなら全部繋げられるようにしてくれるとファンとしては集めたくなりますよね。
でも、確かこの二人以外は違った気もします。

huren18.jpg
huren19.jpg

格好良く見えるアングルを探して撮影してみました。
彼はポーズが縦長だからちょっと斜め撮りした方が華やかに見える印象…
それとフレンは白の正義の象徴だから背景は明るい方がいいかなと思いましたが、そうでもなく黒もあってて良かったです。
背景は対比色の方が良いかもしれませんね。

huren20.jpg

ユーリでは面倒で紹介しませんでしたが、ヴェスペリアシリーズには全てこのミニフィギュアがついています。
これが小さいのに良く出来ていて、フレンに関しては鞘、盾、剣が別パーツで付随されています。
小さいので組み立てるのに結構、苦労しました。

huren21.jpg
huren22.jpg
huren23.jpg

ちなみにこのミニフィギュア、本体と造形師さんが違うみたいです。
役割分担とかもありですよね。
本当に小さいのにしっかりと塗り分けられてて中々の出来栄えです。

huren24.jpg

ユーリのミニフィギュアと並べるとこんな感じ…
そして、気づいた…ユーリはこの背景で撮っちゃいけないことを…
フレンはぴっか~ってこれでもかというほど、光ってるけど、ユーリはめっちゃ輪郭がぼやっとしてますね。
本当に色合いだけでも見事に対比されてるなと思いました。

huren25.jpg

後ろを撮ってみるとこんな感じ…
デフォルメされているので髪の造形も本体以上に塊みたいです。
ユーリもフレンぐらい良く出来てて欲しかったな…
ってか、剣、何処行った…

huren27.jpg

本体の台座を組み合わせるとこんな感じになりました。
ミニフィギュアを撮影している時にこれ、本体撮ったらユーリ、お化け状態になるんじゃね?と危惧しましたが、意外とちゃんと写ってくれてほっとしています。
本当に二人が並ぶと最高に良くて1つの作品が出来上がった印象です。
本当に買って良かった!
二人とも本当に格好良いです。

huren28.jpg

ちょっと接近撮影…
何気に台座が円形になっているのでフレンの向きが中向きになってしまっています。
違う場所にも嵌められないかなとユーリの左側につけようとしましたが、合わなかったです。
フレン、もうちょっと前向きに飾りたかったなと思ってしまいました。

huren30.jpg

台座はこんな感じ…
反対側でも嵌められそうな気がしましたが、意外と上手く行かずにこの位置固定みたいです。

huren31.jpg

ということでアルターのフレンでした!

アルター ミラ・マクスウェル

2013年 08月07日 18:23 (水)

mira1-01.jpg

テイルズオブエクシリア
ミラ・マクスウェル
アルター 1/8スケール(全高21cm)
原型製作:ルーニー氏 価格:8190円
発売時期:2012/12

ユーリに続いてミラ様も撮影してみました!
彼女は全体的に明るめの色合いを持っているので背景を藍色のフェルトにしてみましたが、個人的に上手くいったのではないでしょうか。
フェルトの材質が写ってるのでまだ改善の余地はありますが、ある意味で暗い背景の撮影が上手くいった気がします。
別に意図したものではなかったのですが(笑)

この画像には加工ソフトでちょっと効果をつけてみました。
加工ソフトのトーンカーブという部分を弄って暗い部分を暗めに、明るい部分を明るめに修正してみたのです。
ちょっと違和感を感じるのでこれも改善の余地はありますが、この修正方法が分かったのでこれから使っていこうと思います。

mira1-02.jpg
mira1-03.jpg
mira1-04.jpg
mira1-05.jpg

これもユーリ同様に普通の立ち姿なので横から見るとほっそりして立体感はそれなりといった感じですが、彼女らし髪のボリュームとポーズが本当に良く出来ていてとても気に入ってます。

