09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルター ゼロス・ワイルダー

2014年 04月09日 03:37 (水)

zeros1-38.jpg

テイルズ オブ シンフォニア
ゼロス・ワイルダー
アルター製 1/8スケール(全高約22.0cm)
原型制作:沼倉としあき氏
価格:税抜8,800円 2014年3月発売

「はぁ~い。ハニーちゃん!これから何処かに遊びに行かない?」
アルタイルよりシンフォニアの遊び人、ゼロス・ワイルダーが発売致しました!
1月発売予定から2ヶ月延期での発売、アルターにしては早い発売でしたね。
それもあったせいか、最初に我が家に届いたゼロス様は目が髪に隠れ過ぎているものでした。
それが気になってアルターに問い合わせをし、交換して貰いましたが、アルターに送ってから一日置いて交換品が届くという迅速対応でびっくりしました。
そういうところは流石、アルターだと思います。

交換品は本当に良く出来ており、アルターらしい細かいところまで拘った造形がとても素晴らしいです。
それではレビューさせて頂きます!

zeros1-01.jpg
zeros1-02.jpg
zeros1-03.jpg
zeros1-04.jpg
zeros1-05.jpg
zeros1-06.jpg
zeros1-07.jpg
zeros1-08.jpg

全体はこんな感じです。
ゼロスの優男感がとても良い感じに出ていると思います。
デコマスと比べると少し髪の質感などが劣化した感じはしますが、それでも全体的には良く出来てます。
片手を大きく前に伸ばしていることもあり、正面からの撮影のアングルが限られてくるのもまたアルターらしい立体的な造形だなとも思いますね。

zeros1-09.jpg
zeros1-10.jpg
zeros1-11.jpg

お顔はこんな感じです。
整った顔立ちがとても格好良くて素晴らしいですね。
ゼロスは凄く好きなキャラで絵も描いたことがあるのですが、オールバックというのは前髪が下がっているキャラに比べて顔の形などが隠せないので描き辛いんです。
それはフィギュアにも言えることだと思うのですが、それでも綺麗に仕上がっていて違和感がありませんね。
その部分に関しては本当に素晴らしいと思います。
ウインクしている表情も全く違和感がありませんし、素晴らしいの一言です。

zeros1-12.jpg
zeros1-13.jpg
zeros1-14.jpg

ここからは服を重点的に撮影した写真を公開します。
服の表現も細かいところまでこだわりが見えて素晴らしいです。

zeros1-15.jpg
zeros1-20.jpg

胸のアップ、黒い下着の皺など細かい服の表現が見て取れます。
これの原作を知らない人が女性キャラだと思った!と言っていた意味も少し良く分かりますね。
腋毛とか全く無いですし、肌の露出が結構多めなので男性なのに不思議とセクシィさを感じます。
鎖骨の造形が美しいなぁと思いました。

zeros1-16.jpg
zeros1-17.jpg
zeros1-18.jpg
zeros1-19.jpg

手袋を重点的に…
腕を曲げた時に出る皺や手の造形など自然に見えるように上手く造形されていると思います。
個人的に指を差している手の造形には感動しました。
本当に手!って感じ!
言葉が明らかに変ですが、それが一番合ってる言葉だなぁと…
フィギュアの手に重点を置いたことは無いのですが、この手の表現力はおぉ!と思いました。

zeros1-21.jpg
zeros1-22.jpg

白いズボンは上半身以上に皺の表現が凄く良く出てて中々見応えがあります。
ちなみに腰に刺さっている剣は鞘と剣が別パーツで鞘から剣を引き抜くことが可能です。
ですが、手には持たせられないのである意味、謎仕様だなぁと…
左手に持たせられる仕様ならまた面白かった感じはしますが…

zeros1-23.jpg

ちなみに鞘から抜いた短剣はこんな感じです。
シンプルな短剣なのですが、作り物感が無いと言いますか、本当に剣のように良く出来てると思います。

zeros1-24.jpg
zeros1-25.jpg

台座は前後で見るとこんな感じです。
シンフォニアに登場する街の一つ・メルトキオの道をイメージしているらしいです。
そこまで詳しくないので本当にこういう感じなのか比較してみないと分からないという…
私は透明な円盤台座も好きですが、こういう実際にキャラがその場所に立っているような地面を表現した台座はこだわりがあって良いなと思います。