mira1-06.jpg

お顔もミラ様らしい美しく文句のない見た目で素晴らしいの一言です。
アイプリもとても綺麗にプリントされてますよね。
唇がほんのりとピンク色なのもまたセクシィさが出てる気がします。

mira1-07.jpg
mira1-08.jpg

別角度から撮ってもユーリ程、違和感がないですね。
ユーリよりもお顔に関しては良く出来てるかも…
持ち上げた腕と剣のせいで撮影アングルが制限されてしまい、大分苦労します。
撮影者泣かせなフィギュアかもと思ったり…
剣を掲げているフィギュアって多いから良くある問題だったりしますよね。
アルターのシグナムもそうでした。

mira1-09.jpg

ということで邪魔な剣は取り外しましょう。
掲げる方向が悪くて撮影していると細い部分しか見えませんが、実際はこの剣自体も良く出来ています。
細かいところまでしっかりと塗りわけられているのを見るといつも感動しますよね。

mira1-10.jpg

彼女の特徴とも言えるボリュームのあるお胸の造形も素晴らしいです。
お胸を隠す布の皺もちゃんと表現されているので違和感を感じないのも素晴らしい!
何気に私は首元の装飾品も良く出来てるなと思いました。

mira1-11.jpg

谷間もしっかり造形されています。
胸の造形が服の上からもがっつり造形されてるフィギュアよりも個人的にはこういう自然なちら見せの方が好きです。
元々エロには興味がないのでそのせいかもしれませんけどね;

mira1-12.jpg

下から見てもボリューミー!
形がとても美しく巨乳というより美乳といった感じでそういうことが好きです。

mira1-13.jpg
mira1-14.jpg

横から見ると大きさが本当に良く分かる!
本当にセクシィですね!
ほっそりとした美しいくびれもまた芸術的だと思います。

mira1-15.jpg

服はこんな感じ!
いのまたさんのキャラは基本的にこういう布を巻いてるんじゃね?
と思うような衣装のキャラが多く、また装飾品が多いんでフィギュア化させ難いと言われているんですが、全体的に良く出来てますよね。
ただ良く見ると腰に巻かれた黒い紐に色のはみ出しが見られます。
アルターにしては珍しいですよね。

mira1-16.jpg

お尻を隠す布は別パーツでずらすと黒いおパンツが見れます。
壊れるが怖くて余り動かしたくないんで撮影はしませんでしたが、何気にこのスリットの横から見えないのが凄いですね。
ある意味、絶対領域!

mira1-19.jpg

足の紐も良く見ると塗装のはみ出しが…
こういうのって肌と同じパーツだから色のはみ出しがしやすいんでしょうか。
これが無かったらほぼ完璧なんですけどね。

mira1-17.jpg
mira1-18.jpg

ブーツの塗装に関しては文句なしの満点です!
リボンなどの立体造形も良く出来てます。

mira1-20.jpg

台座はクリアパーツで作られています。
エクシリアのロゴに描かれている花と水泡がとても美しいです。
ミラをイメージしてピンク色なのもまたいいですよね。

mira1-21.jpg
mira1-22.jpg

いのまたさんらしい装飾の多いグローブも良く出来てます。
いのまたさんのキャラは造形し辛いかもしれませんが、購入する側からすれば華やかだからフィギュア向きだと思うんですよね。
ミラ様を気にいのまたさんのキャラの立体化に期待したいです。
何気にコトブキヤのリオン以外は立体化されてませんですからね。
ソフィとか欲しいな。
ツインテをアルターらしい細かい造形にしてくれればグッド!

mira1-23.jpg

ここからは髪に注目していきます!
先ずは彼女の特徴であるアホ毛!
クリアパーツで再現されており、先がグラデーションの掛かった緑色になっててとても美しいです。

mira1-24.jpg

長い髪も全てクリアパーツで表現されているのですが、ツヤ消しが強く掛けられていてクリアパーツに見えないということが個人的に残念です。
クリアパーツにするならツヤを残して透明感を出して欲しかった!

mira1-25.jpg
mira1-26.jpg
mira1-27.jpg
mira1-28.jpg

造形に関しては賛否が分かれそうですが、個人的にとてもボリュームがあり、細かい跳ね上がりが表現されており、ミラ様らしい造形になっているのが素晴らしいです。
ゲームでも彼女の髪のボリュームは目を見張るものがあったので…
ただ同じことを言いますが、毛先だけでも透明感を残して欲しかったです。
これなら髪をクリアパーツで作る意味がないんじゃないのではと思ってしまったり…

mira1-29.jpg
mira1-30.jpg
mira1-31.jpg

下からのアングルで撮影してみました。
剣があったら出来ないアングルです。
つくづく剣の位置のせいでアングルが限られているのが残念だなと思います。
ミラ様のお顔は何処から見ても美しいのに…

mira1-32.jpg

ちなみに剣があるとこんな感じになります。
平然と被ってくる…

mira1-33.jpg

ちなみに剣の持ち手の部分は可動します。
そんなところは良く出来てますよね。
これのお陰で破損の心配がないのがいいかと…

mira1-34.jpg

ということでミラ・マクスウェル様でした!
ミラ様の衣装はこれの他に分史ミラとエクシリア2ミラ衣装があるのでそれも発売してほしいとマジで思います。
ってか、ルドガー発売してくれないかな!
武器は三種類装備可能で格好良くポーズをつけているルドガーでエルとルル付きだったら最高!
万以上でも買うよ!

アルター ユーリ・ローウェル

2013年 08月07日 03:13 (水)

yu-ri1-01.jpg

テイルズオブヴェスペリア
ユーリ・ローウェル
アルター 1/8スケール
(ユーリ:全高21.5cm ミニフィギュア:全高5.5cm)
原型製作:みらの氏 価格:7140円
発売時期:2011/01 再販2011/05 再再販2012/07

一度、ブログを削除したので再度、新しいカメラで撮影しました!
多分、私の初のスケールフィギュアだと思われます。
フィギュアに興味がなかった時期ですが、テイルズのユーリが好きで丁度再販して定価で売ってたものを運良く購入できたんですよね。
何度も再販してますが、それでもヤバイ程のプレ値になってますから、本当に大人気なんだなって実感できます。
本当に私は運が良かったです。

yu-ri1-02.jpg

お顔は安定のイケメン!
格好良い上に挑発的な笑みがユーリらしくて素晴らしいですね!

yu-ri1-03.jpg
yu-ri1-04.jpg
yu-ri1-05.jpg
yu-ri1-06.jpg

色々な角度から撮ってみました!
普通に立ち姿だから迫力は余りないですが、全身黒色という塗り分け辛いキャラにも関わらず、服の模様全てが上手く塗り分けられていてそこが流石、アルターだなと思います。

思えばテイルズシリーズのフィギュアは大体、大人めの立ち姿ですよね。
最近、スケールフィギュアを買い始めて迫力のあるポーズのフィギュアを何度も見てきたのでテイルズもここらへんで格好良く武器を構えた造形をしてくれないかなって思ったりはします。
戦闘キャラなんだから迫力がないと…ねぇ?

yu-ri1-08.jpg

服の塗り分けははみ出しが全く見られない素晴らしい塗装となっています。
帯は金色にちょっとメタリック加工がされているのもまた格好良くていいですね。
腕を曲げた状態での袖の皺とかもしっかり刻まれており、違和感を感じさせない造形も見物です。

yu-ri1-09.jpg

ブーツも本当に細かい!
職人技を強く感じます。台座も町のブロック床を再現した作りで正にそこに立っている…そんな感じが伺い知れます。

yu-ri1-10.jpg
yu-ri1-16.jpg

ヴェスペリアでは戦闘の要とも言えるブラスティアもメタリック加工がされており、高級感があります。
ちなみに下の写真は腕が取り外し可能なので取り外して撮影しました。
そのままだとどうしても、髪が邪魔でブラスティアの全体が分からないので…
個人的に髪のなびき方をもうちょっと上手く出来なかったのかなという不満はあります。