zeros1-26.jpg
zeros1-27.jpg
zeros1-28.jpg
zeros1-29.jpg

アルターでは毎回注目している髪の造形に目を向けてみました。
ゼロスのクセのある髪が良い感じに再現されているのでは無いでしょうか。
いつも見ているアルターの髪の造形に比べると太めですが、それは原作に合わせたようですね。
個人的にポーズに合わせて流れる横髪の表現がとても格好良くて魅力を感じました。

zeros1-30.jpg
zeros1-31.jpg
zeros1-32.jpg
zeros1-33.jpg
zeros1-34.jpg
zeros1-35.jpg
zeros1-36.jpg
zeros1-37.jpg

色々と角度を変えて撮影!
右手を大きく前に突き出しているので撮影のアングルが結構、限られてしまうのですが、そういう撮影者無視の立体造形もアルターらしいですね。
だからこその立体感な気もしますし、久し振りのアルターフィギュア、堪能できたかなと思います。
彼に関しては少し上から撮ったアングルが一番格好良いかなって思います。
本当にイケメンは素晴らしい!

zeros1-38.jpg

ということでアルター製ゼロスでした!
男性フィギュアは本当にもっと数出して欲しいと願ってしまう部分がある…
スポンサーサイト

一番くじ テイルズオブシリーズ2 ミラ・マクスウェル

2013年 10月02日 03:12 (水)

mira2-01.jpg

一番くじ テイルズオブシリーズ2
B賞 ミラ・マクスウェル
パンプレスト 全高約21.5cm※台座を含む
発売時期:2013/09/28

テイルズオブエクシリア2に登場するミラ・マクスウェル様です。
エクシリアの衣装を着たミラ様はアルターから発売されておりますが、この衣装を着込んだミラ様のフィギュアは今の所これだけになります。
1とは異なり、デザインがメカっぽくなったのと色合いが青と白になったのか特徴的で私の好きな衣装の1つです。
いつかアルターからまた出てくれないかなぁと思いつつも、やはり、まだ何処もフィギュア化してない衣装となればつい飛びついてしまうのがファンの性というもので;

出来については普通の一番くじクオリティと言いますか、プライズ並みです。
前回は500円だったのが、600円になったところでクオリティは余り変わりませんよね。
ただデコマスでは顔がふっくらとしてて尚、ミラ様らしくなくどうかなぁって思っていたのですが、予想以上に造形に関しては良く出来ていてその部分は評価したいと思います。

mira2-02.jpg
mira2-03.jpg
mira2-04.jpg
mira2-05.jpg
mira2-06.jpg
mira2-07.jpg

全体的にはこのような感じになっています。
ミラ様の特徴と言えばボリュームのある髪ですが、その部分に関してはとても良く出来ていました。
造形に関しては本当に文句なしに良い印象です。

ちなみに今回はアルターのミラ様同様に久し振りに暗めの撮影をしてみました。
ミラ様は本当に色合いが明るいのでこういう撮影をすると良い感じに写るなと実感します。

mira2-08.jpg
mira2-09.jpg

お顔はこんな感じです。
本当にデコマスでは顔の輪郭がふっくらしててミラ様太った?と思ってしまいましたが、実際に見てみるとそこまで輪郭がふっくらしてる訳でもなく、逆にキリッとしててアイプリも綺麗にプリントされており、悪くないと感じました。

ただ気付いた方も居るとは思いますが、見事に鼻の先に黒い汚れが;
そして、髪にも黒い汚れが付着しています。
その他にも衣装や髪の裏側などに多数の黒い汚れがあり、塗装に関しては酷い出来と言わざるおえません。
ちょっと洗ってみたのですが、取れませんでした。
一番くじだから仕方ないといってもこれは流石に管理不十分過ぎますよね;

mira2-10.jpg
mira2-11.jpg
mira2-12.jpg

注目の衣装に関しては塗装のはみ出しはあるものの、造形自体は本当に悪くないと思います。
私の個体はハズレだったかもしれませんが、もしかしたら、当たりで汚れが塗装のはみ出しが少ないものもあるのかもしれません。
くじでも運を使ってここでも運を使わなきゃいけないって酷い話だとは思いますけどね;