yu-ri1-11.jpg

ユーリ特有のセクシィな胸元もちゃんと存在します。
ただ余り上手く作りこまれていないのか、意外と平坦なんですよね。
胸元がちょっと割れててもいいだろうに…
髪がそれをごまかすように胸元を隠している印象でその部分はちょっと残念に思います。
まぁ男の肌には余り興味がないですけどね(笑)

yu-ri1-12.jpg

次に髪の造形についてですが、アルター製にしては細かくなく固まりとして造形されています。
ユーリは折角、髪が長いんだからアルター製お得意のほっそりと先細りして軽くしなやかな髪の造形をしてくれたって良かっただろうに…
買った時はそう思いませんでしたが、色々なフィギュアに手を出してみると違うことが見えてくるなとこれを撮影しながらつくづく思いました。

髪が多くて片側になびいているので左側から見るととても違和感を感じます。
元絵があってそれを忠実に再現したのか、大分見る角度が制限されてしまっているのかもしれません。

yu-ri1-13.jpg

服に関して言えば背中の模様も手抜きせずにちゃんと描かれていますし、鞘の紐がふわりと舞っててそこには立体感を感じます。
yu-ri1-14.jpg

持っている鞘はこんな感じですが、塗装に問題は全くなさそうです。
そういうクオリティだけは安定してます。
ちなみに原作では鞘は腰につけずに紐を掴んでずっと手に持っている設定なんですが、これに関しては鞘だけ別パーツで外れます。
穴が浅すぎてちょっと触っただけでポロリしてしまうところが残念ですね。
これだと本当に鞘が腰についているように見えてユーリらしさが欠けるところもちょっとした減点対象になるかも…
ユーリが大好きだからこその評価です。
鞘は手に持ってぶら下げて欲しかった!

yu-ri1-15.jpg

ちなみに剣も別パーツで取り外し可能です。
ってか、箱には別に同根されています。
組み立てるには先に持つ手を本体から抜いて手に剣を差込み、手を再度本体に差し込んで完成!
簡単と言えば簡単ですが、手が抜けることをちゃんと説明書を読んで理解しておかないと悪戦苦闘します。
何気に剣をつけた場合のことを考えて髪にへこみがあるのも変わってますよね。
つけないと見栄えが悪くなるのですが、つけた時は自然に見えるので良く出来てるなって思ったり…

yu-ri1-17.jpg
yu-ri1-18.jpg
yu-ri1-19.jpg

お顔も基本的には良く出来ていますが、見方によっては変に見える部分もあり、難しいところです。
まぁ立体化するとどうしても、角度の制限は出てきますから仕方ないといえば仕方ないですね。
個人的に一番上の写真が不敵な笑みに見えて格好良いなって思ったり…
彼は前髪を微妙に分けていたりするから尚更なのかも…

yu-ri1-20.jpg
yu-ri1-07.jpg

ということでテイルズの大人気キャラクター・ユーリ・ローウェルフィギュアでした!
格好良くユーリファンなら絶対買いのフィギュアです。
アルター製にしてはとても大人しい造形なのでフィギュアファンにとっては明らかに物足りないフィギュアかとは思いますが、ユーリは今のところ、他に一番くじしか出てないので必然的に選択肢がなくなります。
一時的に前回の一番くじのユーリフィギュアを所持していたことがありましたが、これとの余りの出来の違いに直ぐに手放してしまいました。
正直に言って500円で引ける一番くじフィギュアのクオリティはプライズと同等ぐらいでアテになりません。
そのくせ、貴重価値が高いから高値で取引されており、出来と金額が割に合わないという…

って一番くじへの愚痴になってしまってすいません。
ユーリファンにはアルター製をオススメします!
ただプレ値買いの価値があるかは断言出来ないといいますか、アルター製としては並の出来なので正直、キャラで買わない限りは損をするかと;
何度も再販されてますからこれ以上、期待できるかどうか不安ですけどね;
何で何度も再販されてるのに彼だけずっとプレ値キープなんだろ…本当に不思議…

アルター フェイト・テスタロッサ 私服Ver.ワンフェス版

2013年 08月06日 22:00 (火)

feit3-01.jpg

魔法少女リリカルなのはThe MOVIE 1st
フェイト・テスタロッサ 私服Ver.
-An oath and a little wish-
アルター 1/7スケール(全高約19cm)
原型製作:槙尾 宗利氏 価格:5000円
ワンダーフェスティバル限定販売品 発売時期:2011/02/06

もう一つのアルター製私服フェイト公開です!
確か、この子が初めて買った私服フェイトだった気がします。
Amazonで安く売っててそこのデコマスではとても可愛らしく笑っていたのでいいなと思って購入したのですが、実際は笑ってなくて無表情だったので残念に思った品なんですよね。
ワンフェス限定なのに安く売られている理由が分かる気がします。通常版の方が可愛いので…

そこから懲りずに自分の好きなお顔を探して通常版とコトブキヤ製を買ったんですよね。
これだってものがなかったので結局、3体全て横に並べて飾ってますが…

feit3-02_201308060135354de.jpg
feit3-03.jpg
feit3-04.jpg

普通の立ち姿でも顔以外の造形は文句なしなので何処から見ても見応えがあります。
何気に後ろが凄いと思いますね。
アルターの髪造形はこういう髪の多いロンゲでこそ、発揮されてると思います。
ふわりとなびく髪が本当に柔らかそう…

feit3-05.jpg

お顔は本当に無表情って感じで寂しいです。
多分、1stの悲しい事実を背負ったフェイトを表現する為に用意された表情なのかもしれませんが、アイプリが大きめで寂しく儚げなフェイトを表現できてないですね。
これならふわりと笑ってくれた方がまだ可愛いなと感じて許せるのですが、中途半端感があって残念です。
ちょっと瞼を伏せるようなアイプリにするだけで大分違うと思うんですけどね。

feit3-06.jpg

手のバルディッシュは別パーツなので取り外し可能です。
指の間にそっと入れるだけで落ちたりはしないですが、無くさないか不安感はあります。
小さいパーツですし…

feit3-07.jpg

手の造形が可愛らしくてよく出来てますよね。
ちょっとぷっくりとしていて本当に手だなと感じます。

feit3-08.jpg

下半身はもしかしたら使いまわしかもしれませんね。
ほぼポーズが同じなので…

feit3-09.jpg

台座は黒のクリアパーツで名前入り!
同じではないのが幸いですが、質素ですよね。

feit3-10.jpg

後ろの髪に再注目!
本当に美しいなと思います。
でも、何でこんなに印象に違いがあるのだろうと疑問に思う部分も…
コトブキヤも良く見たら細かい髪の造形がされていたりするんですが、何か滑らかさがなくてずっしりと重い印象に見えるんですよね。
髪を自然に魅せる技術はアルターがぴか一だなと心から思います。

feit3-11.jpg

そして、このフィギュア…
何と通常版と首に互換性があって髪型を変更可能という素晴らしい仕様があります!
首がそのまま、取れる仕様ではなく、服と肌の境目から取り外せてつけられるという仕様なので境目が目立つこともなく、説明書に書かれていなければ気づかなかったであろう仕様でした。

そして、思ったのがこの表情にはこのポーズの方が似合ってる気がするということ…
武器を持ってなくてバルディッシュを摘んで持つ姿が本当に可愛らしくてこれは両方買うように仕掛けられた罠なんじゃないかと思いました。

feit3-12.jpg
feit3-13.jpg
feit3-14.jpg

色々な角度から撮影してみました!
うん!本当に可愛いです!
このポーズとお顔の組み合わせが気に入ってるので基本的にはこれで飾ってます。
余りに似合いすぎて一瞬、このポーズのままで最初の撮影をしてしまう自体になりかけました(笑)

feit3-15.jpg

ちなみにこちらも勿論、撮影しました。
これも普通に似合ってますよね。
冷たい表情だからこその武器が際立ってる感じがします。

feit3-16.jpg
feit3-17.jpg
feit3-18.jpg

何かこの子、格好良い!

feit3-19.jpg

ということでアルター製私服フェイトでした!
うん。結局、どれも良くはできてる!
もはや、好みの問題な気がします。

アルター フェイト・テスタロッサ 私服Ver.