腰回りのメカっぽい装飾に関しては本当に良く出来ていたのでその部分は満足しております。

mira2-13.jpg
mira2-14.jpg

おみ足はすらりと長い美脚です。
この部分に関しては塗装が難しいのか見事にはみ出してました。
まぁもはや、仕方ないとしか言い様がないですね。

mira2-15.jpg
mira2-16.jpg
mira2-17.jpg
mira2-18.jpg
mira2-19.jpg

注目は何と言ってもこのボリュームのある髪です!
細かく造形されており、前よりも後ろから見た方が見ごたえがあります。
これについては高ポイントですね。
このフィギュアに関しては造形は素晴らしいが、塗装はちょっと残念なフィギュアという位置づけが安定かもしれません。

ちなみにちゃんと支柱をつけないことが普通に多い一番くじですが、このミラ様には髪の下部分に1本支柱がありました。
撮影するのを忘れてしまいましたが、本当に一番くじとしては珍しい印象です。
一応、支柱が無くても普通に立つのですが、髪のボリュームが侮れないのでつけたという感じでしょうか。
夏場の変形にも一応、耐えられそうな作りになっているようです。

mira2-20.jpg
mira2-21.jpg
mira2-22.jpg

アルターのミラ様に比べると表情も厳しく、キリッと格好良いミラ様といった雰囲気があります。
遠目から見る分には本当に良く出来てますし、華やかなので悪くは無いです。
格好良いミラ様なのに剣を持ってないことはちょっと残念ではありますけどね。
まぁそれについては元絵がそうなので仕方ないのかも…

mira2-23.jpg
mira2-24.jpg

並べてはいけない物を並べてみた件←
うん。悪くはないけど、オーラが違いますね。
明らかにアルターのミラ様は別次元の存在となってしまっている感じがします。

兎も角、もっと酷いのかなと思っていたんですが、予想以上に良かったので個人的に満足する一品でした。
ということで一番くじのミラ様でした!

アルター フレン・シーフォ

2013年 08月09日 23:22 (金)

huren01.jpg

テイルズオブヴェスペリア
フレン・シーフォ
アルター 1/8スケール
(全高 フレン:約22cm※台座含む/ミニフィギュア:約6cm)
造型製作:本体:みらの氏 ミニフィギュア:乙山 法純氏
価格:7140円 発売時期:2011/04 再販2012/09

ユーリと並べたかったので先日購入したフレンを紹介させて頂きます。
彼はミラ同様に明るい色彩を持っていたので100均で買った黒フェルトを背景に使って撮影し、ミラ同様に編集ソフトのトーンカーブを使ってフレンだけ際立たせています。

huren02.jpg
huren03.jpg
huren04.jpg
huren05.jpg

全体はこんな感じ…
本当に騎士様って感じで格好良くはあります。
白と青の色合いが正義!って感じがしますよね。

huren06.jpg
huren07.jpg
huren08.jpg

お顔はこんな感じです。
どの顔でも安定のイケメンですね。
素直で優しげな笑顔が本当に素敵です。

huren09.jpg

甲冑は金属感と光沢があってとても良く出来ています。
ごつごつとした感じが上手く表現されていて鎧好きには堪りませんね。

huren10.jpg

ただポーズが悪くて胸の細かい装飾が見えないのが残念…
ここも良く出来てそうなので…

huren11.jpg

片腕が取れることを良いことに見せてもらいました!
服の皺もリアルで本当に凄い!
ここは本当に隠すのが勿体無いぐらい精密な造形がされれている気がします。
ちなみに腕が取れる理由は別パーツである剣を手に持たせてから鞘に入れる為の仕様です。
取れなきゃ入らない…