2013年 08月05日 22:02 (月)

feit1-01.jpg

魔法少女リリカルなのはThe MOVIE 1st
フェイト・テスタロッサ 私服Ver.
アルター 1/7スケール(全高約19cm)
原型製作:槙尾宗利氏 価格:7140円
発売時期:2011/02

コトブキヤ製に続いてアルター製を公開します!
同じキャラなのにメーカーが違うというだけで大分、雰囲気が違いますよね。
表情に関して言えばコトブキヤ製の方が可愛らしいですが、全体的な造形はアルター製に軍配があがりそうな印象です。

feit1-02.jpg
feit1-03_2013080521422358b.jpg
feit1-04_20130805214224dd4.jpg
feit1-05.jpg

全体を通してみるとこんな感じです。
1/7スケールだからなのか、コトブキヤ製の武器持ち私服フェイトよりも横幅を取ります。
真横に持ってるのが原因なのかも…
ただコトブキヤ製のように腕を差し替える仕様ではなく両手に武器を通す仕様なのでポロリの心配は全くありません。

feit1-06.jpg

注目のお顔ですが、ほんのりと笑っている感じでしょうか。
口の造形が小さいので表情が固くなってしまっている印象はあります。
ただこのお顔も悪くはないので全体の出来を考えるならやっぱり、アルター製のこの子が一番オススメできそうです。

feit1-07.jpg
feit1-08.jpg

左右から見るとこんな感じ…
何気に正面より可愛いかも…
コトブキヤ製は可愛く見える角度に制限がありましたが、この子はそれなりに何処から見ても可愛く見えます。

feit1-09.jpg

リボンの塗装は塗ってます感が無くて自然な仕上がり、細かいところまで良く出来てます。

feit1-10.jpg
feit1-11.jpg

頭のリボンはなのはに貰った白じゃなくて彼女がいつもつけている黒なのですが、光沢があってとても綺麗に見えます。
思えば私はクリアパーツの次ぐらいにこの光沢感が好きですね。
きらきら大好きです。

feit1-12.jpg

バルディッシュの作りも中々のものです。
光沢があってメカ感というのが強く格好良いですね。

feit1-13.jpg

服は単調な色合いの黒ですが、ひらひらと自然なスカートの造形が良く出来てますね。

feit1-14.jpg

足の造形はこんな感じ…服や足に関してはアルター製もコトブキヤ製も目立った違いはない印象です。

feit1-15.jpg

服とは違い、靴には光沢があります。
こういう小物にツヤがあると高級感が増しますね。
全体的にピカピカなのは流石におかしいですが…
後、台座は透明台座に名前だけ入った自然なものになってます。
この私服フェイトに関してはどちらも本当にシンプルですよね。

feit1-06.jpg

ということでアルター製 私服フェイトでした!
今はモチベが続きませんでしたが、アルター製の私服フェイトはワンフェス限定のもう1体のものも所持しているので次に公開したいと思います。
お楽しみに!