huren12.jpg

剣はこんな感じ…
意外と質素なんですよね。
藤島氏デザインだからという印象があります。
いのまた氏デザインのミラの剣と大分違う…

でも、篭手は良く出来てますよね!
細かい関節の造形は本当に素晴らしいです。

huren14.jpg
huren15.jpg
huren16.jpg

マントも塗装や色合いがとても綺麗で格好良いです。
でも、個人的に折角、マントがあるならもうちょっと風に揺らしてヒラァってさせて欲しかったなとひらひら好きの私は思う訳でして…ちょっと残念です。
立ち姿だとしてももうちょっと立体感と迫力が欲しいところです。
前から見たらユーリ以上に直線で余り横幅が無く華やかに見えない…
見た目はとても華やかなのに…

huren13.jpg
huren17.jpg

鎧の造形に関しては何度も言うように文句無しに素晴らしいです。
鎧好きには堪らないのではないでしょうか。

huren26.jpg

台座はユーリと繋げられるので同じブロック床です。
何か見てると他にも繋げられそうに思うのは私だけでしょうか。
ヴェスペリアシリーズはユーリ、フレンしか今は持ってないですが、やるなら全部繋げられるようにしてくれるとファンとしては集めたくなりますよね。
でも、確かこの二人以外は違った気もします。

huren18.jpg
huren19.jpg

格好良く見えるアングルを探して撮影してみました。
彼はポーズが縦長だからちょっと斜め撮りした方が華やかに見える印象…
それとフレンは白の正義の象徴だから背景は明るい方がいいかなと思いましたが、そうでもなく黒もあってて良かったです。
背景は対比色の方が良いかもしれませんね。

huren20.jpg

ユーリでは面倒で紹介しませんでしたが、ヴェスペリアシリーズには全てこのミニフィギュアがついています。
これが小さいのに良く出来ていて、フレンに関しては鞘、盾、剣が別パーツで付随されています。
小さいので組み立てるのに結構、苦労しました。

huren21.jpg
huren22.jpg
huren23.jpg

ちなみにこのミニフィギュア、本体と造形師さんが違うみたいです。
役割分担とかもありですよね。
本当に小さいのにしっかりと塗り分けられてて中々の出来栄えです。

huren24.jpg

ユーリのミニフィギュアと並べるとこんな感じ…
そして、気づいた…ユーリはこの背景で撮っちゃいけないことを…
フレンはぴっか~ってこれでもかというほど、光ってるけど、ユーリはめっちゃ輪郭がぼやっとしてますね。
本当に色合いだけでも見事に対比されてるなと思いました。

huren25.jpg

後ろを撮ってみるとこんな感じ…
デフォルメされているので髪の造形も本体以上に塊みたいです。
ユーリもフレンぐらい良く出来てて欲しかったな…
ってか、剣、何処行った…

huren27.jpg

本体の台座を組み合わせるとこんな感じになりました。
ミニフィギュアを撮影している時にこれ、本体撮ったらユーリ、お化け状態になるんじゃね?と危惧しましたが、意外とちゃんと写ってくれてほっとしています。
本当に二人が並ぶと最高に良くて1つの作品が出来上がった印象です。
本当に買って良かった!
二人とも本当に格好良いです。

huren28.jpg

ちょっと接近撮影…
何気に台座が円形になっているのでフレンの向きが中向きになってしまっています。
違う場所にも嵌められないかなとユーリの左側につけようとしましたが、合わなかったです。
フレン、もうちょっと前向きに飾りたかったなと思ってしまいました。

huren30.jpg

台座はこんな感じ…
反対側でも嵌められそうな気がしましたが、意外と上手く行かずにこの位置固定みたいです。

huren31.jpg

ということでアルターのフレンでした!

アルター ミラ・マクスウェル

2013年 08月07日 18:23 (水)

mira1-01.jpg

テイルズオブエクシリア
ミラ・マクスウェル
アルター 1/8スケール(全高21cm)
原型製作:ルーニー氏 価格:8190円
発売時期:2012/12

ユーリに続いてミラ様も撮影してみました!
彼女は全体的に明るめの色合いを持っているので背景を藍色のフェルトにしてみましたが、個人的に上手くいったのではないでしょうか。
フェルトの材質が写ってるのでまだ改善の余地はありますが、ある意味で暗い背景の撮影が上手くいった気がします。
別に意図したものではなかったのですが(笑)

この画像には加工ソフトでちょっと効果をつけてみました。
加工ソフトのトーンカーブという部分を弄って暗い部分を暗めに、明るい部分を明るめに修正してみたのです。
ちょっと違和感を感じるのでこれも改善の余地はありますが、この修正方法が分かったのでこれから使っていこうと思います。

mira1-02.jpg
mira1-03.jpg
mira1-04.jpg
mira1-05.jpg

これもユーリ同様に普通の立ち姿なので横から見るとほっそりして立体感はそれなりといった感じですが、彼女らし髪のボリュームとポーズが本当に良く出来ていてとても気に入ってます。

mira1-06.jpg

お顔もミラ様らしい美しく文句のない見た目で素晴らしいの一言です。
アイプリもとても綺麗にプリントされてますよね。
唇がほんのりとピンク色なのもまたセクシィさが出てる気がします。

mira1-07.jpg
mira1-08.jpg

別角度から撮ってもユーリ程、違和感がないですね。
ユーリよりもお顔に関しては良く出来てるかも…
持ち上げた腕と剣のせいで撮影アングルが制限されてしまい、大分苦労します。
撮影者泣かせなフィギュアかもと思ったり…
剣を掲げているフィギュアって多いから良くある問題だったりしますよね。
アルターのシグナムもそうでした。

mira1-09.jpg

ということで邪魔な剣は取り外しましょう。
掲げる方向が悪くて撮影していると細い部分しか見えませんが、実際はこの剣自体も良く出来ています。
細かいところまでしっかりと塗りわけられているのを見るといつも感動しますよね。

mira1-10.jpg

彼女の特徴とも言えるボリュームのあるお胸の造形も素晴らしいです。
お胸を隠す布の皺もちゃんと表現されているので違和感を感じないのも素晴らしい!
何気に私は首元の装飾品も良く出来てるなと思いました。

mira1-11.jpg

谷間もしっかり造形されています。
胸の造形が服の上からもがっつり造形されてるフィギュアよりも個人的にはこういう自然なちら見せの方が好きです。
元々エロには興味がないのでそのせいかもしれませんけどね;

mira1-12.jpg

下から見てもボリューミー!
形がとても美しく巨乳というより美乳といった感じでそういうことが好きです。

mira1-13.jpg
mira1-14.jpg

横から見ると大きさが本当に良く分かる!
本当にセクシィですね!
ほっそりとした美しいくびれもまた芸術的だと思います。

mira1-15.jpg

服はこんな感じ!
いのまたさんのキャラは基本的にこういう布を巻いてるんじゃね?
と思うような衣装のキャラが多く、また装飾品が多いんでフィギュア化させ難いと言われているんですが、全体的に良く出来てますよね。
ただ良く見ると腰に巻かれた黒い紐に色のはみ出しが見られます。
アルターにしては珍しいですよね。

mira1-16.jpg

お尻を隠す布は別パーツでずらすと黒いおパンツが見れます。
壊れるが怖くて余り動かしたくないんで撮影はしませんでしたが、何気にこのスリットの横から見えないのが凄いですね。
ある意味、絶対領域!

mira1-19.jpg

足の紐も良く見ると塗装のはみ出しが…
こういうのって肌と同じパーツだから色のはみ出しがしやすいんでしょうか。
これが無かったらほぼ完璧なんですけどね。

mira1-17.jpg
mira1-18.jpg

ブーツの塗装に関しては文句なしの満点です!
リボンなどの立体造形も良く出来てます。

mira1-20.jpg

台座はクリアパーツで作られています。
エクシリアのロゴに描かれている花と水泡がとても美しいです。
ミラをイメージしてピンク色なのもまたいいですよね。

mira1-21.jpg
mira1-22.jpg

いのまたさんらしい装飾の多いグローブも良く出来てます。
いのまたさんのキャラは造形し辛いかもしれませんが、購入する側からすれば華やかだからフィギュア向きだと思うんですよね。
ミラ様を気にいのまたさんのキャラの立体化に期待したいです。
何気にコトブキヤのリオン以外は立体化されてませんですからね。
ソフィとか欲しいな。
ツインテをアルターらしい細かい造形にしてくれればグッド!