コトブキヤ フェイト・テスタロッサ-私服-

2013年 08月04日 02:09 (日)

feit2-01.jpg

魔法少女リリカルなのはThe MOVIE 1st
フェイト・テスタロッサ-私服-
コトブキヤ 1/8スケール(全高約16.5cm)
原型師:阿部まさと氏 価格:7140円
発売時期:2011/03/23

ホームセンターに行ってもう1つ照明を買ってきたので大分前に購入したフィギュアを撮影してみました!
照明は上からと前の左右から照らして撮影しました。
そこまで変わった感じはなさそうなのですが、前までは照明を撮影の度に移動させてたのがその必要が無くなっただけ良かったと思うことにします。

feit2-02.jpg

お顔がとても可愛いです。
私はアルター製の私服フェイトも持ってますが、お顔に関してはコトブキヤの方が好きです。

feit2-03.jpg
feit2-04.jpg
feit2-05.jpg
feit2-06.jpg
feit2-07.jpg

私が初めて購入したコトブキヤ製のフィギュアなのですが、アルター製が見慣れていたので塗装や全体の造形に関しては個人的にイマイチです。
コトブキヤは塗装がのっぺりしてて髪の造形が太く髪に重みがある印象…
ただフィギュアはお顔が全てだと思っているのでそれなりに満足はしてます。
余り人気が無いのか、安く手に入りましたしね。

feit2-08.jpg

お顔のアップ!
アイプリがとても綺麗で顔に関しては大満足です。
1stの最後でなのはがフェイトに送ったリボンをつけているというところもなのはファンには堪らない部分ですね。
1stが終わった後だからこそのこの笑顔とも言えるのかもしれません。
1stのシナリオ中の彼女は笑わない子なので…

feit2-09.jpg

胸元のリボンの塗装がはみ出していて素人塗装のように見える…
古いフィギュアだからかなと思いましたが、調べて見ると2011年3月25日発売で2年前、最近と言えば最近な気がします。
個体差か、このフィギュアだけ出来が悪かったのか…コトブキヤでも良いと思えるフィギュアがあるだけに残念ですね;

feit2-10.jpg

手には密かにバルディッシュを所持!
密か過ぎて余り目立たないのが寂しいなと思ったりします。

feit2-11.jpg

太ももはそれなりに肉付きのある良い感じになってます。
綺麗なおみ足ですよね。

feit2-12.jpg

髪パーツが取替え可能で髪下ろしver.にも取り替えられます。
この仕様は中々いいかもしれません。
髪の取替えはねんどろのように前髪を外して後ろ髪を外し、後ろ髪だけ取り替えて組み立てる感じになってます。
前髪は変わってないのにこの雰囲気の違いは凄いかと…
髪って本当に凄いなと思います。

feit2-13.jpg
feit2-14.jpg
feit2-15.jpg

髪下ろしver.だと尚、分かるコトブキヤの髪の太い造形…
しかも、毛先に茶色いグラデが掛かっているので尚、太く重みがあるように見えます。
個人的にこのグラデはいらなかったと思います。
私は茶色が苦手なので尚思うのかもしれませんね;

feit2-16.jpg

ちなみにバルディッシュは武器形態にすることも可能です。
手首の黒い部分から取り外しが可能で手首ごと取り替える感じとなります。
ただ武器形態のバルディッシュはそれなりに重みがあるので手首からポロリしやすいです。
この仕様、何とかならなかったのかとマジで思う…

feit2-17.jpg

良く見るとパーツの分かれ目が分かるかも?
爪の塗装はそれなりに良く出来ているんですけどね。

feit2-18.jpg

正面から見ると無いものより見応えはあります。
ただ横幅がそれなりに取りますけどね;

feit2-19.jpg

バルディッシュの造形はそれなりに武器っぽい光沢があって良い感じです。
こういう部分に手抜きをすると本当に安っぽく見えるのでそれは無くて安堵…

feit2-20.jpg

髪下ろしver.ではこんな感じになります。
これはこれでいいかも!

feit2-21.jpg

台座はこんな感じになっております。
クリアパーツは良いですが、何か寂しくて味気ない感じですね。
後、靴のリボンの塗装も塗りました感が凄い;

feit2-22.jpg

ということでコトブキヤ製私服フェイトでした!
古いフィギュアだから色々と残念に思うことは多いですが、とても安く買えたので満足してます。
次はアルター製の私服フェイトをアップしようと思います!
お楽しみに!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。