mira1-23.jpg

ここからは髪に注目していきます!
先ずは彼女の特徴であるアホ毛!
クリアパーツで再現されており、先がグラデーションの掛かった緑色になっててとても美しいです。

mira1-24.jpg

長い髪も全てクリアパーツで表現されているのですが、ツヤ消しが強く掛けられていてクリアパーツに見えないということが個人的に残念です。
クリアパーツにするならツヤを残して透明感を出して欲しかった!

mira1-25.jpg
mira1-26.jpg
mira1-27.jpg
mira1-28.jpg

造形に関しては賛否が分かれそうですが、個人的にとてもボリュームがあり、細かい跳ね上がりが表現されており、ミラ様らしい造形になっているのが素晴らしいです。
ゲームでも彼女の髪のボリュームは目を見張るものがあったので…
ただ同じことを言いますが、毛先だけでも透明感を残して欲しかったです。
これなら髪をクリアパーツで作る意味がないんじゃないのではと思ってしまったり…

mira1-29.jpg
mira1-30.jpg
mira1-31.jpg

下からのアングルで撮影してみました。
剣があったら出来ないアングルです。
つくづく剣の位置のせいでアングルが限られているのが残念だなと思います。
ミラ様のお顔は何処から見ても美しいのに…

mira1-32.jpg

ちなみに剣があるとこんな感じになります。
平然と被ってくる…

mira1-33.jpg

ちなみに剣の持ち手の部分は可動します。
そんなところは良く出来てますよね。
これのお陰で破損の心配がないのがいいかと…

mira1-34.jpg

ということでミラ・マクスウェル様でした!
ミラ様の衣装はこれの他に分史ミラとエクシリア2ミラ衣装があるのでそれも発売してほしいとマジで思います。
ってか、ルドガー発売してくれないかな!
武器は三種類装備可能で格好良くポーズをつけているルドガーでエルとルル付きだったら最高!
万以上でも買うよ!

アルター ユーリ・ローウェル

2013年 08月07日 03:13 (水)

yu-ri1-01.jpg

テイルズオブヴェスペリア
ユーリ・ローウェル
アルター 1/8スケール
(ユーリ:全高21.5cm ミニフィギュア:全高5.5cm)
原型製作:みらの氏 価格:7140円
発売時期:2011/01 再販2011/05 再再販2012/07

一度、ブログを削除したので再度、新しいカメラで撮影しました!
多分、私の初のスケールフィギュアだと思われます。
フィギュアに興味がなかった時期ですが、テイルズのユーリが好きで丁度再販して定価で売ってたものを運良く購入できたんですよね。
何度も再販してますが、それでもヤバイ程のプレ値になってますから、本当に大人気なんだなって実感できます。
本当に私は運が良かったです。

yu-ri1-02.jpg

お顔は安定のイケメン!
格好良い上に挑発的な笑みがユーリらしくて素晴らしいですね!

yu-ri1-03.jpg
yu-ri1-04.jpg
yu-ri1-05.jpg
yu-ri1-06.jpg

色々な角度から撮ってみました!
普通に立ち姿だから迫力は余りないですが、全身黒色という塗り分け辛いキャラにも関わらず、服の模様全てが上手く塗り分けられていてそこが流石、アルターだなと思います。

思えばテイルズシリーズのフィギュアは大体、大人めの立ち姿ですよね。
最近、スケールフィギュアを買い始めて迫力のあるポーズのフィギュアを何度も見てきたのでテイルズもここらへんで格好良く武器を構えた造形をしてくれないかなって思ったりはします。
戦闘キャラなんだから迫力がないと…ねぇ?

yu-ri1-08.jpg

服の塗り分けははみ出しが全く見られない素晴らしい塗装となっています。
帯は金色にちょっとメタリック加工がされているのもまた格好良くていいですね。
腕を曲げた状態での袖の皺とかもしっかり刻まれており、違和感を感じさせない造形も見物です。

yu-ri1-09.jpg

ブーツも本当に細かい!
職人技を強く感じます。台座も町のブロック床を再現した作りで正にそこに立っている…そんな感じが伺い知れます。

yu-ri1-10.jpg
yu-ri1-16.jpg

ヴェスペリアでは戦闘の要とも言えるブラスティアもメタリック加工がされており、高級感があります。
ちなみに下の写真は腕が取り外し可能なので取り外して撮影しました。
そのままだとどうしても、髪が邪魔でブラスティアの全体が分からないので…
個人的に髪のなびき方をもうちょっと上手く出来なかったのかなという不満はあります。

yu-ri1-11.jpg

ユーリ特有のセクシィな胸元もちゃんと存在します。
ただ余り上手く作りこまれていないのか、意外と平坦なんですよね。
胸元がちょっと割れててもいいだろうに…
髪がそれをごまかすように胸元を隠している印象でその部分はちょっと残念に思います。
まぁ男の肌には余り興味がないですけどね(笑)

yu-ri1-12.jpg

次に髪の造形についてですが、アルター製にしては細かくなく固まりとして造形されています。
ユーリは折角、髪が長いんだからアルター製お得意のほっそりと先細りして軽くしなやかな髪の造形をしてくれたって良かっただろうに…
買った時はそう思いませんでしたが、色々なフィギュアに手を出してみると違うことが見えてくるなとこれを撮影しながらつくづく思いました。

髪が多くて片側になびいているので左側から見るととても違和感を感じます。
元絵があってそれを忠実に再現したのか、大分見る角度が制限されてしまっているのかもしれません。

yu-ri1-13.jpg

服に関して言えば背中の模様も手抜きせずにちゃんと描かれていますし、鞘の紐がふわりと舞っててそこには立体感を感じます。
yu-ri1-14.jpg

持っている鞘はこんな感じですが、塗装に問題は全くなさそうです。
そういうクオリティだけは安定してます。
ちなみに原作では鞘は腰につけずに紐を掴んでずっと手に持っている設定なんですが、これに関しては鞘だけ別パーツで外れます。
穴が浅すぎてちょっと触っただけでポロリしてしまうところが残念ですね。
これだと本当に鞘が腰についているように見えてユーリらしさが欠けるところもちょっとした減点対象になるかも…
ユーリが大好きだからこその評価です。
鞘は手に持ってぶら下げて欲しかった!

yu-ri1-15.jpg

ちなみに剣も別パーツで取り外し可能です。
ってか、箱には別に同根されています。
組み立てるには先に持つ手を本体から抜いて手に剣を差込み、手を再度本体に差し込んで完成!
簡単と言えば簡単ですが、手が抜けることをちゃんと説明書を読んで理解しておかないと悪戦苦闘します。
何気に剣をつけた場合のことを考えて髪にへこみがあるのも変わってますよね。
つけないと見栄えが悪くなるのですが、つけた時は自然に見えるので良く出来てるなって思ったり…

yu-ri1-17.jpg
yu-ri1-18.jpg
yu-ri1-19.jpg

お顔も基本的には良く出来ていますが、見方によっては変に見える部分もあり、難しいところです。
まぁ立体化するとどうしても、角度の制限は出てきますから仕方ないといえば仕方ないですね。
個人的に一番上の写真が不敵な笑みに見えて格好良いなって思ったり…
彼は前髪を微妙に分けていたりするから尚更なのかも…

yu-ri1-20.jpg
yu-ri1-07.jpg

ということでテイルズの大人気キャラクター・ユーリ・ローウェルフィギュアでした!
格好良くユーリファンなら絶対買いのフィギュアです。
アルター製にしてはとても大人しい造形なのでフィギュアファンにとっては明らかに物足りないフィギュアかとは思いますが、ユーリは今のところ、他に一番くじしか出てないので必然的に選択肢がなくなります。
一時的に前回の一番くじのユーリフィギュアを所持していたことがありましたが、これとの余りの出来の違いに直ぐに手放してしまいました。
正直に言って500円で引ける一番くじフィギュアのクオリティはプライズと同等ぐらいでアテになりません。
そのくせ、貴重価値が高いから高値で取引されており、出来と金額が割に合わないという…

って一番くじへの愚痴になってしまってすいません。
ユーリファンにはアルター製をオススメします!
ただプレ値買いの価値があるかは断言出来ないといいますか、アルター製としては並の出来なので正直、キャラで買わない限りは損をするかと;
何度も再販されてますからこれ以上、期待できるかどうか不安ですけどね;
何で何度も再販されてるのに彼だけずっとプレ値キープなんだろ…本当に不思議…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。